Apple Music はすばらしい

7月1日の深夜に、iOS が8.4 にアップデートされ、Apple Music が iPhone や iPad, iPod touch などの iOS デバイス、そして Mac や PC で使える iTunes で始まりました。

音楽配信サービスのキモは「レコメンデーション」だと思うのですが、Apple Music アプリを開いてオススメの「For You」を開いて最初に表示されたのがこれでした。他にも次々とプレイリスト候補やアルバムが表示されるのですが、好みにぴったりでセンスがすごくいいです。この点でだけでも、LINE Music などの他社のサービスよりはるかに優れています。やはり、iTunes と統合してこれまでの再生データを生かしているからなのでしょうね。

これまでも、iTunes Match を使って、CDをリッピングしたりAmazon MP3で買ったりした自分のライブラリをクラウドにアップロードして、iTunes Store で買った曲とともにストリームで聞いていました。Apple Music を使うと、オススメされたり、自分で検索して探したアルバムや曲を「+」をクリックすることでそのまま自分のライブラリに登録できます。登録してしまえば、どこから入手したのかはリスナーには全く見えません。

これはすばらしいです。これまで、気にはなるけれど買うほどではなかったアルバムやアーティストをいくらでも選んで自由に聴くことができます。一部 Apple Music に加わっていないアーティストやアルバムもあるものの、私が見た範囲ではセレクションも広く、十分楽しめます。これならば、月あたり980円の価値も十分すぎるくらいあります。

レコードやCDという媒体を売るのがかつての音楽産業でしたが、iTunes Store ができてダウンロードして対価を受け取るのが音楽産業になりました。さらに、Apple Music ができて、曲を聴いてもらった分だけ対価を受け取るシステムに変わりました。Apple Music は、音楽ファンにとっても、バンドにとってもすばらしいと思います。

逆に言えば、Apple Music に載っていない曲はもう聴かないですね。

iPhone Lightning Dock を買ってみました

Apple純正の iPhone 用 Lightning Dock を買ってみました。

iPhone Lightning Dock

なぜか、アマゾンでは扱っていないようです。Apple Store でオーダーしました。

この写真は iPhone 5s のようですね。私のは iPhone 6 Plus でドック本体よりも幅はあるのですが、さすがに純正なので iPhone を差し込んでも安定感があります。

写真のiPhoneはバンパーも付いていますし、薄めならケースがあっても大丈夫そうです。私は、ちょっと前に書いたように、ストラップをつけるためにクラレリア素材のケースを使っているのですが、ドックの使用にも問題はありませんでした。

Apple純正で、ケースとともに使えるドックが出たのはこれが初めてですね。コネクタだけで支える構造なのですが、特にグラグラする感じもなくしっかり立っています。

これまで、充電ケーブルを挿しておいてあったのですが、ケーブルを引っ掛けて落下することもありました。これならば、安心して充電できそうです。

アップル社の新しいミュージックサービスである Apple Music

今朝の WWDC 2015 で、アップル社が新しい音楽サービスの Apple Music を発表しました。

よく「定額音楽配信サービス」と呼ばれているストリームサービスの一つではあるのですが、アップルのWWDCのKeynoteでも、その点はあまり強調されていませんでした。

下のリンクはKeynoteのビデオですが、Apple Music の説明は103分あたりからです。

これまで、日本でも「定額音楽配信サービス」は、もうやめてしまったソニーや、ケータイキャリアのドコモやauのものなど、複数が存在しています。また、LINE も新しくサービスを始めると話題になっています。

ソニーとドコモとauのものを試してみたことがあるのですが、どれも非常に使いにくいものでした。定額配信サービスは多くの曲を聴くことができるのですが、逆に望みの曲を探すことが簡単ではありません。

上記3社のサービスも一応プレイリストを用意して曲を聴くことができたのですが、たとえば「邦楽ヒット曲」「80年代洋楽」などと分類が非常に曖昧で焦点が絞れていないため、ほとんどの曲が全く興味のないものでした。もっと好みにピッタリ合ったシャープな分類をしてくれないと、とても聞く気にならないです。

