Paolo Di Sabatino, Janek Gwizdala, Peter Erskine / Trace Elements

ピアノのパオロ・ディ・サバティーノ、ベースのヤネク・グウィズダーラ、そしてドラムのピーター・アースキンによるピアノ・トリオのアルバム「Paolo Di Sabatino, Janek Gwizdala, Peter Erskine / Trace Elements」です。

Paolo Di Sabatino, Janek Gwizdala, Peter Erskine / Trace Elements

一昨日の「ドクター・アム」を探していて目にとまりました。ベースのヤネク・グウィズダーラは「ドクター・アム」にも加わっています。ビデオを見ると、エレクトリック・ベースを弾いています。ピーター・アースキンの安定したドラミングもあっていい感じの演奏です。

Amazonデジタル、iTunes Store だけでなく、Apple Music でも聴けます。

Peter Erskine / Dr. Um

ピーター・アースキンがリーダーとなって、ウェザー・リポートの音楽を蘇らせるプロジェクト「Peter Erskine / Dr. Um」1月22日発売です。

Peter Erskine / Dr. Um

ピータ・アースキンは、最近ウェザー・リポートのライブアルバム「Weather Report / The Legendary Live Tapes: 1978-1981」の編集も担当しましたし、刺激を受けるものがあったのでしょうね。3月には来日公演もあるそうですし、演奏を聴きに行きたくなります。

CDだけでなく、Amazon デジタルや iTunes Store にも予約ページがあります。1月22日には Apple Music でも聴けるものと期待しています。

2月には日本盤CDもでますが、こちらはジャコ・パストリアスの名前が入ったボーナス曲が1トラック入っているようです。

エージェント・カーター シーズン1 COMPLETE Blu-ray

米国のテレビドラマ「エージェント・カーター シーズン1」のBlu-ray、来年の2月17日に発売です。

エージェント・カーター シーズン1 COMPLETE Blu-ray

「エージェンツ・オブ・シールド」はシーズン2まで進みましたが、シールドの創設者のひとりであり、映画「アントマン」にも出てきたペギー・カーターが主人公のドラマ「エージェント・カーター」もみたいと思っていました。

なかなか放送もされなかったのですが、やっと来年2月にBlu-rayが発売されるそうです。

そうなのか〜と思ってググってみたら、1月からデジタル配信もされるとか。どこで配信されるのかに触れた記事はまだないようですが、Netflix で配信されるといいな。ドコモだったらがっかり。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 COMPLETE BOX

アベンジャーズ・シリーズのテレビドラマ「エージェンツ・オブ・シールド」のセカンドシーズンの Blu-ray ボックス、1月6日発売です。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 COMPLETE BOX

WOWOWで見たのですが、ファーストシーズンからストーリーが続いていて、ファーストと同様に面白いドラマでした。エイドリアンヌ・パリッキの登場するシーンも多いですし、バトルスター・ギャラクティカでアダマ艦長を演じていたエドワード・ジェームス・オルモスも出てきます。

WOWOWでは日本語版で見たのですが、元の英語も見てみたい気もします。Marvel つながりで Netflix で配信してくれないかな。

Queen のファーストとセカンドアルバムをハイレゾで

HDtracks から、Queen のファーストアルバム「Queen」と、セカンドアルバム「Queen II」が24bit/96KHz のハイレゾで配信されました。

サイトの説明によると、2011リマスター版のハイレゾ版だそうです。

「オペラ座の夜」もありますが、以前 Blu-ray Audio でリリースされたものと同じかな。

ダウンロードして聞いてみましたが、クイーンのアルバムはスタジオワークで音を加工してあるためか、ハイレゾ音源でもそんなに大きく印象が変わるわけではありませんが、それでもマスターテープに近いクオリティの音が聞けると思うと嬉しくなります。

ファーストとセカンドの登場は大歓迎ですが、続けて3枚目の「シア・ハート・アタック」や5枚目の「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」もハイレゾ版をリリースして欲しいですね。

先日発売されたライブ「A Night at the Odeon」も24bit/96KHzで載っていますけれど、ちょっと音が薄い演奏ですし、ハイレゾ版を入手するかどうか迷います。

