King Crimson / The Elements Of King Crimson – 2019 Tour Box

キング・クリムゾンのツアーボックス、2019年版の『King Crimson / The Elements Of King Crimson – 2019 Tour Box』が、6月28日にリリースされます。

The Elements Of King Crimson - 2019 Tour Box

今回はCD2に ProjecKcts の曲を多数収録しているのが特徴です。ボックスセット「Heaven & Earth」をリリースしたからなのでしょうけれど、来年のクリムゾンはヌーボメタルを演奏するという予告なのでしょうか。

あと、2018年のライブから「Live in Rome」が公式ライブ盤としてリリースされることが予告されています。このライブから、「Radical Action I – Radical Action III – Level 5」が収録されているのも嬉しい。昨年のライブで聴いた、あの演奏がまた聴けそうです。6月末の発売が楽しみです。

一昨日に注文した『King Crimson / The ReconstruKction of Light』と『King Crimson / The Power to Believe』40周年記念版も今日届いて、早速リッピングして聴いています。ドラムサウンドを録音しなおした『The ReconstruKction of Light』の方は、ドラム以外にもあちこちサウンドが加工してあり、新しいアルバムを聴いている気分です。『The Power to Believe』のほうも音質が向上しているようです。

ボックスセットが届くまでは、これらの音源をリピートして楽しみます。ボックスセットも burning shed から発送されたようですし、来週には届くかな。

King Crimson / The ReconstruKction of Light / The Power to Believe の 40周年記念版

キング・クリムゾンの2000年発表のアルバム『The ConstruKction of Light』40周年記念の再構築版『King Crimson / The ReconstruKction of Light』、そして2003年発表の『King Crimson / The Power to Believe』40周年記念版、本日発売です。

King Crimson / The ReconstruKction of Light

King Crimson / The Power to Believe

もともと、ボックスセットの『Heaven & Earth』と共に5月31日に発売されるはずでしたが、発売は来週の6月7日に延期されていました。

しかし、ボックスセット共々、アマゾンや Diskunion で在庫ありになっています。配送の都合で、全世界で買えるようになるのは来週になるのかもしれないですね。

burning shed にオーダーした『Heaven & Earth』はまだ発送されていません。やっぱり、6月7日以降になるのかな。

『The ReonstruKction of Light』と『The Power to Believe』は、ボックスセットに収録されているCD/DVD-Audioと内容がダブりなので買わないつもりでした。しかし、国内在庫があるとなると待ちきれず、注文することにしました。

流石に、ボックスセットをだぶらせるわけにもいかず、こちらは届くのをおとなしく待つことにしました。

アマゾンに注文した両アルバム、明日には届くといいな。

Eddie Jobson / The Green Album / Theme Of Secrets のリマスター版

エディー・ジョブソンが1983年に発表した『The Green Album』と1985年に発表した『Theme Of Secrets』の2枚のソロアルバムのリマスター版を1パッケージにしたセットが、6月21日に発売されます。

Eddie Jobson / The Green Album / Theme Of Secrets

セットはCD2枚とBlu-ray Audioの3枚組です。BDには、24bit/96KHz でアルバム2枚を収録しているそうです。
Amazon は今は入手困難とありますけれど、そのうち載るでしょうね。Burning Shed で入手するかな。送料とあわせて21ポンドでした。

グリーン・アルバムは Apple Music にも載っていますけれど、これとは異なるバージョンのようですね。

ハイレゾ版は配信もなさそうですし、この機会に入手しておきますかね。すぐに貴重盤になっちゃいそうな気がします。

Tangerine Dream / In Search of Hades: The Virgin Recordings 1973-1979

タンジェリン・ドリームの1973年から1979年までのヴァージンレーベル時代の音源を収録したボックスセット『Tangerine Dream / In Search of Hades: The Virgin Recordings 1973-1979』、6月14日発売です。

Tangerine Dream / In Search of Hades: The Virgin Recordings 1973-1979

CD16枚、Blu-ray2枚からなる18枚組のセットです。

アルバムとしては『Phaedra』『Rubycon』『Ricochet』『Stratosfear』を含みますし、それぞれにボーナストラックが追加されています。また、『Phaedra』と『Ricochet』はスティーブン・ウィルソンの手になるリミックス版も収録されています。

