イエスの名古屋公演へ行くことにしました

今日から来日公演が始まったイエス、名古屋公演へ行くことにしました。

YES

最初は『海洋地形学の物語』の「神の啓示」と「儀式」、そして『イエスソングス』からベストセレクションという話だったので止めようかと思ったのですが、『ドラマ』の曲を演奏するということなので、やはり行くことにしました。

キーボードのジェフ・ダウンズは『ドラマ』録音時のメンバーですし、オリジナル曲のイメージを持っていそうですものね。

ボーカルのジョン・ディヴィソンは2014年のライブの時に見て、違和感なく歌えるのは見ていますし、イエスのメンバーでもあったベースのビリー・シャーウッドを観るのは初めてです。「神の啓示」や「儀式」、そしてドラマの曲も散々聴いて脳内再生できるくらいの曲ですし、ライブで聴くのが楽しみです。

チケットの売れ行きが今ひとつなのか、盛んに宣伝しているのはちょっと気になりますね。

そういえば、会場の ZEPP NAGOYA は何度か前を通ったことはありますが、会場に入るのは初めてです。こちらも楽しみです。

次は『リレイヤー』の再現ライブはやってくれませんかねー

Yes / Tales From Topographic Oceans の Steven Wilson リミックス盤

イエスの1973年のLP2枚4曲の大作「海洋地形学の物語」の、スティーブン・ウィルソンの手になるリミックス盤、9月26日発売です。

yes - tales from topographic oceans (3cd/1blu-ray preorder)

3CD+Blu-ray のセットと、2CD+DVDのセットが出るようですが、オーダーしたのはBDの方です。

BDには、いつものスティーブン・ウィルソンのリミックスの例に漏れず、2016ミックスをステレオと5.1サラウンドで、24bit/96KHz のハイレゾで収録しています。さらに、オルターネートミックスに加えて、歌部分を取り出した「シングル曲」も作ったそうです。これがCD2収録なのかな。また、ライブやスタジオでもを含めたオルタネートアルバムも作ったそうで、これがCD3に収録されているそうです。

さらに、オリジナルのフラットトラスンスファーを24bit/192KHzで収録しています。リミックスも楽しいですが、やはりオリジナルがハイレゾで聴けるのは嬉しいです。

さらに、UKビニルの針落としを24bit/96KHzで、それからインストミックスも24bit/96KHzで収録しているそうです。

盛りだくさんで楽しめそうなアルバムです。こちらは遅れもなくリリースされると思うので、Burning Shed でオーダーしました。アルバムが¥3038、送料¥842の計¥3789です。

Yes / Fragile のリミックス版

スティーブン・ウィルソンの手になる、イエスの「こわれもの」のリミックス版「Yes / Fragile」が Burning Shed から届きました。私が入手したのは CD+Blu-ray 版です。

Yes / Fragile

2015 mix は 24bit/96KHz で収録されています。他に、アディショナル・トラックスとしてリハーサル・テイクやデモなどを収録しています。この中に、「All Fighters Past」と題された未発表曲が入っています。リック・ウェイクマンのオルガンが大活躍する曲ですし、アルバムに入れてもよかったくらいのクオリティです。

それから、いつものインスト・ミックスもあります。これらも24bit/96KHz収録です。

あと、2002年に発売されていた DVD-Audio 版のサウンド音源も2CHとサラウンドを24bit/96KHzで収録しています。DVD-Audio版音源は、日本だとSACDででていますけれど、また聴けるのは嬉しいですね。

さらに、オリジナルのアナログマスターテープのフラット・トランスファーが24bit/192KHzで入っています。マニアが最も望んでいるものはこの音源だったりして。耳に焼きつくくらい聴いたあのサウンドがハイレゾで聴けるのは嬉しいです。それから、UKアナログ盤の針落としも24bit/96KHzで収録しています。キング・クリムソンのUSAも、記憶に残るあのサウンドはアナログ盤の針落としが最も近かったですけれど、今回もそうなのかもしれません。

昔ながらのサウンドを聞くには、フラットトランスファーがありますけれど、やはりこのアルバムの目玉はスティーブン・ウィルソンの手になる 2015 ミックスです。クオリティは素晴らしいです。旧来のサウンドの雰囲気を壊さずに、現代的なサウンドに仕上げています。この腕前と耳の冴えはいつもながらすごいです。リミックス版というと、あまりのイメージの違いに途中で聴くのが嫌になってしまうものも多いのですが、彼のリミックスはそんなことはありません。この「こわれもの」も、決定版と言っていいくらい素晴らしいサウンドです。

これなら、ハイレゾで聴く価値がありますね。聴き込んでみると、今まで聴こえてこなかった音が聴こえて、様々な発見がありそうです。

Yes / Fragile のリミックス版

イエスの名作「こわれもの」、やっとスティーブン・ウィルソンの手になるリミックス版が10月30日に発売されます。

Blu-ray と CD のセットは、リミックス版を 24bit / 96KHz でサラウンドと2CHで収録しています。また、オリジナルのフラット・トランスファーも収録しているそうです。

それから、ボーナストラックを6曲収録していますが、のちに「The Revealing Science of God」や「Siberian Khatru」の一部となる「All Fighters Past」という曲を収録しているそうです。これは聴きものですね。

さらに、いつものSWミックスらしく、インストバージョンも収録しているそうです。

まだアマゾンには載っていないようですが、クリムゾンのボックスとあわせて楽しみです。

しかし、イエスのリミックスシリーズもこれで最後なのでしょうか。「Drama」や「Tales from Topographic Oceans」もリミックス版がリリースされることを期待しているのですが、どうでしょうね。