Apple Music New

iTunes は、これまでも Genius Playlist のようなすぐれた選曲システムをもっており、自分が買って所有している曲を iTunes Match に入れてクラウド経由で聞くことができました。これを、iTunes Store 全体(に近い)曲を対象に Genius Playlist が作成されて買っていない曲まで聴けるとすると、それだけでもとても良さそうです。メニュー左下の「For You」がこのレコメンデーションに相当するものだと思います。

さらに「New」で自分の好みに基づいて新しいアルバムや曲やアーティストが紹介されるなら、これもとても望ましいサービスです。マスメディアが取り上げるような曲、すなわちレコード会社や電通が売りたい曲を聴くならば情報も多々入るでしょうが、ちょっとマイナーな分野が好きだと新譜の情報もなかなか入らず、見落としがちでした。

これまでは、音楽好きの皆さんのブログやサイトをチェックして新曲の情報を得ていたのですが、これに「New」が効果的に加わってくれるなら大歓迎です。

また、DJが選曲する「Radio」が登場するのも楽しみです。昔はラジオを聞いて新しい音楽と出会ったものでしたが、その楽しみが復活しそうです。24時間休みなしで放送されるそうですし、気になる曲やアーティストをプレリストに入れたり、関連曲やアルバムをすぐ聴くことができるなら楽しみが広がります。

あと、講演でも言っていましたが、新曲の試聴、PV、そしてアーティストがSNSで発する情報を一箇所にまとめた「Connect」も、私が好きなアーティストが情報発信してくれたら有用なものになりそうです。

Apple Musicは、これまではどのレコード会社もどのサービスも達成できなかった、「新しい音楽を発見する」楽しみを提供してくれそうです。日本でサービスが始まるのをとても期待しています。

願わくば、プログレの曲も多数入りますように。

Apple Watch が届きました

予約開始日の4月10日、開始時間の4時を数分過ぎたあたりで注文した Apple Watch でしたが、発売開始の24日から6日目の、昨日に届きました。

LG G Watch とApple Watch

表示は美しくて直射日光の下でも十分表示が読めます。また操作に対する反応もスムーズですし、通知も読みやすいです。特に、デジタル竜頭を動かした時の反応の滑らかさは素晴らしいです。

左は、これも発売すぐに入手して使っていた LG G Watch ですが、ちょっと大きすぎててからはみ出す感じがありました。Apple Watch は 42mm のモデルなのですが、手からはみ出す感じもなく丁度良い大きさです。

普段、音楽は Apple のクラウドサービスである iTunes Match に登録した曲と iTunes Store で買った曲を、iPhone を使ってストリーム再生しています。3万曲くらいのライブラリから好きな曲を呼び出してすぐ聞けるのはとても便利です。

そして、イヤホンには Beats のワイヤレスイヤホンである PowerBeats 2 に Bluetooth で接続して聴いています。これまで、アーティストとアルバムを選ぶ操作は iPhone の画面で行い、一時停止やスキップ、音量調整は PowerBeats のリモコンで行ってきました。

IMG 0836

これに Apple Watch が加わったのですが、時計画面から下にスワイプすることでミュージックがすぐに呼び出せます。一時停止や、前の曲・次の曲をすぐ選ぶことができます。また、竜頭を動かすと下の音量コントロールが滑らかに行えてとても便利です。

また、ここで画面をタップするとミュージックアプリを呼び出し、アーティストやアルバムを選んで聴くこともできます。3万曲もあるので長大なリストから選ぶのですが、スワイプや竜頭で割と楽に探すことができます。

これまで、電車に乗りながら iPhone を取り出して選曲するのはちょっと手間だったのですが、これからは Apple Watch の画面ですべての操作を行えそうです。音楽ファンにとっては、これだけでも十分利用価値がありそうです。

Apple Watch 用のスタンドを注文しました

Apple Watch の発売も1週間後になりました。Apple Watch の充電スタンドも幾つか出ていますが、デザインが良さそうなこれを注文してみました。

【日本正規代理店品】Twelve South HiRise for Apple Watch (デスクトップ充電スタンド) ブラック TWS-ST-000035

Watch がスポーツタイプの黒なので、スタンドもあわせて黒にしてみました。バンドもラバーバンドなので、このスタンドほど気を使わなくても良さそうです。ケーブルは純正のものをセットするようなので動作は安心ですが、出かけた時の充電用に、ケーブルはもう一本買ったほうが良さそうですね。

iTunes Match が使えるようになりました

5月2日から日本でスタートした iTunes Match、初日に申し込んだもののなかなかセットアップが進みませんでしたが、今日(5月6日)の午後くらいから急に順調に進むようになり、使えるようになりました。サーバーを強化したのかもしれませんね。

