SACD/DVD-Audioプレイヤー

SACDプレイヤーに、今はパイオニアのマルチ再生機「Pioneer DV-S858Ai」を使っています。DVDビデオはもちろん、DTS、DVD-Audio、それからSACDも再生できます。パイオニアは、昔からLD/DVD/CDコンパチ機を出したり、マルチディスクプレイヤーを作るのがうまいですね。

cover

いろいろみていたら、これの上位機のDV-S969AVi-Nが近日発売になっています。パイオニアの製品ページをみていたら、これはリージョン2のPALを再生できるようなことが書いてあります。本当ならば、イギリスから輸入したDVDをみられるので結構いいかも。でも、PALのモニタをつながないといかんのかなぁ。よくわからん。

SACDは、オーディオ専用で上位の機械を入手して、くたびれてきたCDプレイヤーと交換しようと考えています。オーディオシステムは2chステレオなので、マランツあたりがいいかなぁと思っているのですが…

展覧会の絵/ショスタコービッチ7番/SACD

ショスタコービッチの交響曲をSACDで聞こうと探しているうちに、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮の「展覧会の絵(ムソルグスキー)」と「交響曲7番・レーニングラード」を見つけました。ホントは11番を探していたんですけどまあいいや。
クラシックのアルバムというと、ジャケットにあんまりインパクトが無いものが多いですが、この2枚は結構インパクトあると思います。ポピュラーミュージックもそうだけど、ジャケットが面白いものは、演奏を聴いても面白いです。たまに外れることもあるけれど、ジャケットで衝動買いするのもレコード探しの面白さの一つですね。
ヴァレリー・ゲルギエフ指揮(SACDハイブリッド版)
Moussorgsky: Pictures at an Exhibition
Shostakovich: Symphony No. 7 in C major

covercover

ついでに見つけたポリーニのショパンも。SACDハイブリッド版。
Chopin: Polonaises

cover

Peter Gabriel の SACD

今日、ピーター・ゲイブリエルの So をCDとSACDとで聞き比べてみて(どちらもリマスター版。実は、SACDが出ているのに気かつかずにCDをひとそろい買ってしまった)、あらためてSACDの音のいいのに感動。音に奥行きが感じられますし、ピーターのボーカルが鮮明に聞こえて、まるで別人みたいです。発売からだいぶたってしまったので、売り切れる前にまだ買っていないのも全部買っておこう…

というわけで、SACD版のリスト。

cover
cover
cover
cover
cover
cover
cover
cover
cover

「3」と「4」のドイツ語版、それから「Secret World Live」は見つけられませんでした。

Emerson, Lake & Powell のオフィシャルブート2枚

Yahoo のプログレ掲示板ネタです。
一枚はスタジオ録音のリハーサル、もう一枚はライブだそうです。
One Shop Rock というサイトから注文できます。
EMERSON LAKE & POWELL – THE SPROCKET SESSIONS (Manticore CD3008) $14.95+$7.95 s/h
EMERSON LAKE & POWELL – LIVE IN CONCERT (Manticore CD3009) $14.95 (each)+$7.95 s/h

さっそく注文してみたんですが、送料がちょっと高めかな。12/12発売予定。

曲目リストを以下に。
“Emerson, Lake & Powell のオフィシャルブート2枚” の続きを読む

DVDとハイビジョン

ディジタルBSのWOWOWでスターウォーズエピソード2をみました。ハイビジョンをHDD録画しています。そしたら、絵がきれいなのにすごく驚きました。鮮明だし色も深い。これに比べると、DVDの絵なんて色は浅いし、ノイズだらけだし、細かいところはぼけているしでがっかり。
その昔、ヴィデオカセット(ベータ)とDVDの絵を比べて、その美しさに驚いたものでしたが、DVDとハイビジョン放送の絵を比べると同じような差を感じてしまいました。DVDなんて、あんまり買う価値無いかも。1980円がふさわしい(^^)。はやくハイビジョンDVDを実用化/普及させてほしいですね。

Focus の DVD

Focus はオランダのバンドなのですが、その昔「悪魔の呪文」という曲が日本で大ヒットしました。
そのフォーカスの現役時代の映像は、「Masters from the Vaults」におさめられています。古い映像なので画質はそれなりですが、主に73年と74年の映像がおさめられています。近々、これのCD版「Masters from the Vaults」も出るようです。CD「ライヴ・アット・ザ・レインボウ」に熱狂した頃が懐かしい。

cover

そのフォーカスも最近再結成してスタジオCD「Focus 8(米国版)フォーカス8(日本版)」と、ツアーのDVD「Live in America」、そしてこのCD版「Live in America」が出ました。スタジオCDは、ちょっとオルガンの音が薄っぺらいのが気になりましたけれど、変わらずのフォーカス節。

covercover

Japan/Sylvian のリミックス版

アマゾンから届きました。Japan の後期アルバムのリミックス版Sylvian ソロアルバムのリミックス版、いずれもアマゾンの表記はUS版ですが、実際に届いたのはオランダ版でした。
特にCCCDの表記は無く、iTunes+iPodも問題なし。値段も比較的安いですし。

今回のリミックス版は、サウンドが向上したのはもちろんですが、ジャケットやアートワークを作り直してあるのでなかなかいいです。
Oil on Canvas のベース音量が低めなのは相変わらずですけれど。ステージ上のデヴィッドの耳には、こういう風に聞こえていたということでしょうか。