ヤマザキマリ / スティーブ・ジョブズ(2)

ローマのお風呂のw ヤマザキマリさんのスティーブ・ジョブズ(2)を読んでみました。

ウォルター・アイザックソン、 ヤマザキマリ / スティーブ・ジョブズ(2) [Kindle版]

Amazon Kindle でも iBooks でも入手できます。iMac 27インチの画面で読むために、iBooks で入手しました。

ウォルター・アイザックソンの本も読んだのですが、ヤマザキマリさんのコミックの方が資料に基づく風景やコンピューターの写真もありますし、(たぶん想像に基づく)登場人物の表情や仕草の描写に暖かみがあって楽しい。もとの本とは別の味があります。続刊も楽しみです。

荒川弘 『アルスラーン戦記(1)』が Kindle と iBooks で発売

荒川弘の新作コミックアルスラーン戦記の第1巻が、Kindle と iBooks で4月9日に発売されます。

アルスラーン戦記(1) [Kindle版]

ハガレン以来の冒険ものストーリーですね。もう紙の本を買う気はないので、電子書籍で遅れずに発売されるのは嬉しいです。iMac の大画面で読めることを優先して、iBooks で予約することにしました。9日の朝には自動的にダウンロードされると思うので、読むのが楽しみです。

ところで、アマゾンをみると、紙の本の方は発売日も決まっていないようですね。ひょっとして、電子書籍が先行販売なのかな?

桜坂洋 著 / All You Need Is Kill

トム・クルーズ主演で映画化されると映画館の宣伝で見て、原作である 桜坂洋 著の SF 小説『All You Need Is Kill』を Kindle で読んでみました。

桜坂洋 / All You Need Is Kill

Wikipedia を見ると、2004年の作品なのですね。面白くて読み始めたら止まらず、一気に読んでしまいました。他にはこのようなSFを書いていないようなのがちょっと残念。

ハリウッド映画の方は、タイトルが「Edge of Tomorrow」に変更されたようですね。日本の映画の方のタイトルも変えるのでしょうか。トレイラーを見ると、舞台も英国になったのかな?オタクっぽいところや登場人物が削られた感じなのは残念ですが、今年の夏だという映画公開を楽しみにしています。

小説『エンダーのゲーム』が Kindle, iBooks に載りました

来年1月18日から日本でも公開になる映画「エンダーのゲーム」の原作小説が、Kindle と iBooks に載りました。

エンダーのゲーム〔新訳版〕(上) [Kindle版]
エンダーのゲーム〔新訳版〕(下) [Kindle版]

しかし、この映画版の公式サイトはエヴァンゲリオンをへたくそに真似ていてセンス悪いですね。ちょっとガッカリ。

Kindle だけでなく iBooks にも載っています。どちらか選べるなら、iBooks の方がリーダーアプリの動作も機敏で滑らかな気がします。

それはともかく、映画を見る前に小説を、それも新訳版の電子書籍が読めるのは嬉しいです。映画では描かれないような心理的なエピソードや訓練シミュレーターの話をじっくり読んでみます。

アフタヌーン 2014年1月号 が Kindle で発売されました

コミック雑誌「月刊アフタヌーン」が Kindle で発売されました。

アフタヌーン 2014年1月号 [2013年11月25日発売] [Kindle版]

厚すぎて読むのを止めてしまったアフタヌーンですが、Kindle で出たので久しぶりに読んでみようと思います。しかし、iBooks や Newsstand で出ていないのが残念。

星界の紋章 1―帝国の王女― (星界シリーズ) が Kindle で出ました!

森岡浩之 (著) の星海シリーズ、「星界の紋章 1―帝国の王女― 」が Kindle でリリースされました!

星界の紋章 1―帝国の王女― (星界シリーズ) [Kindle版]

人気SFシリーズですけれど、やっと Kindle で出ました。今のところ、「星界の紋章 2―ささやかな戦い―」「星界の紋章 3―異郷への帰還― 」の3冊が出ています。チェックしてみたら、iBooks でも出ているようです。どっちで買うか、迷っちゃいます。続巻もリリースが楽しみです。

石田スイ / 東京喰種 トーキョーグール

石田スイ 著のコミック「東京喰種トーキョーグール」Kindle 版で読んでみました。

東京喰種トーキョーグール リマスター版 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle版]

岩明均さんの「寄生獣」にちょっと設定が似ているところもあるかな。人間を狩って食べる生き物が都会の東京に潜んでいるという話です。独特の絵柄も雰囲気がありますし、ストーリーも面白い。いまのところ、8巻+外伝1巻が出ていますけれど、あっという間に読んでしまいました。

一応ホラーに分類されています。この手の話は苦手なはずだったんだけれど…w

Kindle だけでなく、iTunes Store から分離した iBooks にも載っています。iBooks だとマックのアプリをつかって、MacBook や iMac の大きな画面でも読めるのが便利です。

ウォルター・アイザックソン著 『スティーブ・ジョブズ』を読んでみました

ウォルター・アイザックソン著 『スティーブ・ジョブズ』を読んでみました。

スティーブ・ジョブズ I [Kindle版]
スティーブ・ジョブズ II [Kindle版]

スティーブ・ジョブズが公認した伝記ということで、子供時代の話から始まって闘病生活までの様々なエピソードが書かれています。

Apple II や Macintosh を作った時代の話、そしてアップル復帰後に iMac を会はいつしてアップルを復活させた話も読んだことがあったのですが、NeXT 時代の話や、iMac 以後の話は初めて読みました。