一昨日の記事「iTunes Match をつかってみて」にも書きましたが、ライブラリの曲目が6万5千曲くらいあって入りきらないので、Option キーを押しながら iTunes を起動して iTunes Match 専用のライブラリを作りました。
iTunes の環境設定->詳細から、「ライブラリの追加時にファイルを”iTunes Media”フォルダにコピーする」をオフにします。これで、メインの iTunes ライブラリから曲をドラグ&ドロップで追加します。

最初は1000曲くらいでもなかなかマッチが上手くいかなかったのですが、一度セットアップに成功してからはトラブルもないようなので、どんどん曲を追加して6000曲くらいになりました。同期から解放されるのも便利ですし、以前にリッピングしたアルバムもマッチすれば iTunes の音源になるので、音質が良くなった気がします。

トラブル対策に役に立ったページは以下の二つです。

ステップ1で止まった場合は、一旦「停止」ボタンを押したあと、メニューの「Store」から「iTunes Match をアップデート」を選びます。

ステップ2で止まった場合は、「曲」表示にして列項目で右クリックして「iCloudダウンロード」と「iCloudの状況」をONにし、エラー曲を削除したりして対処しました。

AAC256Kbps だと1分あたり2MBですから、1曲のサイズは平均10MBくらいでしょうか。64GB の iPhone を使ったとして、曲に使うサイズを40GBとすると、40GB÷10MB=4000曲ですから、それを越える曲数をもう入れたことになります。

iPhone は今まで通り iTunes と同期して使い、iPad mini を iTunes Match のライブラリと同期して使おうかと思っていたのですが、iTunes Match が予想外に便利そうなので、iPhone に入れたくなってきました。

そうすると、同期用に iPod touch がほしくなってきます。しかし、今の第5世代の iPod touch はCPU等が iPhone 4S 相当で2世代前となりましたし、スペックアップしてほしいところではありますね。あと、非公式ながら iPhone 5S は 24bit/48KHz の再生に対応していると私の耳で聴いた音質から判断しているのですが、iPod touch 第5世代で対応しているかどうかが気になっています。

6月には iTunes Store がハイレゾに対応すると言う話もありますけれど、やはり 24bit/48KHz なのでしょうか。その辺りをにらみつつ、もうちょっとどうするか考えてみます。

Apple iPod touch 64GB スペースグレイ ME979J/A

Air Play 対応のスピーカーとして、ソニーの AV アンプである STR-DN1040 と Apple TV を使っていますけれど、これの価値も一段と上がりました。iTunes Store の音質でライブラリのどの曲も聴けます。

レンタルCDで取り込んだアルバムも iTunes Match に登録できますから、レンタルの人気も上がって日本のレコード会社も一息つけそうですね。逆に、ピンチなのが Amazon MP3 をはじめとする他社の音楽配信サイトですね。わざわざ iTunes に登録しなおすのも面倒ですし、2万5千曲の中に入ってしまうことを考えると、iTunes Store に比べて圧倒的に不利になったと思います。

iTunes Match を使ってみて

ー昨日、何の前触れも無く突然 Apple の iTunes Match サービスが始まりました。解説するニュースがたくさん出ていますが、自分が持っている iTunes の音楽ライブラリを全部 iCloud に預けて iPhone や iPad で聴くサービスです。iPhone に入れる曲を選んで同期する面倒な作業から解放され、ライブラリの好きな曲をいつでも聴けます。

米国では2011年から開始されていたサービスで、使いこなしのための記事も当時いろいろ出ました。

日本でなかなかサービスが始まらずに、3年以上もじらされて利用者が殺到しているためか(たぶん、それも上限の曲数に近い重量級の人ばかりw)マッチング作業にやたらと時間がかかるようですが、そのうち処理サーバーも空いてきて解決するのでしょうね。

