KEF のスピーカー LSX でハイレゾ

KEF のワイヤレススピーカー LSX を使っています。

KEF LSX

Air Play を使って iPhone や iMac の iTunes からApple Musicやロスレス音源を聴くにはとても便利です。しかし、LSX の DLNAレシーバー機能にはまだバグがあるのか、操作していると再生が停止したり、選択した曲が再生されなかったり、そのうちスピーカーを見失って接続が切れたりします。

DLNAは使っていて不満も多いので、別の手段を講じることとして、NASをIOデータの Soundgenic HDL-RA2HF に買い換えました。

IOデータの Soundgenic HDL-RA2HF

HDL-RA2HF は、DLNAサーバー機能だけでなく、背面の USB-A 端子からデジタル信号を出力する機能があります。LSXの光デジタル入力と接続するために、この間に FiiO の USB DAC K3 を挟みました。

FiiO USB DAC K3

K3付属の USB-A to USB-C ケーブルを使って K3 と HDL-RA2HF を接続し、K3 と LSX は光デジタルケーブルで接続します。LSXを光デジタル入力に切り替え(紫色のランプが点灯します)、K3のスイッチを入れてから、DLNAアプリの fidata を使ってNASと曲を選び、レンダラーに RA2[K3]を指定するとちゃんと音が出ました。これで聴けば音が途切れたりすることもなく、ハイレゾ音源がストレスなく楽しめます。

イヤホンで聴く時は、LSXを切って K3 を使って聴くこともできます。3.5mm に加えて、2.5mm のバランス出力も備えています。

これでやっと NAS に入れたハイレゾ音源が聴ける環境が整った気がします。IOデータの Soundgenic のデジタル出力は役に立ちますね。これなら、USB-DAC 機能を持ったアンプと組みあわせるのも良さそうです。

FiiO AM3D

FiiO 社のQ5, X7 Mark II 用の4.4mmバランス出力を備えたアナログアンプの AM3D、5月中旬発売予定です。

FiiO AM3D

  • FiiO AM3D – FiiO オンラインショップ

少し前に、AM3Cというアンプが出てすぐ売り切れたそうですが、これの再生産バージョンだそうですね。3月10日までの予約数を見て生産数を決定するそうなので、確実に入手するには3月10日頃までに予約するのが良さそうです。

ちょっと前に、在庫を見つけてAM3Bを入手しちゃったのですが、早まったかな。

X7 Mark II もモデルチェンジして M11 というのがリリースされるという話もありますし、AM3Cを手に入れるかどうか迷いますね。最近、ソニーの4.4mmバランスケーブルのイヤホン、XBA-N3BP の音質は思ったほど良くない気もしているので、なおさら迷います。2.5mmと4.4mmでそんなに差がある気はしないのですけれど、アンプの構成が違えば音質もまた異なるのでしょうね。

SONY 4.4mm バランスケーブルのイヤホン XBA-N3BP

ソニーの、4.4mm バランスケーブルを搭載したカナル型のイヤホン XBA-N3BP です。

SONY 4.4mm バランスケーブルのイヤホン XBA-N3BP

ウォークマン ZX300 用の 4.4mm バランスジャックの音を聴くためのイヤホンとケーブルの組み合わせを考えていたのですが、ふと思いついてソニーの4.4mmバランスケーブルのイヤホンを検索してみたら、これが出てきました。

今年はステージモニタ用のイヤホンをリリースしていますけれど、お値段もかなりしますよね。一昨年に XBA-N3 がリリースされたのは目にしていたのですが、バランスケーブルモデルの XBA-N3BP の方は見逃していました。

ZX300と組み合わせて使っておられる方も多いようですね。アンバランス型ですが、ZX300とXBA-A3の組み合わせでもソニーらしいまとまった音がしますし、このイヤホンも試してみたいと思います。

onso O3 2.5mm – IE Series イヤホンケーブル

Hiby の R3 を買ったのはバランス接続を試してみたかったからです。手持ちのゼンハイザーのイヤホン IE80 をバランス化するために、onso O3 2.5mm – IE Series イヤホンケーブル を入手してみました。

onso O3 2.5mm - IE Series イヤホンケーブル

バランス接続のケーブルは種類が多いのですが、アマゾンのページは選びやすくて、サイズでジャックを2.5(4極)とし、スタイルの方でIEを選べば大丈夫です。

O3 は、純度の高い銅線を使っているということです。ケーブルは細くしなやかで、コネクターの感触も良いです。銀線を使った O4 というシリーズもありますけれど、お値段もかなりします。