Yes / Like It Is – Yes at the Mesa Arts Center が Amazon MP3 と iTunes Store に載りました

イエスの「危機」と「こわれもの」の再現ライブを収録した、アリゾナの2014年のライブ「Yes / Like It Is – Yes at the Mesa Arts Center」、Amazon デジタルと iTunes Store にも載りました。

Yes / Like It Is - Yes at the Mesa Arts Center

どちらも、発売は7月3日です。CDを買う気はないので、デジタル版で配信されるのは嬉しいです。リッピングの手間もかかりませんし、置く場所もないですからね。

あとは、Blu-ray をどうするか考えています。日本公演は観に行きましたし、ビデオも見てみたい気がします。米アマゾンだと20ドルですね。エイジアのサンフランシスコのライブ Blu-ray と一緒にオーダするといいかな。

Like It Is: Yes Live at Mesa Arts Center [Blu-ray] [Import]

Yes / Progeny の7公演が全て iTunes Store に載りました。

CDボックスセットでも発売される、イエスの1972年のライブを収録したアルバム「Yes / Progeny: Live from Seventy-Two」の7公演すべてが iTunes Store にも載りました。

Yes / Progeny: Live from Seventy-Two

各公演1600円です。7公演で11200円になります。ジャケットが全部同じなのがちょっと残念。

フル公演が発売されたので、ダイジェスト版の「Progeny: Highlights From Seventy-Two (Live) – イエス」の方はキャンセルしました。CDボックスもキャンセルして、リッピングの手間も省けました。

日付順に聴いてみようかな。

Yes / Like It Is-Yes Live At The Mesa Arts Center の Blu-ray

先に日本盤の発売が発表になった、イエスの「こわれもの」「危機」の再現ツアーのライブ「Yes / Like It Is-Yes Live At The Mesa Arts Center」、米国のアマゾンに載りました。(アルバムジャケットはDVD/CDセットのものが流用されています)

Yes / Like It Is-Yes Live At The Mesa Arts Center [Blu-ray]

アルバムタイトルは「Yes It Is」で、アルバム「Going For The One」と「The Yes Album」の再現ライブを収録した「Like It Is – Yes at the Bristol Hippodrome」と同じです。今回のはサブタイトルが「Yes Live At The Mesa Arts Center」ということで、再現ライブは「Like It Is」というタイトルで揃えるのかな。「Drama」や「Relayer」の再現ライブにも期待したいところです。

Blu-ray は米国から入手して、サウンドは iTunes Store に期待することにしましょうか。

イエス “危機”&“こわれもの”完全再現ライヴ〜ライヴ・イン・アリゾナ 2014【通常盤Blu-ray】

2014年11月の「危機」「こわれもの」再現ライブが印象的だった Yes ですが、そのツアーのアリゾナ公演が Blu-ray と CD で6月17日にリリースされます。

イエス “危機”&“こわれもの”完全再現ライヴ~ライヴ・イン・アリゾナ 2014【通常盤Blu-ray】

曲目リストを見ると、ホントに「危機」と「こわれもの」の曲だけで、新作アルバムの曲やアンコールは収録していないですね。全曲を収録した日本公演のオフィシャルブートにも価値があります。

Blu-ray のみのものと、Blu-ray + CD、それからCDだけのセットも発売されます。音源は iTunes Store で入手することにして、Blu-ray を入手しようかな。

Yes / Progeny: Highlights from Seventy Two が iTunes Store に載りました

イエスの、1972年のライブ「Yes / Progeny: Highlights from Seventy Two」、最初より少し遅れて5月26日発売です。

Yes / Progeny: Highlights from Seventy Two

少し前にCD14枚で7公演を収録したボックスセット「Progeny: Seven Shows from Seventy Two」をオーダーしました。

リッピングが面倒なので iTunes Store に載ることを期待しているのですが、ボックスセットではなくて抜粋の2枚組CDに相当する「Progeny: Highlights from Seventy Two」の方が載りました。

iTunes Store で予約注文したのですが、ボックスセットの方は載らないのかな。CDボックスをキャンセルすべきかどうか、考えているところです。まあ、いい演奏を集めたハイライト版を iTunes で聴けば十分な気もしますが…

Yes / Progeny: Seven Shows from Seventy Two

イエスの、1972年の発掘音源7公演が14枚組CDボックスセット「Yes / Progeny: Seven Shows From Seventy-Two」として、5月21日に発売されます。

Yes / Progeny: Seven Shows From Seventy-Two (14CD Deluxe Box)

米国のアマゾンに乗っていますが、日本や英国のアマゾンはまだですね。近いうちに載るかな。

amass さんの記事「イエスが72年秋<Close To The Edge>ライヴ・ツアーから7公演分を収めた14CDボックスセット『Progeny』を5月発売 」に日付が載っていますけれど、1972年10月31日のカナダ・オンタリオから、11月20日の米国ナッソーまでの7公演です。Progの記事「Yes to launch lost live recordings」によると、ビル・ブルフォードが脱退してアラン・ホワイトに交代した直後の公演だったそうです。ブルフォードがドラムのライブのフルセットを期待したのですが、違っていてちょっと残念。

曲目リストを見ると、Yessongs の13曲に対して、このライブに収録されているのは各公演とも10曲で、少し少ないようです。

リッピングも面倒なので、iTunes Store の配信を期待したいところですが、例のワードレコードがしゃしゃり出てきて値段を吊り上げた上に、曲目表記をカタカナにされたりしたら迷惑千万ですね。その時は、米国アマゾンから入手するかな。