FiiO の Bluetooth レシーバー搭載ヘッドホンアンプの Q5

FiiO の Bluetooth レシーバー搭載ヘッドホンアンプである Q5 を入手しました。

[FiiO]Q5 [AM3A]

アンプにはAM3Aが付いているので、底面には3.5mmジャックの非平衡ステレオ出力だけでなく、2.5mmのバランス出力もついています。

アルミ製の筐体で質感も悪くありません。中国製といえども、十分品質の高い製品が出てくるようになりましたね。

右側面にはボリュームノブと電源スイッチ、左側面には3つ押しボタンがあり、上から順に[前の曲][再生][次の曲]の操作ができます。なんとなく、前の曲と次の曲の位置が逆の気もします。

Bluetooth レシーバー機能を搭載しているので、iPhone とケーブル接続しなくても音が聴けます。電源を入れた後、左の再生ボタンを2秒押すと iPhone に接続します。この接続はスムーズで特に困ることはありません。

Bluetooth 経由なので、そんなにすごく音がいいわけでもありませんが、イヤホンに Final の E5000 + バランスケーブルの組合せで使っていて、また Q5 のアナログアンプの質もいいのだと思いますけれど、それなりに良い音で鳴ってくれます。ちょっと聴くときにはケーブル接続の手間もなく聴けるので便利です。

上にはゲインコントロールもあるのですが、アンプの出力に余裕があるからか、感度が低めの E5000 でも Low のままで大丈夫です。もっと大型のヘッドホンでもドライブできそうですね。低音ブーストも特に必要を感じていないので、オフで聴いています。

音量調整がボリュームノブなのは便利です。スマホや Walkman のように[+][-]のボタンも悪くないですけれど、やはりノブを回す方が素早く望みの音量にできます。

ボリュームノブだからか、iPhone のボリューム調整とは無関係に音量が決定されます。両方有効な SONY とか、iPhone のボリューム調整で音量が決まる多くの Bluetooth ワイヤレスイヤホンとか、実装の仕方も様々ですね。SONYの直列に両方効くのはちょっと煩わしいかな。ノブだけで調整できるのは、それはそれで使いやすいと感じます。

充電は、底と左側面にある USB Micro-B の端子を使います。ケーブルには、アマゾンで買った USB-C to Micro-B ケーブルを使っています。Amazonベーシックケーブルなので、700円弱と安価ですし、0.9mというのも扱いやすくてちょうどいい長さです。

Amazonベーシック USBケーブル Type C to マイクロB 2.0 0.9m ホワイト

USB-C ケーブルなので、充電器にも USB-C タイプのものを使っています。相手が Micro-B ですので特に高速充電というわけではありません。なぜこれにしているかというと、iPad Pro に接続するためです。

Q5 を買った目的の1つは、Apple Music の音を Bluetooth を経由せずに直接聴くことです。このためには Q5 の DAC 機能を使います。Q5 付属の Lightning to Micro-B ケーブルを使っても良いのですが、このケーブルは携帯を前提としているのか数cmと短くて、家の中で使うには使いにくく感じました。

そうそう、充電している時には上の写真の青い部分が赤く点滅するのですが、サイロンのセンチュリオンの目を思わせる点滅です。

直接接続で聴くときには、このケーブルの USB-C 側を充電器から外して iPad Pro に繋いでいます。このように接続しても、アンドロイドでよく聞くトラブルのようにどちらかが充電されるということもなく、iPad から出力されるデジタルデータを Q5 で聴くことができます。

直接聴いてみると、Apple Music の音データもそんなに悪くなく楽しめます。ハイレゾプレイヤーだと収録できる曲数に限りがあるので、収録曲数に余裕のあるクラウドの音が良い音で聴けるのは便利です。

iPod がまた発売されるという話もあるようですけれど、安価なモデルばかりではなく、高品質のD/Aコンバーターとアナログアンプを搭載した高音質モデルもリリースしてほしいですよね。とは言ってもアップルが出してくれそうもありませんし、アンドロイドのオーディオ・プレイヤーを考えますかね。HiBy R6 Pro はどうかな。