トラックリストを見ると、『Phaedra』のアウトテイクがCD2枚分、またこの当時の1974年のロンドンのライブが2つでCD4枚、また『Rubycon』発表当時の1975年のアルバート・ホールのライブがCD2枚で収録されています。これは聴きたくなりますよね。

2枚のBlu-rayには、それぞれのアルバムが5.1サラウンドとステレオで、24bit 96KHz のハイレゾで収録されています。こちらも楽しみです。

116ポンドなので1万5千円くらいですね。価値あるボックスセットになりそうです。

あと、それぞれのアルバムはバラ売りもされるようです。

King Crimson / FraKctured reconstruKcted

キング・クリムゾンの50周年記念ダウンロードである KC50、今週は5月末に発売予定のボックスセット『Heven & Earth』から、「FraKctured」の再録音版です。

King Crimson / FraKctured reconstruKcted

これから発売されるボックスセットの収録曲を選ぶとは、宣伝にも力が入っている感じです。

パット・マステロットによるドラムの再録音はすごく効果的ですね。ドラムだけでなく、ギターやベースのサウンドにもかなり手が入っている感じです。ちょっと平板に聴こえないこともなかった『The ConstruKction Of Light』ですが、かなり立体的で迫力あるサウンドになっています。ボックスセットのリリースが楽しみです。

King Crimson / Yoji Yoli

キング・クリムゾンが50周年を記念して毎週1局ずつ公開しているKC50シリーズ、13回目の今日の曲は「Yoli Yoli」です。

King Crimson / Yoji Yoli

こんなタイトルの曲ってあったっけ、って思ったのですが、1983年に初頭にレコーディングして、その録音の全てがボツになったセッションのものだそうです。このセッションは KCCC #21 と、On And Off The Road ボックスセットの CD#5 の「Fragmented」に収録されているそうです。「Yoli Yoli」は「Fragmented」に入っています。

ずいぶん奇妙な曲です。「Waiting Man」の元曲に聴こえないことも無い気もしすけれど、これは Beat に収録の曲ですから、時系列が逆かな。あるいは、オープニングとYoliYoli〜ってコーラスは、ピータ・ガブリエルの曲に聴こえる気もします。

King Crimson / Heaven & Earth

キング・クリムゾンの40周年記念盤シリーズの最後を飾る作品である『King Crimson / Heaven & Earth』、5月31日発売です。

King Crimson / Heaven & Earth

Burning Shed で130ポンドです。

この時期のスタジオアルバムである、『The ReconstruKction Of Light』と『The Power To Believe』の40周年記念盤も発表になりました。

『ConstruKction of Light』は、パット・マステロットによりドラムを差し替えて「ReconstruKction」となったそうです。CDはリミックス版、DVD-Audioにはリミックス版をハイレゾの5.1chとステレオで収録、それからオリジナル・ミックスをハイレゾステレオで収録。また ProjeKct X 名義のアルバムである『Heaven & Earth』も収録しています。

『The Power To Believe』は、2019マスター版を収録し、DVD-Audioには2019マスター版ををハイレゾの5.1chとステレオ、そしてオリジナル・ミックスをハイレゾステレオで収録。それとミニアルバムの『Happy With What You Have to be Happy With』を収録しています。ライブ版の『Level Five』は入らなかったですね。

ボックスセットの『Heaven & Earth』はCD18枚、Blu-ray4枚、DVD-Audio2枚の24枚組です。

CD1は『The ReconstruKction Of Light』、CD2は『The Power To Believe』、CD3は『Happy With What You Have To Be Happy With』と『Level Five』を収録しています。

それから、ProjeKcts 1 から 4 までをそれぞれ1枚収録したCDが入ります。再編集したのもなのでしょうね。

これでCDは7枚ですが、残りの11枚は2000年、2001年、2003年、2008年のライブから収録するそうです。2008年といえば、ギャヴィン・ハリスンが加入した時期のライブですね。

BD 1は ProjeKcts 1,3,4 そして 6 の音源の完全版、BD 2 は ProjeKcts 2 の音源の完全版を収録するそうです。ProjeKcts にも思っていたよりもチカラが入っています。

