Emerson, Lake & Palmer / Lucky Man は葬式の歌

ELP、エマーソン、レイク&パーマーのファーストアルバムに収録されている「ラッキー・マン」ですけれど、あれって最初の節から葬式を描写している歌ですよね。英語が堪能な人には何を今更って話かと思いますけれど、最近気がついたのでちょっと衝撃。

Emerson, Lake & Palmer

このアルバムを最初に聴いたのは中学校の頃で、英国盤のアナログレコードでした。と言うか、当時はアナログレコードしかなかったですね。かなり反っている上に盤の仕上げも良くないのか針が拾う雑音も多く、再生状態はそんなに良くなかったです。それでも再生されるサウンドそのものは薄っぺらくなく、彫りが深くて良い音のなのが印象的でした。

B面はキース・エマーソンの荘厳なオルガンで始まる「The Three Fates」、カール・パーマーのドラミングが印象的な「Tank」、そしてグレッグ・レイクのソロかと思える「Lucky Man」の3曲で、今から思えばソロアルバムから3曲を集めたかのようでした。それぞれのソロパートを集めた、後のアルバム「Works Volume 1」のABC面を思わせますね。

エマーソンのキーボードを期待して聴いていた中学生の私には、「Lucky Man」はちょっと地味に思えたかな。

それであまり歌詞に注目して聴いたこともなく、漫然とタイトルどおりに「幸運な人」の歌なのかと思っていました。それにしては歌詞の最後では死んじゃいますし、よくわからない歌だなと思っていました。

改めて歌詞に注目して聴いてみると、最初の節では彼は白い馬を複数形で所有していたとあるので、身分の高い人であることが示唆されます。それで過去形なので今は所有していないのですよね。そしてドレスの多くの女性が並んで待つ the door って、教会のドアでしょうか。

彼はなんてラッキーマンだったんだろう、とここも過去形のコーラスに続く第2節では白い羽布団と金でカバーされたマットレスと高級なベットなのですが、「彼は横たえられた」って受け身です。だから、彼は遺体であると思われます。

ここまで、第1節と第2節が葬式を描写している歌ですよね。

コーラスとギターソロの後の第3節では、国のために、そして彼自身の栄光のために戦争に行った。そして、第4節では弾に当たって死んだ、いくらお金を持っていても救われなかった。こんな歌詞です。

全然ラッキーじゃなくて、戦争と貴族を皮肉っているのですよね。そう思うようになってから、この曲を聴く頻度が上がりました。

ELPの前のバンドのキング・クリムゾンのファーストアルバムの衝撃的な「21世紀のスキゾイド・マン」もベトナム戦争に対するプロテストソングだそうですし、グレッグ・レイクはずっと反戦的な歌を、それも声高に主張するのではなく皮肉って歌っていたように思います。

それが昇華されたのが、実質的なラストアルバムの「ラブ・ビーチ」のB面を占める組曲の「Memories of an Officer and a Gentlemen」でしょうか。こちらでは(たぶんドイツ軍の)爆撃で亡くなるのはロンドンにいる新婚の奥さんの方ですけれど、Officer で Gentlemen である彼は悲しむこともできず国のために尽くすって歌詞ですよね。「Lucky Man」の歌詞をより高度に昇華させて、戦争の悲劇とそんな生き方をする貴族を強烈に皮肉った組曲なんだろうと思います。

話をファーストアルバムの方に戻すと、2012年にリリースされた2枚組版では、CD2はティーブン・ウィルソンのリマスタリングによるオリジナルアルバムです。こちらは特にB面の方は音源がなかったのか随分妙な構成になっていますけれど、その後のCD最後に入っているデモ版の「ラッキー・マン」2曲はとても興味深いです。

最初の方はもっとアコースティックギターとコーラスが目立ったフォーク調の仕上がりで、ドラムもキーボードも入っていません。コーラスの「ウー」って入るところが力が入りすぎで垢抜けない感じがします。

2曲目の方はドラムも入ってコーラスも洗練されて完成版に近づきますが、途中のギターソロがなくてコーラスだけです。そして、最後にはキース・エマーソンのムーグサウンドの代わりにエレキギターをかき鳴らすソロが入っています。これがのちのムーグサウンドに置き換わったようです。

この2曲は、曲を完成させるアレンジの過程を垣間見ているようでとても興味深いと思います。残念ながら Apple Music では聴けないようです。入手するならCDの2枚組版が良いと思います。