Q5 のアナログアンプとしてのポテンシャルを生かすにはハイレゾ音源も聴いてみたいところですけれど、ケーブルが未入手なのでウォークマンとはまだ繋いでいません。HiBy R3 との接続を試してみればいいのかな。USB-C ケーブルがそのまま使えそうですね。

あと、4.4mmバランスのアンプが売り切れなのは残念ですね。また再発されることを期待しています。

Hiby R3 で iPhone の Apple Music を聴く

ちょっと前に入手した Hiby R3、iPhone の Apple Music を聴くのに使っています。

Hiby R3

R3 はスロットに入れたSDカードのサウンドファイルを再生できるのに加えて、WiFi経由でAirPlay再生する AirPlayレシーバー機能があります。画面上を下へドラグして出てくるメニューから、WiFi と AirPlay をONにすると、iPhone の再生画面の AirPlay オプションに Hiby R3 が表示されます。

ウォークマンの Bluetoothレシーバー機能と比べると、WiFi 経由の AirPlay なので音質が落ちない点、さらに Bluetooth 接続のように煩わしい操作を経なくても、iPhone で選ぶだけでそのまま再生できる点がメリットだと思います。

自宅ではE4000で聴く機会が増えたのですが、iPhone にはイヤホンジャックがなくなったので、R3 経由で聴くようになりました。iPhone のジャック出力はそんなにいい音ではなかったですし、プレイヤーを使った方がいい音が聞けそうです。

R3 の3.5mmジャックは迫力があるもののちょっとクセの強い音質でしたので、E4000用に Final 純正の2.5mmバランスケーブルを入手しました。

E4000に付いている3.5mmケーブルと同じ感じのケーブルで、タッチノイズも小さく使い勝手は良い感じです。ソフトで柔らかいイヤーフックも付属しています。

この組み合わせで、Apple Music を良い音で楽しめるようになりました。

EARIN M-2 を入手しました

左右独立型イヤホンを最初の頃から発売しているメーカであるEARINの2作目、「EARIN M-2」を入手しました。

EARIN M-2 Black EI-3002

初回ロットは数が少なかったのかすぐに無くなってしまい、しばらく入荷待ちの状態だったのが、昨日あたりに入荷したようですね。注文したらすぐに届きました。今回は潤沢に供給されるかな。

左右ユニットは耳にすっぽり入るくらいにかなり小さく軽いです。Beoplay E8 や Anker ZOLO Liberty が耳からかなりはみ出ていたのに比べると、スマートな感じです。筐体もアルミニウムでできていて、質感も高いです。

イヤーチップはシリコンではなくて、コンプライと同じようなポリウレタン系の材質です。予備が3セット入っていますので、当分買う必要はなさそうです。

初期設定後、2回目以降に利用するときの接続も、ケースから取り出すと自動で iPhone に接続してくれてスムーズです。ユニット自体には左右の区別がなく、使用すると左右判定するとのことで、IT技術の高さを感じます。

ソニーのWF-1000XやJBLのFreeは、初回接続はともかく、実際に使うときの2回目以降の接続がスムーズではありません。主ユニットは認識してももう一方の副ユニットが認識されず、ボタンを押したりケースに戻したりしてもなかなか接続されずにイライラさせられましたが、EARINはそんなことはありません。

もう、オーディオ機器メーカーもアナログ技術だけではなくて、IT技術が高くないと使い物にならない時代になりましたね。ITを軽視し続けている日本のメーカが凋落するのも当然と思えます。

ユニットは、一つだけ使えば自動的にモノラルになります。両方にマイクが装備されているので、ヘッドセット的な使い方もできそう。この辺りも、Apple の AirPods によく似ています。

左右どちらかのユニットを1回タップでポーズ・再生。2回タップで次の曲、3回タップで前の曲ですけれど、この操作もスムーズです。

肝心の音質ですけれど、アマソンのユーザ評価では「こもっている」という感想が多いです。しかし、どのイヤホンも鳴らし始めた時は音域が狭く、音像もクリアではありません。しばらく鳴らし込むエージングが必要だと思います。Beoplay E8 もアッと驚くくらい音が変わりました。