そして、BD 3 は『The ReconstruKction Of Light』と『The Power To Believe』、それから『Happy With What You Have To Be Happy With』と『Level Five』、2000年のロンドンのライブ(7月3日のシェファーズ・ブッシュ・エンパイアのライブでしょうかね)、2003年の『EleKtriK』を収録するそうです。

BD 4 には、The Bootleg TV の映像を10時間分収録するそうです。解像度はSDですから、長時間収録できるのでしょうね。

DVD-Audio 2枚は、単品版『The ReconstruKction Of Light』と『The Power To Believe』の DVD-A をそのまま収録しているのでしょうね。

今回は単品版は外して、ボックスセットだけオーダすれば良いかな。Burning Shed は予約オーダーを入れるとすぐに課金されるので、4月1日になったらオーダしようと思います。

追記)オーダーしたところ、VAT分が引かれて送料を追加して、125ポンド弱で19000円くらいでした。

King Crimson / Live In Newcastle, December 8, 1972

キング・クリムゾン50周年の一環で発表された、ジェイミー・ミューア在籍時の1972年のライブのサウンドボードを収録した King Crimson Collector’s Club 48 の『King Crimson / Live In Newcastle, December 8, 1972』、4月26日発売です。

King Crimson / Live In Newcastle, December 8, 1972

Burning Shed でオーダーしたら、送料込みで10ポンドちょっとでした。

この時期の音源は、Zoom Club のライブですでに聴いていますけれど、ブートなので音質は良くなかったです。今回の音源はサウンドボードとのことなので、どれくらいの音質で聴けるのか、楽しみです。

UK / Night After Night Extended

エディ・ジョブソン、ジョン・ウェットン、そしてテリー・ボジオの3人編成のUKによる1979年の日本公演を収録したライブアルバムのエクステンド版『UK / Night After Night Extended』、3月8日発売です。

UK / Night After Night Extended

CD2枚とBlu-ray1枚の3枚組です。収録内容は以前にリリースされたコレクターズ・ボックスセットに入っていた拡大版と同じもののようですね。Blu-ray には 24bit/96KHz のハイレゾ版をステレオと5.1chで収録しているそうです。

曲順を元々の来日公演と同じ順番にしてくれたら、また買っちゃいそうではありますけれど。元の曲順のライブはリリースはしてくれそうも無いので、ボックスセットのエクステンド版を iTunes のプレイリストで順番を並べ替えてセットリスト順にしてみますかね。

Robert Fripp / God Save The King

ロバート・フリップの、1985年にリリースされたアルバム『Robert Fripp / God Save The King』です。

Robert Fripp The Leage Of Gentlemen / God Save The King

このアルバムがリリースされた経緯は King Crimson Data Base さんの記事「God Save The Queen / Under Heavy Manners : Robert Fripp」に詳しく解説されています。1980年にリリースされたアルバム「God Save the Queen/Under Heavy Manners」と、1981年にリリースされたアルバム「The League of Gentlemen」の音源から作られたアルバムです。

このCDなら持っていたと思ってCD棚から探し出してリッピングしてみたら、なんと経年劣化したらしく途中で再生できなくなってしまう曲がありました。見た目ではそんなに汚れているようには見えないのですが、盤面の輝くは全般に失われています。再生できるとは言っても、各所で音質が劣化していそうな感じです。

Amazonを見てもやたら高価な盤しか出品されていないですし、どうしようかと思っていたら、eBay で出品を見つけました。

なんと「New」つまり、新品とあります。ホントかなーと思いつつオーダーしてみました。オーダーした時には残数は5枚でした。

RobertFrippGodSaveTheKing

届いたCDが上の写真なのですが、ビニールでパックされていました。ジャケットも劣化もなく美しく、ケースにも傷が入っていません。どうやら本当に新品のように見受けられます。保存状態も良かったようです。早速リッピングしましたが、もちろん問題なく再生されます。

私が以前持っていて再生されなくなったのはオリジナル版だったようですが、eBayで入手した方はリマスター版で Definitive Edition の表記がありました。

eBay ではひどいものをつかまされることも多いのですが、このCDは買って良かったです。