『人類と気候の10万年史』中川毅

立命館大学の中川毅教授の著書『人類と気候の10万年史』を読みました。

『人類と気候の10万年史』中川毅、ブルーバックス

福井県の水月湖の湖底の地層を調べることで、7万年にわたる年代測定の世界標準を打ち立てた中川先生が、過去の気候がどのように変化してきたかをわかりやすく解説している本です。

最近騒がれていますが、地球温暖化とかCO2削減とかテレビや新聞で言われても、いまいちピンときませんでした。

なぜなら、高校の地学で、今よりも10度程度気温が低く世界中が氷で覆われ、海水面が今よりも20mも程度低かった「氷河期」や、今よりも10度程度気温が高く、南極や北極、山地などの氷や氷河がすべて溶けて海水面が20m程度高かった「間氷期」があったことを習ったからです。

このような、非常に大きな気候変動が過去にあったことを知っているのに、そうたいした変動でもない「温暖化」が騒がれる理由はわかりませんでした。また気候変動があるとしても、CO2削減程度のことで本当に効果があるのか、よくわかりませんでした。

また、CO2などより、気候変動の主因は地球に熱をもたらす熱源である太陽が原因であろうと漠然と思っていました。

この本で、その辺りの疑問はかなり解決した気がします。地軸が歳差運動をしているのも知っていましたが、それやさらにミランコビッチの唱えた長周期の地球の公転軌道の揺らぎが、気候にあんなに大きな影響を与えているとは思いもしませんでした。

「CO2削減」と大騒ぎされていますが、「CO2を削減しさえすれば気候変動を止められる」といった単純な話ではないこともよくわかる本だと思います。

iBooks から電子版を入手しました。紙の本のように不便なページ切り替えではなくて、巻物のようにスクロールに設定できるので読みやすいです。

広告

筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』角川書店

筒井康隆 著『ビアンカ・オーバースタディ』、5月25日に発売になった新刊です。

筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』角川書店

iBooks でも発売されています。

以前は筒井康隆氏の小説は発表されたものをほとんど読んでいたのですが、例の「断筆」以降はあまりフォローしていませんでした。この小説のことは、parade 0.5 さんのブログ記事「ラノベの姿をしたなにか」で知りました。

表紙はラノベ風で、『涼宮ハルヒ』のいとうのいぢ氏が担当しているそうです。まだ冒頭部2章を読んだだけなのですが、いかにも筒井康隆ワールドです。もともと『時をかける少女』を書いたラノベの元祖とも言える作家ですし、またラノベを書いても何の不思議もないですね。「元祖」がハルヒなどのラノベを読んだ結果どんな現代版ラノベを書いたのか、続けて読んでみようと思います。

グレッグ・イーガン / クロックワーク・ロケット

オーストラリアのSF作家であるグレッグ・イーガンの2011年発表作品『クロックワーク・ロケット』の翻訳が電子書籍でもリリースされました。

『クロックワーク・ロケット』、グレッグ・イーガン、早川書房 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) [Kindle版]

早川書房の人が紙の本の話をよくツイートしていて電子書籍が出たら読もうと思っていたのですが、どうやら今日発行されたようです。Kindle だけでなく、iBooks でもでていてよかった。DRMがある間は、ライブラリの分断を避けるために iBooks に絞って本を買おうと思っています。早川書房は電子書籍に力を入れているようなので、読む本が他にもたくさんありそう。久々に読む本格SFなので楽しみです。

『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』の電子書籍版が iBooks と Kindle にも

ちょっと前に翻訳が出ていた『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』、Kindle と iBooks にも翻訳本の電子書籍版が載っています。

『イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト』、フェリシア・ハジラ=リー、Niantic

charingress.tokyoさんの記事「honto.jpの「イングレス本」パスコード来た!<追記あり>」の追記で Kindle 版の発売を知り、iBooks を検索して見つけました。

沖縄のアノマリーで電子書籍の honto で先行リリースという話を聞いてはいたのですが、DRMがなくどこのサイトで買ってもライブラリーを一つにまとめられる音楽とは異なり、DRMがかかっている電子書籍は様々なサービスを使うとライブラリーが分断されてしまいとても不便です。だから、今の所使うサービスは一つに絞らざるをえません。スクロール機能があり、続き物をまとめてくれるiBooks 以外のサービスで販売されても買うつもりはありませんから、iBooks に載ったのは嬉しいです。

早速 iBooks で購入したので、読んでみようと思います。

藤田和日郎 / 黒博物館 ゴーストアンドレディ(上) [Kindle版]

藤田和日郎 著のコミックで黒博物館シリーズの新作、『黒博物館 ゴーストアンドレディ』紙の本だけでなく、Kindle や iBooks にも載りました。

藤田和日郎 / 黒博物館 ゴーストアンドレディ(上) [Kindle版]

藤田和日郎 / 黒博物館 ゴーストアンドレディ(下) [Kindle版]

