Steve Hackett / Wolflight 公式サイトでハイレゾ配信も

スティーブ・ハケットの新作アルバム「Steve Hackett / Wolflight」3月30日発売です。

Steve Hackett / Wolflight

Burning Shed だと CD+Blu-ray ですが、アマゾンはCDのみの版を扱うようです。

公式サイトの Hackett Songs では、CD、CD+Blu-ray、LP に加えて、MP3、CDクオリティ(16bit/44KHz)のFLAC、そして 24bit/88KHz のハイレゾFLACも用意されています。

価格は、MP3で8ポンド、CDクオリティで10ポンド、ハイレゾで12ポンドです。

日本の変なレコード会社のように、CD音源に加工して作ったニセレゾでもないでしょうし、アーティストのサイトから買うのは安心できます。Hackett Songs からハイレゾ版を買うことにします。

Steve Hackett / Wolflight

スティーブ・ハケットの新作アルバム「Steve Hackett / Wolflight」3月30日発売です。

Steve Hackett / Wolflight

Genenesis 再現ツアーを経た後のアルバムですし、ジェネシスの頃の雰囲気を取り入れたソロアルバムだと嬉しいですね。

Burning Shed の予約ページは、タイトルは CD/Blu-ray とありますが、ページの中身にはDVDとあり、24bit/48KHz のステレオとサラウンドを収録とあります。DVDなのか、Blu-ray なのか、どちらでしょうね。Blu-ray だけど、96KHz じゃなくて 48KHz 収録なのでしょうか。元の録音から48KHz だとか?

iTunes Store には載らなさそうですが、公式サイトでダウンロード版やハイレゾ版の販売もありそうです。こちらを期待して待とうと思います。

Steve Hackett / Genesis Revisited: Live at the Royal Albert Hall

ジェネシスの曲を再現するスティーブ・ハケットのライブ Genesis Revisited ですが、昨年発表の「Genesis Revisited: Live at Hammersmith」につづいて、こんどはアルバートホールのライブ「Steve Hackett / Genesis Revisited: Live at the Royal Albert Hall」が、7月8日に発売されます。

まだ公式サイトにも情報は載っていないようですが、こんどはCDのみでDVDは無しでしょうか。英米だと Amazon MP3 や iTunes Store にもあるようですが、日本でもそろそろ載せてくれないかな。発売まで、もうちょっと様子を見ます。

Steve Hackett / Genesis Revisited: Live At Hammersmith

スティーブ・ハケットの、今年5月のハマースミス・アポロの公演を収録したCD+DVD「Steve Hackett / Genesis Revisited: Live At Hammersmith」、10月29日発売予定です。

Steve Hackett / Genesis Revisited: Live At Hammersmith

今年6月8日には、クラブチッタのライブに行ったのですが、その少し前の英国公演のライブなので、曲目リストの流れはよく似ています。しかし、ロンドンの公演と言うこともあり、ジョン・ウェットンやジャッコが客演しているようです。

アマゾンはCD1枚となっていますが、これは間違いでしょうね。Burning Shed や公式サイトの Hackett Songs にでも入手できます。Hackett Songs で予約注文すると、スティーブのサインがつくそうです。

Steve Hackett のライブ(2013.6.8、クラブチッタ、川崎)に行ってきました

2013年6月8日に、川崎のクラブチッタでひらかれた、スティーブ・ハケットのライブに行ってきました。

ライブは5時から始まったのですが、前座もなくメンバーが登場しました。オープニングは予想通り「Watcher of the Skies」です。メロトロン風のイントロが流れただけで歓声と拍手があがります。スティーブ・ハケットはステージ中央最前で主役然としていて、ボーカルのナッド・シルヴァンは少し後ろに立っているのですが、最初から演劇的な動きが目立ちます。望遠鏡を取り出して、空をみる様子を演じたりしていました。

スティーブがMCで、「聴いたことがない曲だったでしょ?」と笑いをとった後、「今日はジェネシスの曲の晩です」とアナウンスして歓声。「Lambの曲、Camber of 32 Doors」とアナウンスして演奏が始まりました。この曲を演奏するのは期待していたので、2曲目に出てきて満足。ナッドの声はピーター・ガブリエルに似ているのでより気分も盛り上がります。