よく、ラジオなどを鳴らしっぱなしにしてエージングしますけれど、M-2は耳から外すと主ユニット(最初にiPhoneが認識した方)からしか音が出ないようです。それで、1ユニットずつエージングしています。音質の評価は、しばらく聴き込んでからですね。

AKG の Lightning イヤホン N20 LT

AKGのライトニング接続のイヤホン N20 LT を入手してみました。

AKG N20LT イヤホン カナル型/Lightning ブラック AKGN20LTBLK 【国内正規品】

最近は Bluetooth イヤホンばかりで、Lightning イヤホン を入手したのも初めてでした。上の写真で Lightning コネクタと見比べるとわかりますけれど、ユニットは相当小さいです。耳に入れても負担にならないのはいいです。そして、ケーブルは絡みにくい素材ですし、特にイヤホンから出ているケーブルは細く、タッチノイズもあまりありません。歩いていてもそんなに気にはならない感じです。ケーブルについているリモコンで、再生・停止だけでなく音量コントロールもできるのは便利です。

付属品は、大きさの違うイヤーチップ、それから収納ケースが入っています。ケースが用意されているのは良いです。

ちょっと聴いたところでは、AKGらしいカッチリした音です。まだ硬い感じなので、音質評価はもうちょっと聴き込んでエージングしてからにします。

Beats Studio3 Wireless NC ヘッドホン

Beats の、ワイヤレス・ヘッドホン Studio3 です。ヘッドホンを選ぶときにはワイヤレスにしますよね。もう有線は面倒になりました。

Beats Studio3 Wireless NC ヘッドホン

昨年11月にリリースされた第3世代です。アップルのW1チップを搭載しているので、AirPods や Beats X のように iPhone や Mac の使い勝手はとても良さそうす。ノイズキャンセリング機能を搭載していますけれど、外へ持ち歩くには少し大きい気がします。飛行機で使うことを想定しているのでしょうか。電車で使うとちょっと目立ちそうです。

Studio Wireless は第1世代の Studio を使っていたのですが、初代機はホワイトノイズが多くて今ひとつでした。今度のはそんなこともないでしょうね。Beatsの特徴だった赤黒カラーがなくなったのは残念な気もしますけれど、Apple カラーになって落ち着いたデザインになりました。

B&Oのシャープな音とはまた違いそうですけれど、アマゾン評を見てもバランスが良くなったとありますね。

しかし、相変わらず MicroUSB なのがちょっと残念。差し込む方向を気にしなくても良い、Lightning ケーブルの方が使いやすいのですけれどね。

ワイヤレスイヤホン その後は Beoplay E8

通勤の時に電車の中で使う左右独立ユニットの完全ワイヤレスイヤホンを探して、結局4種類を購入しました。買った順に、以下の4個になります。

ペアリングするのは iPhone で、Apple Music を使って音楽を聴いています。

最初に入手した AirPods は価格も高くなく、iPhone と組み合わせてのペアリングの使い勝手も最高です。しかし、遮音性が低いので電車の中で使うにはあまり向かないですね。外で散歩する時とか、家の中で Apple TV を見る時に使っています。

その次の SONY WF-1000X は、接続にちょっとクセはあるものの、ノイズキャンセリングが強力なので最初は満足して使っていました。しかし、次第に音切れが気になるようになってきてしまいました。外を歩いていても時々切れます。外来ノイズに弱いのでしょうか。Xperia と組み合わせれば切れないのかな?

JBLは以前からスピーカーの音が好きなので買ってみたのですが、これも音は良いもののソニーよりもさらに切れやすく、電車の中ではとても使えないものでした。家の中であまり動かずに聴いているなら大丈夫かな。

ソニーもJBLも、アナログ時代は良かったですが、ITについてこれていない雰囲気ですね。

最後に買ったB&O Play E8 は、最初は高音寄りの硬いサウンドかと思ったのですが、しばらく使っていたら高音域も低音域もよく鳴るように変わりました。シャープで分解能が高く、今まで聴こえてこなかった音が聴こえてくる感じがします。前にブログ記事を書いた時には、鳴らし込みが十分ではなかったようです。音切れもほとんど感じない優秀さです。NC機能はないので外の音も少し聴こえますが、まあこれはしょうがないかな。