改めて日本で使えるようになってみると、まず上限が2万5千曲というのはかなり厳しい制限ですね。私の場合は6万5千曲くらい入っていますので、とても全ての曲を入れることはできません。

また、iTunes Match を使うことにすると、iPhone や iPad の音楽ライブラリは iTunes Match のライブラリに置き換わってしまい、iTunes と同期することが全くできなくなってしまいます。

また、ちょっと試してみて思ったのですが、元の音楽ファイルが Apple ロスレス だとしても、マッチングするとAAC256Kbps の曲になっている気がします。AACに変換してから Apple へ送ってマッチングするそうですから、どのみち 256K AAC で登録されるのでしょうね。

つまり、iTunes Match を使うとライブラリの音楽を全て入れることはできない上に、ロスレスやハイレゾの曲を選んで iPhone に入れることができません。この1年でハイレゾ音源を聴くようになり、iTunes にも 24bit/48KHz の Apple ロスレス音源を入れて iPhone で聴いていただけに、これはかなりのマイナス点です。

そこで思い出したのが、2012年に TidBITS に掲載された記事「私がなぜあえて iTunes Match を試し、実際気に入ったか」です。

Option キーを押しながら iTunes を起動すると音楽ライブラリを選択できますけれど、この機能を使って iTunes Match 専用の iTunes ライブラリを作ります。このライブラリには、iTunes Match に入れることを前提にして、2万5千曲の上限に注意しながら、AAC や MP3 のアルバムだけを入れることにします。普段はメインの iTunes ライブラリを使い、iTunes Match の音楽を管理するときだけこちらのライブラリに切り替えます。

不要な曲を外すときにも、このライブラリから曲を削除すれば iTunes Match から曲が削除されるようです。設定->詳細から「ライブラリへの追加時にファイルを iTunes Media ファイルにコピーする」をオフにしておけば、曲ファイルの重複によってディスク容量を無駄にすることもありません。

スクリーンショット 2014 05 04 17 26

結局、iPhone は今まで通り iTunes と同期してロスレスの音源を聴くことにし、LTE iPad mini を iTunes Match に設定してライブラリの曲を聴くことにしました。

しかし、よく考えてみると、1曲あたりのファルサイズを平均10MBとすると、2万5千曲=25K曲ですから、10MB × 25K はたったの 250GB ですね。iTunes Match のような面倒な有料のしくみを作らなくても、ディスクサイズが 250GB の iPod Classic を出してくれればそれで済むような。いまの iPod Classic も 160GB ですものね。

新型12インチ MacBook の噂が気になる

昨日から、新型のMacBookが噂になっています。現行のMacBook AirのCPU更新が6月のWWDCで発表され、そのあと9月末あたりに年末に向けて12インチでレシナディスプレイを搭載したMacBookが出るということです。

この12インチの MacBook は、ファンレスとなり、またボタンの無い新設計のトラックパッドを採用しているそうです。

新しく出るという12インチのレシナ MacBook が Pro なのか Air なのかあまりはっきりしていない印象です。ひょっとすると、第3の新しいMacBookがリリースされるのかと想像をたくましくしたりして。

そう考えると思い出すのが、ちょっと前に中止になったと噂の流れた iPad 12 インチモデルです。iPad ですからレシナディスプレイでしょうけれどが、これと上の 12 インチ レシナ MacBook って同じもののことを言っていたりして。

Apple 社は製品を検討するときに、様々なプロトタイプを作ることが知られています。また、Mac の OS X と iPad の iOS は、ユーザーインターフェース(UI)は異なるものの、ベースとなっているOSは同じものです。iWork などのアプリケーションや操作に関して、OS X と iOS の差異を小さくしようとする方向性も感じられます。
一方、Mac に採用しているインテルのCPUは消費電力が大きいことからファンを外すことができず、また電池が大きいことが今の MacBook Air や Pro のデザインを規定しています。

これらを考えると、以下はまったく根拠のない想像ですが、噂されている 12インチの MacBook は、CPU にインテルではなく、iOS で使われている A7 (または、その後継の A8など)を採用しているのかもしれません。A7 から64ビット化してインテルのCPUと特性は同じになりましたし、一部のマックアプリなら動かすことができるのかも。XCode でアップルのクロスコンパイルの技術は定評がありますし、インテル版だけでなく、Aシリーズ用のバイナリーを作るのも容易そうです。CPUを iPad と同種のものにすれば、電池も小さくできるでしょうし、思い切って斬新なデザインで軽量の MacBook がデザインできそうです。