もともとついていた IE80 のケーブルと交換して、Hiby R3 の 2.5mm バランス端子に接続して音を聴いてみました。

3.5mmのジャックで聴いたときにはちょっとクセのある音かなと思ったのですが、2.5mmバランス端子の方では高音域もキレイに伸びて聴こえます。妙に太い音だという感じもなくなり、IE80の音も新鮮に感じました。

3.5mmジャックと比べると、2.5mmバランス端子の音質は良いという話を見かけますけれど、ホントに大きな差がありますね。

こんなに差があるのなら、E4000 もバランスケーブルに交換して試してみますかね。

THE BEATNIKS / EXITENTIALISM ~出口主義 を Apple Music とハイレゾで

高橋幸宏と鈴木慶一のユニット、ビートニクスの1981年発表のアルバム『THE BEATNIKS / EXITENTIALISM ~出口主義』、 Apple Music に載っていました。

THE BEATNIKS / EXITENTIALISM ~出口主義

Apple Music の日付を見ると、2016年から載っていたようですね。アマゾンでCDをみると1993年リリースのようですけれど、CDよりも配信の方が新しいバージョンなのでしょうか。

改めて聴いてみると、YMOの「テクノデリック」の雰囲気がすごく強いアルバムですね。リアルタイムで聴いていた時にはここまでとは思っていなかったのですが。

そして、e-onkyo でハイレゾ版も配信しているのですね。こちらも、2016年のリリースだったようです。しかも、状態の良いマスターがあったようで、24bit/96KHzだけでなく、24bit/192KHzや、DSF 2.8MHz、DSF 5.6MHz のファイルも販売されています。192KHzのFLACバージョンをまず聴いてみますかね。DSFと聴き比べるのも面白いかな。

テクノデリックのような雰囲気のサウンドがハイレゾで楽しめるのは貴重な気がします。

Mac の音楽変換アプリ XLD

Mac で動作する、音楽ファイル変換アプリの XLD です。

XLD

X Lossless Decoder: Lossless audio decoder for Mac OS X

Final の E4000 で聴くにはウォークマンを使うのですが、音楽ファイルを扱うとなるとファイル種類の変換やエンコードがつきものです。私はマックで作業するのですが、よく使っているアプリが XLD (X Lossless Decoder) です。

X は OSX から取っているのでしょうね。CDからFLACのリッピングもできるので、MQA CD の取り込みにも便利です。また、WAV から FLAC や Apple ロスレスへの変換もできます。ビットや周波数の設定もできますし、高速に安定して動作するので気持ちよく使えます。

コマンドラインからバッチ処理もできるので、大量に処理するときにも便利です。

フリーですが寄付も受け付けています。寄付のボタンを押すと PayPal 経由で500円を寄付するようになっています。良いアプリは対価を払って支えましょう。

Steve Hackett / At The Edge of Light

スティーブ・ハケットの新作アルバム『Steve Hackett / At The Edge of Light』、来年の1月25日発売です。

Steve Hackett / At The Edge of Light

公式サイトの HackettSongs で予約受付が始まっています。予約するとサイン入りで届くようです。CD、CD+DVD、CD+アナログLPがあります。DVDには、ハイレゾのステレオと5.1サラウンドを収録しています。

まだダウンロードセクションには新作は載っていないですけれど、発売が近くなれば載るでしょうね。今回も、ハイレゾ版も配信されるかな。

SANOVA / BLISS

日本のピアノバンドであるSANOVAの3枚目のアルバム『SANOVA / BLISS』です。

SANOVA / BLISS

レコード会社の紹介文には「ジャズ」の文字がありますけれど、あんまりジャズっぽい感じはしないですね。新しい音楽を感じさせるサウンドです。

このアルバムは、シンセの音が聞こえる曲も結構あります。今までの2枚のアルバムもそうでしたっけね?もう一度聴いてみよう。

Apple Music でも聴けますし、24bit/48KHz ですけれど、e-onkyo や mora でハイレゾ配信もあります。

The Moody Blues / In Search Of The Lost Chord: 50th Anniversary Edition

ムーディ・ブルースの1968年発表のサードアルバム『失われたコードを求めて』の50周年記念版、11月2日発売です。

The Moody Blues / In Search Of The Lost Chord: 50th Anniversary Edition

公式サイトにもオーダーと説明のページがありますけれど、メディア版はCD3枚とDVD2枚のセットです。

CD1はオリジナルステレオミックスのリマスター版、CD2は2018版の新しいミックス、そしてCD3にはBBCセッションやシングルバージョンを収録しています。

DVDには2018ミックスのステレオと5.1chサラウンドを24bit/96KHzのハイレゾで収録しています。DVD2には当時のBBCテレビやフランスのテレビの映像を収録しているそうです。

