Jeff Beck / Twilight of the Idols (Live 1967-1968)

ジェフ・ベックの1967年から68年のジェフ・ベック・グループ時代のライブ『Jeff Beck / Twilight of the Idols (Live 1967-1968)』です。今年の4月頃には配信されていたようですね。

Jeff Beck / Twilight of the Idols (Live 1967-1968)

CD2枚組で、CD2の後半はフィルモア・イーストのライブだそうです。CD1はBBC音源でしょうか。ロッド・スチュワートがボーカル、ロン・ウッドがベースの時代すね。レッド・ツェッペリンもカバーしてた「You Shock Me」も3テイク入っています。

音質は、録音日によって結構バラバラです。これも、ブートですかね?

Jeff Beck / Live 1975

Alive The Live から、ジェフ・ベックの1975年のデトロイトのライブを収録した『Jeff Beck / Live 1975』、10月31日発売です。

Jeff Beck / Live 1975

Alive The Live はジャケットの質もあんまり高くないですし、まるでブートみたい(というか、ブートのコピー?)な気もするのですけれど、この前買ったUKのアルバムは3枚ともまあまあいい音でいい演奏だったので気を良くしています。

このライブは、アルバム「Blow By Blow」の発表後のライブで、BB&Aを解散してインスト路線に切り替えた時期のライブです。ブートでも聞いたことがないので、興味が湧きますね。曲目を見るとBB&Aで演奏していた「Superstition」も入っていますし、面白そう。

Apple Music にも、出所がよくわからないライブ音源が載っていることがあるのですが、この1975年のライブはApple Music にも載っていなさそうです。他にもジェフ・ベックのライブは新旧取り混ぜて5枚リリースされるようですけれど、このライブは聴いてみようかな。

1999年の東京のライブと思しき音源は、Apple Music にも載っていますよね。

Jeff Beck / Live at the Hollywood Bowl 2016 の Blu-ray

ジェフ・ベックのデビュー50周年記念のライブを収録した「ジェフ・ベック / ライヴ・アット・ハリウッド・ボウル 2016」、9月27日発売です。

ジェフ・ベック / ライヴ・アット・ハリウッド・ボウル 2016

『ジェフ・ベック/ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 2016』オフィシャルサイト | ~ Jeff Beck / Live At The Hollywood Bowl 2016」にヤードバーズ時代の「トレイン・ケプト・ア・ローリン」の演奏が載っていますけれど、お祭りっぽい感じですね。

ヤン・ハマーも出演するそうなので、「ブロウ・バイ・ブロウ」の頃の曲に加わるのでしょうね。見てみたい気もしますけれど、WOWOWあたりで放送されればそれでもいい気もするかなw 海外でも10月初旬にはリリースされるそうなので、海外版の値段を見てからどうするか決めましょう。

ジェフ・ベック / ワイアード-SACDマルチ・ハイブリッド・エディション

ジェフ・ベックの1976年のアルバム「Wired」のSACDです。

ジェフ・ベック / ワイアード-SACDマルチ・ハイブリッド・エディション-(紙ジャケット仕様)

リッピングできないSACDにはあまり関心がなかったのですが、このSACDはかつてLPレコードで出ていた4チャンネルのマスターを収録しているところがポイントです。レコードの頃には、SQとかQSとかってエンコーディングがありましたね。そのマスターテープをデジタル化したようです。

日本企画盤とありますし、ジェフ・ベック自身は関与していなさそうです。まあ、リマスタリングに興味があるようには見えない気がしますよね。2016リマスターとあるのが気になるところです。CDもSACDのデータからCDのマスターを作ったとあります。

mora の方にも、2016.11.2 の日付で 24bit/96KHz の「Wired」が載っていますが、これもSACDのマスターから作ったものなのかな。ハッキリ書いてないでよくわからないのですが、そうならば聴いてみたい気もします。

Jeff Beck / Loud Hailer

ジェフ・ベックの新作「Jeff Beck / Loud Hailer」、7月15日発売です。

Jeff Beck / Loud Hailer

今回は女性ボーカルが加わっているそうです。アルバムをリリースするたびに、新しいチャレンジを見せるのがジェフ・ベックらしいですね。

特に先行配信はまだないようですが、iTunes Store にも載っています。Apple Music でも聴けそうですね。

Jeff Beck / Live And Exclusive From The Grammy Museum

Jeff Beck が2010年に発表したライブアルバムの「Jeff Beck / Live And Exclusive From The Grammy Museum」です。