これまで、ノートパソコンといっても外で使うには大きく重く、モバイルの地位は iPad に奪われた感がありましたが、キーボードを使う用途にはやはりパソコンの方が向いています。新型の Mac Book が軽く電池が長持ちし、SIMロックフリーのLTEを搭載していたりしたら面白そうです。

ただの推測に基づく予想にすぎませんが…

WWDC 2013 キーノートで、Mac OS X Marvericks と iOS 7 が発表になりました。

日本時間で今朝早朝、6月11日の午前2時から、アップルのWWDC 2013キーノートが開かれました。

目が覚めたら見ようと思っていたのですが、結局目覚めたのは3時過ぎで、ちょうど iOS 7 の説明が始まったあたりでした。ビデオだと、70分あたりからです。昨年からだったか、ライブストリームのときからビデオ蓄積になっていて、スライダーを戻して好きなところから見られるのが便利です。

デザイナーで副社長となったジョニー・アイブの説明する機能紹介のあたりからすっかり目が覚めて、ライブストリームに見入ってしまいました。そして、中継が終わったところでもう一度最初から基調講演を見てみました。

ニュース記事も様々なものが出ていますが、見た中だと以下の The Virge の記事が一番コンパクトに要点をまとめていると思います。

デザインをフラットにしただけでなく、様々な点を見直して改良した iOS 7 は素晴らしいですね。もともとメイン機は iPhone 5 と iPad ですが、その地位はますます揺るぎないものになりそうです。

ネコ科の動物はやめて地名にかわった Mac OS X Marveriks も、プロセス回りなどの基本部分に手を入れて、さらに高速で使いやすいOSになっていそうです。

MacBook Air や Mac Pro などの新ハードウェアも魅力的ですが、為替相場補正の値上がり前に iMac を買ったところなので、しばらくは見送りです。

そして、iTunes Radio もとても面白そうです。日本ではなかなか出てこないストリームサービスですが、iTunes Radio が決定版となりそうですね。ほかのサービスを考慮する必要はなさそうです。ラジオやテレビの音楽番組も音楽雑誌も事実上消滅し、新しい音楽の情報を得るのはネット経由だけになっていましたが、新しい音楽に楽しく触れることのできそうな iTunes Radio には大きく期待しています。Apple のサービスが日本でも早期提供されることを望みますし、発展の邪魔しかしない旧弊な日本のレコード会社にはさっさと消えてもらいたいものです。

講演のビデオを見てみると、ティム・クックをはじめとする幹部の顔が明るいのが印象に残ります。また、「今後10年にわたる基礎を築いた」という言葉も何度か聞こえてきました。スティーブ・ジョブズ亡き後のアップル社の新たな方向性が固まったという印象を持ちました。今後も、着実にいい製品を作っていってくれそうですね。

Appleの30ピンコネクタに装着するBluetoothアタブタでスピーカーが復活

アップル iPhone / iPod のコネクタが30ピンのものから Lightning に変わって、このコネクタを使ったスピーカーが役に立たなくなってしまいました。ちょっと前に、海外のサイトの記事で30ピンコネクターに装着する Bluetooth アタブタの記事を見かけたのですが、米国から買わなくても、アマゾンで検索したら製品が見つかりました。

iPhone対応スピーカーが手元で操作できる!Bluetooth (ブルートゥース) 無線レシーバー SL-IBTADP-WH

何種類か見つかったのですが、一番安かったこれをオーダーしてみました。届いたユニットは Apple のケーブルに似た紙のパッケージに入っていました。

12V 電源しか供給していない古いタイプのスピーカーでは使えないものもあるという話だったのですが、手持ちの JBL on Station 400P や、BOSE Sounddock 10 では問題なく動作しました。これで、使い道がなくなってしまうと思っていたスピーカーが復活して、また使えるようになりました。

写真では分からなかったのですが、LEDが入っていてランプで接続状態を表示するようになっています。

Bluetooth なので、iPhone や iPad だけでなく、Androidから接続して使うこともできます。もうひとつ買っておこうかな。