Emerson, Lake & Palmer / Wheeling, West Virginia

エマーソン、レイク&パーマー、ELPの1977年の Wheeling のラジオ放送ライブ音源『Emerson, Lake & Palmer / Wheeling, West Virginia』です。

Emerson, Lake & Palmer / Wheeling, West Virginia

ELPでAmazonを検索していて見つけました。寒そうなジャケットですけれど、「Fanfare for the Common Man」のプロモーションビデオを撮った時の写真かな。

1977年のライブは公式版も含めていくつも持っていますけれど、ELPとなるとつい手が出てしまいます。持っている音源とカブっていないと良いな。

Emerson, Lake & Palmer / Back In The Fatherland: Dusseldorf Broadcast 1971

エマーソン、レイク&パーマーの1971年のライブを収録した『>Emerson, Lake & Palmer / Back In The Fatherland: Dusseldorf Broadcast 1971』です。

Emerson, Lake & Palmer / Back In The Fatherland: Dusseldorf Broadcast 1971

ブート起こしっぽいなと思いながら買ったのですけれど、やっぱりそんな感じです。テレビ放送音源ということで、音質はそれほど悪くはないです。そのうち、Alive The Live でもリリースされるかな。テレビ放送にあわせたのか、曲順も入れ替わっているようです。トラック4の「バーバリアン」がオープニングっぽいです。あと、トラック3の「Blues Jam」ですけれど、前半は「Tiger in a Spotlight」そのままのメロディーなのでビックリ。歌詞は違いますし、何かの曲のカバーなのでしょうか。後半の「Nutrocker」とメドレーになっています。このトラックはアンコールっぽいです。

そして、「Rondo」に続いて、トラック6にはまた「Nutrocker」が入っています。2回演奏したのか、別の日の演奏なのかな。テンポもだいぶ違います。

テレビ音源ならば、ビデオをリリースしてくれれば良いのにね。

Emerson, Lake & Palmer / Live In Tokyo 1972 が Alive The Live から

ラジオ音源の Alive The Live から、エマーソン、レイク&パーマー、ELPの1972年の東京公演のライブ『Emerson, Lake & Palmer / Live In Tokyo 1972』が9月6日にリリースされます。

Emerson, Lake & Palmer / Live In Tokyo 1972

解説を読むと、テレビ放送が元になっている音源のようですね。例によってブート音質でモノラルかなと思うのですけれど、曲目リストを見ると一応ひととおりは収録している感じですし、好奇心に負けて注文することにしました。

もう一つ、1977年のメンフィスのライブもリリースされるので、こちらもあわせてオーダーしました。オーケストラ抜きの時期でしょうかね。

Emerson, Lake & Palmer / Live In Memphis 1977

Emerson, Lake & Palmer / Great Hits Live ’74 & ’77 King Biscuit Flower Hour

エマーソン、レイク&パーマー、ELPの1974年と1977年のキング・ビスケット・フラワー・アワーで放送したラジオ音源を収録したライブ『Emerson, Lake & Palmer / Great Hits Live ’74 & ’77 King Biscuit Flower Hour』です。

Emerson, Lake & Palmer / Great Hits Live '74&'77 King Biscuit Flower Hour

放送用なのでブートレッグでもよく知られている音源で、過去に正規のCDも何度か発売されています。1977年の公式ライブの「イン・コンサート」の最初にリリースされた1CD版はだいぶカットされていたこともあり、あのライブ盤でカットインしている「The Enemy God」の前にドラムソロが入ったバージョンはこのキング・ビスケットのライブで初めて聴きました。

1974年の音源の方は、公式ライブ盤の「Ladies & Gentlemen」の元音源のひとつになったものと思われます。1曲めの「Hoedown」や「Karn Evil #9」ははそのまま同じですよね。不思議と、こちらの方が録音が良い気がします。

最初にリリースされた黒っぽいジャケットのCDを持っているので Rhino のリリースの時は入手しませんでした。今回は、Alive The Live という日本のレーベルからリリースされていることもあり、リマスタリング効果を期待して入手してみました。ぱっと聴いたところではクリアになった気もしますけれど、リッピングしてじっくり聴いてみます。