人間関係や、開発した製品のインパクトについてはいろいろ書かれていますが、コンピュータ自体についての説明が少なめだったのがちょっと残念。特に、売れなかった NeXTコンピュータと、そのOSである NeXTStep についての記述が少ないですね。オブジェクト指向でユーザーインターフェースまだ実装したUNIX系のOSであった点や、NeXT で最初に World Wide Web、いわゆるホームページが開発されたことに触れても良かった気がします。また、開発環境の Interface Builder や WebObject にも全く触れていませんし、NeXTStep が現在の MacOS X や iOS のベースになっていることはもう少し強調しても良かった気がします。

しかし、スティーブ・ジョブズが画期的な新製品を発表するたびに、その真価が分からず否定する間抜け役として毎回マイクロソフトが登場するのは気の毒な気もw 例外は、iTunes と音楽配信を否定する間抜け役として登場したソニーの出井伸之氏とハワード・ストリンガー氏くらいです。

スティーブ・ジョブズの作り上げたアップル社が、今後も iTunes + iPod や iPhone、iPad に匹敵する画期的な新製品を作り続けてくれることを期待しています。

栗本薫 / グイン・サーガ・ワールド 第2期

著者の栗本薫氏が亡くなった後に続いている、グイン・サーガ・ワールド 第2期の第5巻から第8巻を入手してみました。

グイン・サーガ・ワールド5 (ハヤカワ文庫JA)
グイン・サーガ・ワールド6 (ハヤカワ文庫JA)

グイン・サーガ・ワールド7 (ハヤカワ文庫JA)
グイン・サーガ・ワールド8 (ハヤカワ文庫JA)

本当は、Kindle 版が出るまで買わないつもりだったのですが、栗本氏が亡くなった後に出版されたグイン・サーガはどれも Kindle になっておらず、紙版しか出ていません。待ちきれなくなって、第5〜8巻を買って一気に裁断スキャンしました。リーダーには、iPadのアプリ「i文庫HD」を使っています。余白を減らした拡大表示できるのがいい感じです。

第1期の第4巻までが外電だったのに対し、今度は本編の続編として、五代ゆう氏の「パロの暗黒」と宵野ゆめ氏の「サイロンの晩夏」が連載されています。「パロの暗黒」を読んでいるのですが、タイトルのとおりになかなかダークな感じです。そのうち、4話をまとめて単行本も出ると思うのですが、こちらは Kindle 版が出るのを待とうと思います。

2013年5月の読書メーター

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:3424ページ
ナイス数:17ナイス

とある科学の超電磁砲 06―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 06―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)感想
Bookwalker で読みました。禁書の方も読んでみよう
読了日:5月26日 著者:鎌池 和馬

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 5 (電撃コミックス)とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 5 (電撃コミックス)
読了日:5月26日 著者:鎌池 和馬

とある科学の超電磁砲 4―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 4―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
読了日:5月26日 著者:鎌池 和馬

とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)感想
Bookwalker で読みました。ここまでで一区切りですね。
読了日:5月26日 著者:鎌池 和馬

とある科学の超電磁砲 02―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 02―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
読了日:5月26日 著者:鎌池 和馬

とある科学の超電磁砲 01―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 01―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)感想
紙の本は買わず、Kindle でも出ていないので Bookwalker で読みました。絵柄に似合わない、ストーリーの黒さが良いですね
読了日:5月26日 著者:鎌池 和馬

銀の匙(5) (少年サンデーコミックス)銀の匙(5) (少年サンデーコミックス)感想
Kindle で読みました。まだ出ていない続巻が出るのが楽しみです。
読了日:5月25日 著者:荒川弘

銀の匙(4) (少年サンデーコミックス)銀の匙(4) (少年サンデーコミックス)
読了日:5月25日 著者:荒川弘

銀の匙(3) (少年サンデーコミックス)銀の匙(3) (少年サンデーコミックス)
読了日:5月25日 著者:荒川弘

銀の匙(2) (少年サンデーコミックス)銀の匙(2) (少年サンデーコミックス)
読了日:5月25日 著者:荒川弘

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)感想
紙の本は買わずに、Kindle 化されるのを待っていました
読了日:5月25日 著者:荒川 弘

インサイド・アップルインサイド・アップル感想
Kindle で読みました。スティーブ・ジョブズ亡き後のアップルを支える人たちと、アップル社の特徴を上手くまとめて紹介しています。アップルはとてもユニークな会社ですが、このユニークさが成功を支えているのだと思いました。
読了日:5月16日 著者:アダム・ラシンスキー

CEO OF THE INTERNET ジェフ・ベゾス、かく語りき(WIRED Single Stories 010)CEO OF THE INTERNET ジェフ・ベゾス、かく語りき(WIRED Single Stories 010)感想
Kindle Fire 発売直前の、アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏へのインタビュー記事です。著者はあのスティーブン・レヴィです。ちょっと前だというのを感じさせるのは導入部分だけで、インタビューそのものは全くぶれないアマゾンの方針を反映させて、今も興味深く読めます。
読了日:5月5日 著者:Steven Levy

進撃の巨人(10) (講談社コミックス)進撃の巨人(10) (講談社コミックス)感想
休みを利用して、一気に最新刊の10巻まで読みました。これは面白いです。エヴァンゲリオンに匹敵するかも。毎回、予告がギャグなのも面白いです。11巻が楽しみです。
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)進撃の巨人(9) (講談社コミックス)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)進撃の巨人(8) (講談社コミックス)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(7) (講談社コミックス)進撃の巨人(7) (講談社コミックス)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(6) (講談社コミックス)進撃の巨人(6) (講談社コミックス)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(5) (講談社コミックス)進撃の巨人(5) (講談社コミックス)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)進撃の巨人(4) (講談社コミックス)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)進撃の巨人(3) (講談社コミックス)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(2) (講談社コミックス)進撃の巨人(2) (講談社コミックス)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
読了日:5月3日 著者:諫山 創

読書メーター