他に、アナログLPバージョンや、リマスター部分のみを収録したCD1枚のパッケージもリリースされるそうです。

アマゾンデジタルや Apple Music / iTunes Store にも、50周年記念デラックス版があり、CD3枚部分の音源を収録しています。「Legend of a Mind (Mono / Single Version)」が先行配信されています。

MQA の技術と再生される音データ

MQAはどういうものなのかよく分からないまま、なんとなく音がいい気がしてユニバーサルからリリースされているMQA CDの「ハイレゾCD
名盤シリーズ
」を買っています。

ハイレゾCD 名盤シリーズ 洋楽 International Music

ユニバーサルのサイトに書いてある「時間軸解像度」の話は納得いかないのでモヤモヤしていたのですが、MQAを開発したBob Stuart氏のサイトを見ると少しわかった気がしました。

英国MQA社のサイトから「How It Works」を選び、宣伝記事をスクロールして一番下まで行くと、Bob Stuart 氏のサイトへのリンクがあります。

このサイトで「MQA Playback」「MQA CD: #1 Origami and the Last Mile」そして「MQA CD: #2 Some examples」を読んで少しわかった気になりました。

MQAには24bitでデータを構成する本来のフォーマットであるMQA-24と、これをCDに収録するために16bitに切り詰めたMQA-16(MQA CD)の2種類があります。これは分けて考える方が良さそうです。

MQA-24は、24bit192KHzのPCMデータを、24bit48KHzに圧縮することを主目的に作られているようです。この時には、圧縮方式はロスレスで、高い周波数成分のデータは、低い周波数成分のノイズレベルのところに隠しているそうです。HDCDで使われたのと同じような手法でしょうか。(私は数学的詳細は理解していないのですが、図を見るとそんな感じです)

これをCDに収録するためにビット数を減らしたのがMQA-16で、高周波成分の再現も、再生した時のノイズの面でもMQA-24に比べると劣る面があります。高音域もロスレスではなくなり、ロッシー化処理を行っているように見えます。MQA-16は CD や AirPlay 経由の再生に適合可能なデータ量だとあります。

MQA CD: #2 Some examples」のグラフを見ると、MQA-24では40KHz以上のデータも再生されていますが、MQAデコードしてもMQA-16のデータは30KHzから低下し始めているのが見て取れます。記事には36KHzまで再生できているとあります。

そして、当然のことながらMQAデコーダなしのCDフォーマットで再生すると22KHzでデータはスパッと切れます。CDのサンプリング周波数は44KHzなので原理的に当然ですね。そして、MQA-16をレッドブック規格のCDで再生した時にも、ノイズレベルはCDとほとんど遜色がないこと。またMQA-16はMQA-24に比べて15KHz以上の高い周波数領域でややノイズレベルが上昇することが論じられています。

これから読み取れることは以下だと思います。

・MQA-CDをデコーダなしで再生した時には再生自体はCDと変わらない。
・MQA-CD(MQA-16)をデコードして再生すると、24bit/48KHzよりは再生帯域が広いが、24bit/96KHzのPCMには及ばない。
・MQA-24のデータ量は24bit/48KHz相当であり、ここに24bit/192KHzのデータを盛り込めるところに最大の特徴がある。

やはり、MQA-CDの真のポテンシャルを見るにはデコーダーが必要ですね(当たり前)。CDで再生して音がいいと思うのは、CDへ音を記録するためのプロセスの効果でしょうか。
そして、MQA-24の真価を発揮するのは元ソースが24bit/192KHzのデータの時ということになるでしょうね。データ量が48KHz相当なのに、元ソースのクオリティで聴けます。MQA自体で音質が改善されるわけではないですね。

そう思って e-onkyo などのMQAファイルを見ても、元データが24bit/96KHzのものが多いようです。元ソースが192KHz、あるいはこれ以上のクオリティの音源をソースとするファイルで試してみたいと思いました。

これで、単なるリスナーとしてはだいぶ謎が解けた気分です。やはり、元の開発をした人の話はわかりやすいですね。

MQAには容量を小さくする効果があるので、ウォークマンなどのポータブルプレーヤー向けに MQA-24やMQA-16のエンコーダーが公開されると役立つと思いました。ソニーが Music Center for PC にMQAエンコーダーを搭載してくれると嬉しいですね。