Emerson, Lake & Palmer 最初の頃のアルバムの2016リマスター盤のハイレゾ配信

昨日、エマーソン、レイク&パーマーのアナログ盤の話を書いて、アナログ盤は2016リマスターなのが入手した理由だという話を書きました。

それからふと思いついてHDtracksをチェックしてみたら、ファースト、タルカス、トリロジー、頭脳改革の4枚もいつの間にかソニー版の2012リマスターから、BMGの2016リマスターのハイレゾ版に差し替えられていました。もちろん、24bit/96KHzです。スティーブン・ウィルソンやジャッコのリミックス版は無くなっています。未発表トラックが多数収録されている頭脳改革のデラックス版はそのまま残っています。

mora や e-onkyo などの日本のハイレゾ配信サイトは、まだ2012リミックスのままになっていますね。ダメダメです。あれはちょっとお勧めできない音源だと思うので、入手するならHDtracksでしょう…と言いたいところですが、国制限がかかっているので日本からでは(正面からは)買えないですよね。

BMGが iTunes や Apple Music の音源も2106リマスターに差し替えてくれることを望みたいところですが、ダメっぽい感じですね。残念。

タルカスと頭脳改革のアナログLPは届いたのですが、録音する気がちょっと失せたりして。しかし、昔のアナログの音も聴いてみたい気もしますよね。どうしようかな。

Emerson, Lake & Palmer (Analog LP)

Emerson, Lake & Palmer / Trilogy (Analog LP)

Emerson, Lake & Palmer / Tarkus / Brain Salad Surgery のアナログ盤

エマーソン、レイク&パーマーの、1971年のアルバム『Tarkus』と、1973年のアルバム『Brain Salad Surgery』、アナログLP盤を入手することにしました。

Emerson, Lake & Palmer / Tarkus

Emerson, Lake & Palmer / Brain Salad Surgery

ソニーのLX-500の録音アプリがようやくこの25日に macOS 10.13 に対応したので、早速使って見ました。録音はやりやすく、操作性も良いです。ただ、問題の書き出し部分のコピーやペーストのキーの割り当てが、macOSのライブラリを使わずに直接キーコードを見ているようですね。これだから、バージョンアップのたびに引っかかるのでしょう。Xcodeで書き直せばいいのに。

それはともかく、録音できるようになったので、手持ちのEPから録音を試しています。昔のように針をクリーニングし、レコードをクリーニングして静電気と戦いながら音を聞いています。ピアノをガンと叩くようなインパルス部分や、サ行の発音の強い部分ではやはり音が歪みますし、パチパチノイズや歪みが入るところも昔のアナログ時代と同じです。まあ、そういうもので昔の音が聴けると思って楽しみますか。

本命の、ボックスセットの『Live in Italy, May 1973』も取り込みつつあるところなのですが、アナログLPがハイレゾで録音できるようになったので、以前から気になっていた『Tarkus』と『Brain Salad Surgery』をチェックして見ました。

どちらのアルバムも、2012年にソニーからスティーブン・ウイルソンとジャッコによるリミックス盤とリマスター盤が出ましたが、その音質にはいまいち納得ができませんでした。特に、タルカスの方は冒頭部分の歪みも多く、ホントにこんな音なのかと思いました。

BMGにレーベルが移ってからリリースされたライブの『Ladies & Gentlemen』や『Works』『Pictures At An Exhibition』はリマスター盤もいい音だったので、頭脳改革以前のアルバムもBMGがリマスターしてくれることを願っていたのですが、どうやらそうはならなかったようです。

しかし、2016年にリリースされたアナログ盤は、一応アナログ向けにBMGでリマスタリングしたとあります。これなら音がいいかもということで、タルカスと頭脳改革の2枚を買ってみることにしました。ファーストとトリロジーはどうしようかな。

Emerson, Lake & Palmer / Pocono International Raceway 8th July 1972

エマーソン、レイク&パーマー、ELPのボックスセット『Fanfare 1970-1997』から『Pocono International Raceway 8th July 1972』です。

Pocono International Raceway 8th July 1972

このボックスには未発表のライブがいくつか入っていますが、アナログLPのイタリアの1973年のライブを除くと、一番注目なのは1972年のこのライブです。

これまでのELPの未発表ライブはブート音源だったり、あるいはワイト島の1970年のライブのように、記録としては価値があっても音質が良くないものがほとんどでした。

しかし、この1972年のライブはまず音質が良いのがポイントです。元はFM放送音源、またはサウンドボード音源なのでしょうか。会場の音はあまり入っていませんが、楽器の音はクリアに入っています。オルガンは右チャンネルでムーグの音はセンター、ドラムは左チャンネル、グレッグ・レイクのボーカルとベースはセンターとモノラルっぽい録音です。

ただ、センターのムーグの音はトラブルなのか、ほとんど収録されていません。おそらく、これまで発売されなかったのはこれが原因でしょうか。

しかし、演奏は勢いがあり熱気にあふれる演奏です。この演奏が良い音で楽しめるのは嬉しいです。1972年夏のUSツアーでは、「Endless Enigma」や「The Sheriff」など、トリロジー収録の曲も演奏しているはずですけれど、このライブに収録されているのは最初の「Hoedown」のみです。