「Lamb の1年前は Selling England by the Poundというアルバムを作った。Dancing With The Moonlit Knight」と曲をアナウンスしました。ナッドは曲の時代に合わせて服装をかえているようで、最初は黒い服、2曲目は白い服、この曲は黄色いベストを羽織っていました。

その次は、「Fly On a Windshield 〜 Broadway Melody Of 1974」のメドレー。ジェネシスのスタジオやライブよりも音が分厚く、ドラムもシャープで迫力のある演奏です。Lamb からの演奏でなかったのはちょっと残念な気もしますけれど、スティーブの好きな曲ではないのでしょうね。

「これも Lambからの曲、The Lamia」とアナウンスしてメロディーの美しいこの曲。ここからは曲名のアナウンスもなく、次は「The Musical Box」。イントロのオルゴールっぽい音で曲目はすぐわかりました。ナッドはリズムに合わせて表情を変えてみたり、曲にノって踊るのではなく、動きをよく考えた演劇的な演出で目立ちます。

つぎは、アコースティックギターを手にして「Horizons」それから、アルバム「Wind & Wuthering」の最後の4曲をメドレーで演奏。ここまでガブリエル時代の曲ばかりでしたし、ナッドの声がガブリエルそっくりなのでフィル・コリンズ時代の曲は外すのかと思ったりしたのですが、そんなことはなかったです。このメドレーもギターとバンドアンサンブルがすばらしい、分厚いサウンドです。

Afterglow を演奏すると「これでおわり」という雰囲気にちょっとなるのですが、もちろんまだ終わらずキーボードの効果音っぽい音から「I Know What I Like」そして4人編成時代の「Dance on a Volcano」「Entangled」と続きます。

そして、最後の曲はやはり「Supper’s Ready」のフルバージョンです。今回のライブの目玉ですね。ナッドの演劇的な動きも一段と際立ちます。

アンコールは「Firth Of Fifth」ピアノのイントロで大歓声があがります。ロングトーンのギターソロが素晴らしい。サックスのソロもうまく絡んでいました。

最後は「1、2、3、4」のかけ声から「Los Endos」。ピーター・ガブリエル時代から4人編成時代にかけてのジェネシスのエッセンスを凝縮したすばらしい演奏でした。ベースの人も、ギターとベースのダブルネックを弾いたり、ギターを弾いたりと、マイク・ラザフォードに負けない活躍ぶりでした。

スティーブ・ハケットは、音楽を極めて演奏やアルバムの完成度を高めるというよりは、みんなで楽しく演奏できればいいやという緩い感じの人の気がします(だから、Genesis Revisited II にも自分のソロの曲を混ぜたりしている)。今回のライブでも、ジェネシスと銘打ちつつもきっと演奏するのだろうと予想してたソロ時代の定番曲の「Camino Royale」や「Shadow Of The Hierophant」などの演奏もなく、完全に Genesis の曲だけになっていました。まるで、ジェネシスの再現でしたね。その点で、完成度も満足度も非常に高いライブだったと思います。これだけ完成度が高ければ構成も変えにくいと思うのですが、ほかの日の演奏曲目もほぼ同じだったのでしょうか。

あと、観客のノリもすごくよかったですね。かけ声や歌が入るタイミングもとてもよかったです。

今回はオフィシャル・ブートの企画はなかったようですが、公式ライブ盤も出してほしいですね。

スティーブのギターもそうですが、ボーカルの Nad Sylvan がとても印象的でした。今回のライブがまとまりよくジェネシスサウンドになっていたのは、彼の貢献が大きかったと感じます。すばらしさに感銘を受けたので、会場でサイン入りのソロCDを買ってきたくらいです。彼がボーカルを務めている Agents of Mercy も聴きなおしてみようと思います。

Steve Hackett 2013/6/8 (Sat.) Club Citta’, Kawasaki

  1. Watcher of the Skies
  2. Chamber of 32 Doors
  3. Dancing With The Moonlit Knight
  4. Fly On a Windshield 〜 Broadway Melody Of 1974
  5. The Lamia
  6. Horizons
  7. Blood on the Rooftops 〜 Unquiet Slumber For The Sleepers… 〜 …In That Quiet Earth 〜 Afterglow
  8. I Know What I Like
  9. Dance On a Volcano
  10. Entangled
  11. Supper’s Ready
    (Encore)