ワイヤレスイヤホン B&O Play Beoplay E8

あと、Play E8 の特徴で、右ユニットのタッチセンサーを長押しすると音量アップ、左ユニットで音量ダウンができます。独立ユニット型で音量調整できるものは少ないので、これはありがたいですね。ケースもコンパクトですし、ケースに収める時にマグネットでカチッと入るのも AirPods と同じフィーリングでいい感じです。

ということで、左右独立ワイヤレスはB&O Play E8で落ち着きそうです。ちょっと価格は高めですが、お勧めできると思います。

iPhone 用ワイヤレスイヤホンの Beats X

Beats の新しいワイヤレスイヤホン Beats X です。

Beats BeatsX イヤフォン Bluetooth Lightning Siri対応 (ブラック)

Appleの新しいワイヤレスチップ W1 を搭載したワイヤレス イヤホン・ヘッドホンも、Beats Solo 3PowerBeats 3AirPods に続いて4機種目です。

待望の AirPods なのですが、遮音性が低くて外の音がよく聞こえます。使用状況によって利点・欠点の両方となりうると思うのですが、私が使った感想では電車だとノイズに負けてしまいます。結局、AirPods は歩く時と室内にいる時に使うようになりました。路上だと、あまり音が聞こえないのもかえって危ないですものね。

最初に出た Solo 3 と PowerBeats 3 は充電にUSBを使います。Android でよく使うタイプではあるのですが、iPhone で充電に使う Lightning とは異なるケーブルなので、結局ケーブルを複数用意することになります。

電車だともっぱら PowerBeats 3 Wireless を使っているのですが、ケーブル以外にも、耳にかけるハンガーはちょっと気になります。

Beats X は充電は Lightning なので、iPhone と同じケーブルで充電できるのはいいですね。ハンガーがないのも良さそうです。

ケーブル無しで先進的な AirPods も便利ですが、やはりリモコンはついていると便利ですよね。

評価記事を読んで見ると、音質は PowerBeats 3 よりも落ちるという記事と、むしろ低音を強調した Beats サウンドではなく、AirPods 寄りのナチュラルなサウンドで Beats X を評価するという記事と、2パターンあるようですね。

買って使ってみようかな…

Apple AirPods 届きました

予約開始日の朝に出遅れて注文した Apple AirPods、来年の出荷なのか1月15日到着予定となっていたのですが、年内最後の出荷に間に合ったらしく昨日届きました。

AirPods with Charging Case

開封してみると、まず小さくて軽いのが印象的です。iPhone の隣でケースのふたを開けるとすぐに接続されて使えるようになります。Bluetooth ワイヤレスイヤホンは接続がいつもストレスの種でしたが、AirPods はそんなことはありません。

電源スイッチがなく、使い始める時に余分な操作が必要ないのもいいですね。ケースから取り出して、耳にセットするだけですぐ使えるようになります。片方だけつけても認識されて音が出るので、ゲームの音を聞く時にも向いています。通話のためのヘッドセットとしても便利に使えます。

一度iPhoneで接続すれば AppleID と紐付けされるようで、iPad や Mac での使用もまったく問題ありません。Air Play のメニューから AirPods を選ぶだけですぐに切り替わります。これだけで、他社のイヤホンを使う気がなくなりますね。Apple の W1 チップを搭載している AirPods や Beats の最近のイヤホンと iPhone/Mac の組み合わせは強力です。iMac の前で常用するイヤホンも AirPods になりそうです。

EarPods と同様に、AirPods も耳にぴったりはまるので落ちる心配はまったく感じません。イヤホンが外れてトラブルになるのはケーブルを引っ掛けた時だけでしたから、ケーブルれすの AirPods はまったく心配なさそうです。耳に引っ掛けるハンガーはあまり好きでなかったのですが、AirPods はハンガーなしなのが嬉しい。メガネとも干渉しないです。

iPhone を机の上に置いて家の中を歩いてみましたが、Bluetooth のアンテナ感度は Beats の PowerBeats3 とあまり変わらないです。チップセットが同じなのだから当然かな。初代の PowerBeats は切断や瞬断に悩まされましたが、そんな心配はなさそうです。