前作の「黒博物館 スプリンガルド」に続く2作目、8年ぶりです。前作も、藤田氏の個性を生かしつつ、イギリスの怪奇趣味がプラスされた作品で楽しめました。今作も面白そう。

もう紙の本を買うこともなくなりましたし、電子出版されるのは嬉しいですね。iMac の大画面で読むことができます。

グイン・サーガの134巻、宵野 ゆめ 著の『売国妃シルヴィア』が Kindle で出ました

グイン・サーガの134巻、宵野 ゆめ 著の『売国妃シルヴィア』が Kindle でも出ました。

宵野 ゆめ / 売国妃シルヴィア グイン・サーガ [Kindle版]

栗本薫 氏が130巻の「見知らぬ明日」を未完にしたまま亡くなってから、グイン・サーガは宵野ゆめ氏と五代ゆう氏が書き継ぐことになったようですね。

グイン・サーガはKindleで発売開始になった時の半額セールで全巻揃えていたのですが、続巻も Kindle で読めるようになってきて嬉しいです。第1巻から全て読み直してから続編を読もうかと思っていたのですが、時間もかかりそうなので、続編も並行して読もうかな。

グイン・サーガ・ワールドも一応紙で買って裁断スキャンはしたのですが、結局面倒になって読んでいません。紙の方では外伝も書き継がれているようなので、こちらも Kindle で読めるようになることを期待しています。

『新世紀エヴァンゲリオン』第14巻

予約注文してあった、貞本義行 著『新世紀エヴァンゲリオン』第14巻 が配信されました。

新世紀エヴァンゲリオン(14) 角川コミックス・エース [Kindle版]

これで完結です。Wikipedia によると第1巻が1995年9月発行とありますから、完結まで19年かかったことになります。

最終巻を読んでみると、分かりにくかったアニメや映画に比べるとはるかにわかりやすいですし、主人公の碇シンジにも優しい結末となっています。やはり首は締めないとw

全巻ダウンロードして、最初からもう一度読んでみようかな。

Kindle だと、1巻〜13巻は280円の半額セールですね。iBooks は半額セールはやらないのかな。

森岡浩之 『星界の戦旗』 シリーズが Kindle と iBooks に載りました

森岡浩之 著の『『星界の戦旗』 シリーズ第1巻の「星界の戦旗I ―絆のかたち―」から第5巻の「星界の戦旗V ―宿命の調べ―」まですべてが Kindle と iBooks に載りました。

森岡浩之 / 星界の戦旗V ―宿命の調べ― [Kindle版]

これで、少し前に出ていた「星界の紋章」シリーズ3冊とあわせて(Kindle は65%引きセールもやっていますね)、全巻が電子書籍化されました。

シリーズ後半の2冊は、裁断スキャンはしたもののまだちゃんと読んでいなかったので、電子書籍化を機会にすべてとおして読み直してみようと思います。やっとちゃんと読めるようになって嬉しいです。

もう本を読むのは電子書籍に移行したので、紙の本を買うのは止めました。おかげで、前は読んでいたのに読むのが停滞しているシリーズが多数あります。はやく、電子書籍で本を出すようにしてもらいたいですね。

高橋葉介 『ヘビ女はじめました』 が Kindle と iBooks に載りました

高橋葉介 著のコミック『ヘビ女はじめました』 が Kindle と iBooks に載りました。

高橋葉介 『ヘビ女はじめました』

最近はもっぱら電子書籍で読むようになって紙の本はかわなくなったので、この本の紙版が出たときにも買って裁断スキャンすべきかどうか迷っているうちに品切れになってしまい、残念に思っていました。

Amazon Kindle で見つけたのですが、iBooks ストアでチェックしたらこちらにも載っていました。

iBooks の方は Mac 版の iBooks アプリでも読めるので、iMac の27インチディスプレイで見ると大画面一杯に絵が広がって迫力があります。Kindle アプリもネイティブの Mac アプリが出れば、もっと活用するのですけれどね。

そう思ってみていたら、『もののけ草紙』や『夜姫さま』が Kindle で出ているのを見つけました。iBooks にも出ないかな…

マイクル ムアコック / メルニボネの皇子: 1 (永遠の戦士エルリック) が Kindle と iBooks で

マイクル・ムアコック著の「永遠の戦士エルリック」シリーズの第1巻『メルニボネの皇子』が、Kindle と iBooks でも出ています。

マイクル ムアコック / メルニボネの皇子: 1 (永遠の戦士エルリック) [Kindle版]

3月に電子書籍版が出たようですね。ディープ・パープルの「嵐の使者」の原題「ストームブリンガー」はこのシリーズからとっているのですよね。そうそう、鋼の錬金術師のエルリックもたぶんこれからとったのでしょうね。グイン・サーガも一応終了したことですし、こちらを読んでみようかな。

しかし、いつも iBooks で買うか、Kindle で買うか迷います。読みやすさは iBooks なのですが、Kindle はよくバーゲンをやっていますものね。しかし、iBooks も iTunes カードを15%増量でよく売っていることですし… アプリの使い勝手は iBooks が一番ですね。