  12. Firth Of Fifth
  13. Los Endos

Steve Hackett / Genesis Revisited I

もうすぐ来日するスティーブ・ハケットの1996年のアルバム「Steve Hackett / Genesis Revisited I」を聴いてみました。

Steve Hackett / Genesis Revisited I

このアルバムは iTunes に取り込んでいなかったのですけれど、「東京テープス」の前にスタジオ盤のアルバムがあったのでしたね。私が持っているのは96年にリリースされた盤ですけれど、今年の2月にもリイシューされていたようです。やはり、ツアーに備えてプリントしたのでしょうね。

改めて iTunes に取り込んで聴いてみると、ちょっと変わったアレンジを施そうと思ったのか、いろいろな音や楽器を加えていて万華鏡をのぞいているかのようです。ちょっとやりすぎの気もしますね。昨年の「Genesis Revisited II」のほうが素直に演奏していて好ましい感じです。

もっとも、I の方は参加メンバーは豪華ですね。ジョン・ウェットンやビル・ブルフォードが参加している曲もあります。こちらの曲にも、演奏するものがあるかもしれませんね。

Steve Hackett / Fire and Ice の DVDを予約オーダー

スティーブ・ハケットのライブDVD「Fire and Ice」11月21日発売予定なのですが、予約オーダーしてみました。

プログレのWebマガジン「DPRP News」で紹介されていたのですが、昨年2010年10月30日のロンドン・シェハーズブッシュ・エンパイアで収録したライブで、外は吹雪だったのだそうです。ジョン・ウェットンとスティーブン・ウィルソンが客演したとありますね。

Hackett Songs でオーダーしたところ、DVDが12ポンド、送料が3.5ポンドで計15.5ポンドでした。DVDはPAL形式なので注意する必要があります。XBOX360で再生できると思いますし、リッピングして Apple TV で見るのも問題ない筈です。

あと、DVDを発売日までに予約すると、サウンドのMP3ファイルをダウンロードすることができます。早速聴いているところですが、1曲目からダークな雰囲気で良い感じです。

Steve Hackett / Beyond the Shrouded Horizon

スティーブ・ハケットの新作アルバム「Steve Hackett / Beyond the Shrouded Horizon」、9月27日発売予定です。

Steve Hackett / Beyond the Shrouded Horizon

このジャケットデザインだとアコースティックギターの演奏を収録したアルバムでしょうか。楽しみです。

アマゾンでCDも買えますが、公式ダウンロードストアだと、MP3 に加えて、16bit FLAC、そして更に高音質な24bit FLAC も手に入るようです。これも9月26日(日本時間だと27日かな)に発売開始とありますね。公式ストアで入手しようと思います。

あと、iTunes Store にも載りそうです。Amazon MP3 は初期のアルバムが中心の品揃えのようなので、載らないかもしれませんね。

Steve Hackett / Live Rails のダウンロード販売

スティーブハケットの新作ライブアルバムがダウンロード販売されています。

Steve Hackett / Live Rails

CDクオリティのロスレスFLAC形式で10ポンド、256KbpsのMP3で8ポンドです。MP3の方にしようかな。曲目リストは、こちらのCD販売ページの方に載っています。2009年、2010年のパリ、ロンドン、ニューヨークのライブから収録したとあります。CDは12ポンド+送料のようですね。

クレジットカード情報を入れて購入手続きをすると、すぐダウンロードできます。時間は30分程度かかるようです。あちらまでの回線が細いようですね。

スティーヴ・ハケット / スペクトラル・モーニングス・ライブ DVD+CD

以前ジェネシスのギタリストでもあった Steve Hackett の初ソロツアーのDVD「スペクトラル・モーニングス・ライブ」がCDつきで8月25日に発売されるそうです。

スティーヴ・ハケット / スペクトラル・モーニングス・ライブ DVD+CD

スティーブ・ハケットの最初のソロアルバムと言えば「Voyage of the Acolyte」で好きな曲もたくさん入っていますが、このDVDのタイトルにもなっている「Spectral Mornings」は3枚目のアルバムです。スティーブ・ハケットの新鮮なライブが聴けそうですね。

輸入盤もあるようですけれど、日本盤でも大差ないようですから日本盤をオーダーしておきました。