Magenta / We Are Legend

英国のプログレバンドであるマジェンタの新作アルバム「We Are Legend | Magenta」、配信は4月27日発売です。

Magenta / We Are Legend

アルバムは3曲のみ収録で、26分の曲が1曲、10分強の曲が2曲と、まるで70年代のイエスのアルバムのような構成になっています。新しい音楽を目指して意欲的に取り組んだアルバムですね。

burning shed のはCDとDVDのセットで5月19日発売、5.1サラウンドも収録しているそうです。

Security Project / Live 1 / Live 2

ピーター・ガブリエルの曲を演奏する、セキュリティ・プロジェクトのライブアルバム「Live 1」と「Live 2」です。

41Q9cnxec1L

41luZdwaxzL

61BDQk2L+yL._SL600_

ガブリエルのバンドに在籍していたジェリー・マロッタを中心に、ベースがトレイ・ガンなのが注目ポイントのバンドです。最近、ボーカルが女性のハッピー・ローデスに交代して「FIVE」をリリースしましたが、このライブ1と2はピーターにそっくりの声の Brian Cummins がボーカルを担当しています。

Live 1 の方は基本的なライブセット、Live 2 はその他の曲という感じで、ジェネシス時代の曲も入っています。

私は bandcamp で入手しましたが、アマゾン・デジタルにも載っていますね。あと、日本版では1と2をセットにした2枚組CDでもリリースされています。

4月上旬に来日してビルボードでライブがあるそうですが、行きたかったな。

Trioscapes / Digital Dream Sequence

米国のプログレ・メタル・ジャズバンドであるTrioscapesのセカンドアルバム「Trioscapes / Digital Dream Sequence」です。

Trioscapes / Digital Dream Sequence

これも前記事の「Nova Collective / The Further Side」と同じく米国のプログレバンドである Between the Buried and Me のメンバーによるプロジェクトのようですけれどど、サックスも入っていて Nova Collective よりもジャズっぽい感じの新しいプログレサウンドです。

日本のアマゾンではCDにかなり高値がついていますが、米国アマゾンなら13ドルで普通に買えますね。まあ、Bandcamp にも iTunes Store にもありますし、Apple Music でも聴けます。

//tools.applemusic.com/embed/v1/album/896777843?country=jp&at=11l64B

Nova Collective / The Further Side

米国のプログレ・ジャズ・メタルバンドであるノヴァ・コレクティブのファーストアルバム「Nova Collective / The Further Side」です。

81suhm7QVSL._SS500_.jpg

新世代のプログレバンドなのですが、ジャズっぽいところ、そしてメタルからの影響を感じさせるインストルメンタルサウンドが特徴です。Between the Buried and Me の Dan Briggs と、Haken の Richard Henshall が出会ったところからスタートしたバンドで、このアルバムも3月10日にリリースされたところです。

Apple Music の For You の中の「My New Music Mix」で聴いて見つけたバンドです。Apple の 選曲センスはなかなかいいですね。

Apple Music、iTunes Store だけでなく、Bandcamp、Amazon MP3 でも入手できます。

 

Big Big Train / Grimsound

英国のプログレバンドであるビッグ・ビッグ・トレインの新作アルバム「Big Big Train / Grimsound」、5月5日発売です。

Big Big Train / Grimsound

昨年5月には「Folklore」、12月にはライブアルバムの「Stone’s Throw from the Line」と、安定してバンド活動を続けています。このアルバムも充実したプログレサウンドが聞けそうです。

Apple Music / iTunes Store にはまだ載っていませんが、Amazon デジタルでも予約できます。あと、Bandcamp では 96KHz/24bit のハイレゾ版も入手できます。

Security Project / Five

セキュリティ・プロジェクトの最新ライブ「Security Project / Five」です。

Security Project / Five

メンバー交代があって、ボーカルが女声の Happy Rhodes になりました。ピーター・ガブリエルの曲にあるケイト・ブッシュのバックコーラスも再現しやすくなったかな。

と思ったら、この「Five」には、「Hounds of Love」に収録されていた曲の「Mother Stands for Comfort」のカバーも収録されています。ケイトの曲ももっと取り上げてくれるといいな。

UKZ以来の気もしますけれど、トレイ・ガンのベースも堪能できます。

4月10日には来日して東京ビルボードでライブもあるのですね。仕事があるから行けそうにないけれど、見たかったな。

Stick Men / Prog Noir (Bonus Tracks)

スティック・メンの新作アルバム「Prog Noir」のボーナスCDの方が Bandcamp で3月1日にリリースされました。

Stick Men / Prog Noir (Bonus Tracks)

もともと Prog Noir のボックスセットに収録されていたそうです。インストバージョンや未発表曲、オルタネートミックスを収録しています。

iTunes Store には載っていないので、Bandcamp で入手しました。7ポンドで900円弱でした。

Stick Men / Prog Noir

トニー・レヴィン、マーカス・ロイター、パット・マステロットの3人によるスティック・メンの新作「Prog Noir | Stick Men」、10月16日発売です。

Prog Noir | Stick Men

今回はマーカス・ロイターのボーカルをフィーチャーした曲が中心になっています。これまではインスト中心でしたから、かなり方向性を変えてきました。

いつの間にか iTunes Store や Apple Music の配信はやめたようです。Amazon デジタルの方には載るのかな。Bandcamp には、10ドルのデジタル版だけでなく、17ドルのCDや、140ドルの2LP+2CD+ポスター+Tシャツのデラックスセットも載っています。

Eight Bells / Landless

米国ポートランドの実験的メタルバンドであるエイト・ベルズの、この2月にリリースされたセカンドアルバム「Eight Bells / Landless」です。

Eight Bells / Landless

現在のメンバーは、bandcamp サイトによるとギター・ボーカルの Melynda Jackson、ベースとボーカルの Haley Westeiner、ドラムスの Rae Amitay の女性トリオです。

メタルのジャンルに入れるにはサウンドは呪術的な気がしますし、とはいえプログレに分類するにはギターが轟音すぎるかな。ボーカルはメタル風ではあります。とてもユニークなサウンドで、一聴で気に入りました。ジャケットもいい感じですよね。

Apple Music で聴けるので、ライブラリに入れて繰り返して聴いてみます。Amazon デジタルや bandcamp でも入手できます。

Kiama / Sign of IV

イギリスのプログレバンドであるキアマのファーストアルバム「Kiama / Sign of IV」です。

Kiama / Sign of IV

そのうち iTunes Store に載るかなと思って待っていたら、今のところ載りませんでした。CD以外だと、bandcamp から入手することになるようです。通常盤のCDとボーナスCDの両方が載っており、通常版が9ユーロ、ボーナスが6ユーロです。

マジェンタのロブ・リードが中心ということもあり、最近の英国プログレらしいサウンドです。