しかし、この「Hoedown」はなかなかの聴きもので、カールーパーマーのバスドラムのリズムはかなり怪しいです。まだこの曲に慣れていなかったのでしょうか。CDの1曲めがこれなので、ちょっとずっこけます。

しかし、2曲めの「Tarkus」からは調子を取り戻してシャープな演奏です。この時期のブートは、7月28日のロングビーチ・アリーナの演奏が素晴らしいですけれど(マンティコア・ボルツ Vol.1 に収録されています)、それに迫る勢いのある演奏です。「バトルフィールド」のエンディングには「エピタフ」も演奏しています。このギターもなかなか素晴らしい。

「石をとれ」に続いて「ラッキー・マン」を演奏していますけれど、グレグ・レイクのアコースティックギターだけでなく、カールパーマーのドラムも入っています。エマーソンもシンセを弾いているようですが、これは収録されておらず、微かに聞こえてきます。1992年の再結成ライブでもドラム入りのアレンジで演奏していましたけれど、72年の演奏が元ですね。

最後は定番の「展覧会の絵」のB面部分、そしてロンドです。カットされた曲もあるのかもしれませんけれど、プエルトリコのライブと同様に、このころのライブの主要部分を網羅しています。

このボックスセットの目玉のひとつですよね。

Emerson, Lake & Palmer / Fanfare 1970-2010? 届きました

昨日の記事に書いた、ELPのボックスセット「ファンファーレ」が届きました。


Fanfare 1970-2010: Emerson Lake & Palmer Box

私はそんなに気にせずにオーダしたのですが、元々の Pledge Music で販売していたものは、FANFAREのロゴの下の年号の表記が「1970-1997」でした。限定3000セットという話ですよね。

ところが、このアマゾンの写真は「1970-2010」です。私はセカンドロットか何かかと単純に思っていたのですけれどね。ELPの公式の最後の活動は2010年のハイ・ボルテージ・フェスティバルですし。

そして、今日アマゾンから荷物が届きました。早速パッケージを確認したところ、表の表記は「Fanfare 1970-1997」でした。裏にはシリアルナンバーもあり、私のは2129/3000でした。もちろん、中身も事前の情報通りのディスクが入っています。

どうやら最初の3000セットのうちだったようでひと安心ですけれど、だとするとアマゾンのあの画像はなんなのでしょうね?

最後までELPらしい顛末という気もしますけれど、謎ですね。

Emerson, Lake & Palmer / Fanfare 1970-2010

買わないつもりでいたELP、エマーソン、レイク&パーマーのボックスセット「Fanfare 1970-2010: Emerson, Lake & Palmer Box」ですが、アマゾンで在庫が入ったのを見てついポチっちゃいました。


Fanfare 1970-2010: Emerson Lake & Palmer Box

スタジオアルバムのCDはもちろん持っていますし、ハイレゾ音源も入手しましたし、それにスティーブン・ウィルソンのリミックスもジャッコのリミックスもあまり好きな仕上がりではなかったので、ボックスセットは買わないつもりでした。

でも、Super Deluxe Edition の記事「Emerson, Lake & Palmer / Fanfare 1970-1997: career-spanning 24-disc box set」に曲目リストが載っているのを見つけました。

この曲目リストを眺めると、目玉のCD14の1972年のライブが、「ホウダウン」にはじまり、「タルカス」や「展覧会の絵」、「ロンド」まで入っているいいセットリストであることや、CD18の1997年のライブが、「Part 2」に始まり、「タルカス〜展覧会の絵」のメドレーが入っていて、「庶民のファンファーレ」は入っていないものの「スキゾイドマン〜アメリカ」も収録しているので聴きたくなりました。

また、アナログ盤の1973年のイタリアのライブはブートを思わせる曲順の収録ですが(ブートの復刻なのかな?)、聴いてみたくなりますね。

プレオーダーに乗り遅れたので、今頃ほしくなってももう手に入らなかかな..と思っていたところ、昨日に突然アマゾンの在庫が復活しました。値段も1万9千円くらいなので、まあいいかなと思ってオーダーしました。最初のロットは年の表記が1970-1997だったようなので、セカンドロットなのでしょうか。在庫数も増えたり減ったりしつつ、まだ5点残っています。明日には届くかな。

アナログLPが聴けるように、機器を揃えなくては。