Purson / Electric Landlady

ロンドンのサイケバンドであるプルソンが10月に発表した最新シングル「Purson / Electric Landlady」です。

Purson / Electric Landlady

Prog誌の記事「Purson announce 2016 UK tour 」が目に付いたので聞いてみました。ギターもオルガンも女声ボーカルも60年代に戻ったかのようなサイケデリックサウンドです。このシングルのジャケットの渦巻きはタイムトンネル?悪魔の名前をバンド名に冠しているだけあって、6本の手のジャケットにぴったりの怪しげなサウンドなのもいい感じです。

Apple Music にはシングル5枚とアルバム1枚が載っているので、聴き込んでみようと思います。

21st Century Schizoid Band / Live in Japan

21st センチュリー・スキゾイド・バンドの、2002年の日本公演を収録したライブ「21st Century Schizoid Band / Live in Japan」をCD棚から探し出して聞いてみました。

21st Century Schizoid Band / Live in Japan

実のところ、買ったことすら忘れていたCDでしたが、ブログ「プログレの種」さんの記事「プログレおすすめ:21st Century Schizoid Band「Live In Japan」(2002年イギリス)」を見て聴いてみようかとアマゾンを検索したら、CDではなくCD+DVDのライブ映像付きのセットで、しかも前にアマゾンから購入済みだとサイトに出ていたので、探してみました。

サウンドだけなら Apple Music でも聴けるのですが、映像は今のところはDVDでないと見れないですものね。米国アマゾンには Prime Video で載っているようですし、Fire TV でも見られて便利そうです。

サウンドもそうですが、映像を見るとイアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズの演奏が圧巻。やはり、オリジナルメンバーの持つ「これだ」という確信的なサウンドは違います。特に、マイケル・ジャイルズのドラムはオリジナルのクリムゾンのサウンドの雰囲気そのままです。

次は、グレグ・レイクがいた頃のオリジナルメンバーのライブを聴いてみよう。

Mogwai / Central Belters

スコットランドのポストロックバンドであるモグワイのベストアルバム「Mogwai / Central Belters」です。

Mogwai / Central Belters

  •  日本盤CD、アマゾンから

1995年から2015年までの活動を総括するコンピレーションで、CDだと3枚組のボリュームです。リマスタリングもされているそうで、様々な時期から集めたとは思えないくらいサウンドのトーンも揃っている気がします。

そんなに聴いていないモグワイなので、バンドのカラーを知るためにもいいアルバムですね。

Amazon デジタル、iTunes Store に加えて、Apple Music で聴けます。

Apple Music といえば、25000曲の上限が緩められ始めたという話もあるようですが、どうなのでしょうね?

Leon Alvarado / 2014 Music from an Expanded Universe

米国のプログレアーティストである Leon Alvarado の2014年発表のミニアルバム「Leon Alvarado / 2014 Music from an Expanded Universe」です。

Leon Alvarado / 2014 Music from an Expanded Universe

全編がインストで20分強のアルバムなのですが、ジャパンのインストを思わせるようなプログレとアンビエントを組み合わせたようなサウンドです。タンジェリン・ドリームを感じさせるところもあります。ジャケットは、ギーガーを思わせますね。

DPRP News の記事「Instrumentalist LEON ALVARADO To Release New Film & Single “Persistence”」によると、12月15日に「Persistence」というシングルをリリースするそうなので、聴いてみようと思います。

iTunes Store や Amazon デジタルだけでなく、Apple Music でも聴けます。新作も Apple で聴けるかな。

IQ / Live On The Road of Bones

イギリスのプログレバンドである IQ のライブアルバム「IQ / Live On The Road of Bones」です。

IQ / Live On The Road of Bones

2014年発表のアルバム「The Road Of Bones」発表後のツアーのライブです。このアルバムの曲だけでなく、その前のアルバムの「The Dark Matter」や、出世作の「The Wake」からも選曲されています。

入手は、上記公式サイトか、ライブ会場における販売のみのようです。iTunes Store にも載らない雰囲気なのが残念です。なかなかライブには行けそうもないですし、注文してみますかね。送料が高くないか心配ではありますが。