肝心の音質ですけれど、EarPods よりはずっといい音でだと思います。低音域もちゃんと出ていますし、高音域もシャープです。ギターの歪み感も良く聞き取れます。PowerBeats のハウス向けの重低音の量感を重視したサウンドに比べると、フラットで色つけの少ない自然なサウンドだと思います。

普段使うイヤホンは、PowerBeats3 に変わって、この AirPods になりそうです。

Apple/Beats のワイヤレスイヤホン PowerBeats 3 Wireless

Beats の Bluetooth ワイヤレスイヤホンの新型、Powerbeats3 です。

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wireless Bluetooth対応 カナル型ワイヤレスイヤホン スポーツ向け ブラック ML8V2PA/A

アップルから完全ケーブルレスの Bluetooth イヤホン、AirPods が10月末に発売されるはずだったので、それを入手して iPhone 7 と組み合わせて使おうと思っていたのですが、発売が延期になり、今のところいつ出るのかは明らかになっていません。

そうこうするうちに、AirPods と同じ Apple の新型チップ W1 を積んだ Powerbeats 3 が発売され、来週くらいには店に出回るようです。

同じ Beats の Solo 3 Wireless も W1 チップを積んでいるのですが、一度 iPhone で接続してしまえば、iPad や Mac のミュージックのセレクタでヘッドホンを選択するだけですぐ聴くことができ、Bluetooth 接続を切り替える煩わしさが全くありません。この便利さは手放せない気がします。

今は、通勤では Powerbeats 2 を使っているのですが、新型の 3 の方が電池の持ちもいいそうですし、音質や掛け心地も改良されているかもしれないですね。

PowerBeats 2 だと充電のUSBコネクタにゴムの蓋がついているのですが、この蓋もなくなったようです。防水できるなら、この蓋はない方がいいですよね。

AirPods は完全ケーブルレスなのは魅力なのですが、今の EarPods と同じような音質だとすると、ちょっと満足できない気もします。

PowerBeats もこのシリーズになってから、トレードマークとも言えた赤いケーブルや赤いロゴがなくなって、ケーブルもロゴも黒になっちゃいましたね。Apple 流のデザインなのかもしれませんが、ちょっと残念な気もします。

Beats Solo3 Wireless

Apple の Beats Solo3 Wireless ヘッドホンに興味を持っています。

Beats Solo 3 Wireless オンイヤーヘッドフォン

iPhone からヘッドホンジャックが取り除かれたのと同時に、ワイヤレスイヤホンの AirPods が発表されましたが、10月末発売ということで、まだ予約もできません。

AirPods の特徴の一つは、Apple が開発したコントローラーチップ W1 を搭載しており、Bluetooth ワイヤレスで面倒で不安定な接続の面倒さを解消したところにあります。

上の Beats Solo3 は、この W1 を搭載しており、AirPods と同じように iPhone、iPad、Mac に容易に接続して使用できるということです。これまでも、Beats Studio や Powerbeats2 を使ってきて音質は気に入っているので、Solo3 も使ってみたいと思っています。ヘッドホン本体側面のボタンで再生・停止や音量コントロールできるのも便利です。

SONYのワイヤレスイヤホンはNFC経由で Bluetooth 接続するのですが、なぜかエラー続発で安定して接続できないのでイライラさせられます。Apple 製品なら、こんな不具合は無さそうです。

ひとつ残念なのが、Solo3 の充電端子が Micro USB のままなことです。充電は方向を気にしなくて済むライトニングに統一されると思っていたので、USBのままなのは残念。高価な製品なのに、妙なところで手を抜きますね。

もうひとつ、AirPods もそうなのですが、対応機種の中に Apple TV が入っていないのが残念。テレビを見るときにも使いたいのに。

あと2色は黒に赤のロゴのBeatsカラーがなくなりましたね。Appleカラーのグロスブラック(ジェットブラックじゃないのか)、(マットな)ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、そしてホワイトになりました。これまでは Beats カラーを選んできましたが、次はゴールドにしてみようかな。