Jeff Beck / Live And Exclusive From The Grammy Museum

タイトルにグラミー・ミュージアムと入っているので、ロカビリーのカバーものかと思ってスキップしていたのですが、「Live+」をチェックする時にみてみたら、ちゃんとしたベックの曲のライブアルバムです。

ベースが交代して、骨太な音になったのもいい感じです。2010年のアルバム「Emotion & Commotion」の曲も入っています。

iTunes Store には、サウンドのみのものと、ビデオとバンドルしたものと両方が入っています。

サウンドのみの方を買ったのですが、気が変わってビデオが欲しくなったら差額で入手できるようです。これは気が利いています。

Jeff Beck / Live+

ジェフ・ベックの、2014年のライブからセレクトした14曲と、スタジオ曲2曲を含む新作「Jeff Beck / Live+」、5月19日発売です。

Jeff Beck / Live+

タイトルのプラスの意味は、ライブ・プラス・スタジオということでしょうか。

アマゾン・デジタルには載っていませんが、iTunes Store には載っているので、こちらで予約しようと思います。

Jeff Beck / Live in Tokyo の Blu-ray

ジェフ・ベックの2014年の東京公演を収録した Blu-ray、「Jeff Beck / Live in Tokyo」、11月25日発売予定です。

Jeff Beck / Live in Tokyo [Blu-ray]

今回のジャケットはサングラスですね。ジェフ・ベックのライブもロニー・スコッツの2009年のライブBDに続いて二つ目の公式ビデオですね。

例のワードレコーズから定価6000円の日本盤(アマゾンで4418円)が出るためか、今のところ日本のアマゾンでは輸入盤は扱っていないようです。米国アマゾンでは14ドルですし、英語はわかるから特に字幕も必要ないので、米国アマゾンへ注文しようと思います。Transatlantic のライブBD「Kaliveoscope」と一緒に頼めば良いかな。サウンドが iTunes Store に載ればなお嬉しいですね。

Jeff Beck / YOSOGAI

ちょうど来日しているジェフ・ベックの来日記念シングル盤「Jeff Beck / YOSOGAI」です。

Jeff Beck / YOSOGAI

未発表曲2曲とライブということですが、ちょっと聴いただけでジェフ・ベックのギターとわかるサウンドは変わりません。特に、1曲目はいかにもジェフという曲です。2曲目と3曲目は歌入りです。

CDで1500円、Amazon MP3 と iTunes Store にも載っていて700円です。

Jeff Beck / Live in Tokyo 1999

ジェフ・ベックの1999年の東京公演のライブCD「Jeff Beck / Live in Tokyo 1999」をオーダーしてみました。

Jeff Beck / Live in Tokyo 1999

amass さんの記事「ジェフ・ベックのライヴCD/DVD『Live in Japan 2006』が発売 – amass」をみて、2006年のライブをアマゾンで探していていたら、1999年のライブを見つけました。

NHKで放送されていて、ブートや YouTube にもありそうですが、あの音源でしょうね。NHKの録音そのままであれば、アマゾンのユーザー評価にあるように音質が悪いのも頷けます。NHKの録音センスは最低ですものね。

そして、同内容と思われる音源が Amazon MP3 にも載っているのですが、こちらは Vol.1と2に分割されていて各1200円とCDより割高なのが残念。CDも1600円くらいですし、500円にしてくれたらこちらを買ったのに。とりあえず、試聴は出来ます。同じ音源は iTunes Store にもありますが、こちらは各1350円とさらに高価です。試聴してみると、そんなに良い音ではないですね。やはり、テレビ録音という感じです。まあ、FMラジオ音源と思えば聴けるでしょうか。

この1999年のライブですが、DVDでも出ているようです。こちらも、VHSの映像をDVDにしたのではないかと酷評されています。

上記 amass さんの記事の2006年のライブも、この1999年のライブをリリースしているのと同じ Immortal Records のようですし、あまり期待できないのかな? WOWOW で放送ってありましたっけ。