Fleetwood Mac / Rumours (Expanded Edition)

フリートウッド・マックのヒット作「噂」のCD3枚組デラックスエディションが、1月28日発売予定です。

Fleetwood Mac / Rumours (Expanded Edition)

CD4枚組+DVD+LPのスーパー・デラックスエディションも出るそうなのですが、CD4の内容は2004年に出た同アルバムのボーナスディスクと同じということですし、まあCD3枚組の方で良いかな。CD3の未発表テイクも気になりますが、今回の目玉はCD2の1977年のライブですね。iTunes Store でも予約受付しているので、オーダーしておこうと思います。

映画『トータル・リコール』の Blu-ray

映画『トータル・リコール』の Blu-ray盤、1月9日発売予定です。

トータル・リコール (ディレクターズ・カット)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定)

映画も2回観に行ったトータル・リコール、バンホーヘン監督の作品と比べて賛否あるようですけれど、私は特撮アクションを楽しみました。追加シーンが12分入ったディレクターズカットということですし、手に入れて観てみようと思います。『プロメテウス』と同様に発売が来年なので、年末に見られないのはちょっと残念。

Kindle でグインサーガ

アマゾン Kindle で、グインサーガを1冊200円のキャンペーンを12月31日までやっています。電子書籍になったらグインサーガを読みなおそうと思っていたので、この機会に全巻揃えます。

試しに1巻を買ってみてガッカリしたのは、表紙の画像や挿絵が全く含まれておらず、単にテキストしか入っていないところです。早川書房にも問い合わせてみたのですが、予算の関係で入れられなかったという情けない返事。

それでも、一応買っておいて、そのうち挿絵入りのバージョンと差し替えてくれることを期待しています。キンドルなら、書籍のアップデートもできますよね。

キンドルだと、あとから買ったものほど上に来るので、最終巻から逆に番号が若くなるように買っています。それでも、150冊分買うのは結構めんどうです。あと50冊くらいかな。

グイン・サーガ1 豹頭の仮面: (1) [Kindle版]
グイン・サーガ130 見知らぬ明日 [Kindle版]

グイン・サーガ外伝1 七人の魔道師 [Kindle版]
グイン・サーガ外伝22 ヒプノスの回廊 (ハヤカワ文庫JA) [Kindle版]

John Mclaughlin / Now Here This

ジョン・マクラフリン & 4th Dimension のセカンドとなる最新アルバム「John Mclaughlin / Now Here This」を聴いてみました。

John Mclaughlin / Now Here This

ジェフ・ベックを思わせるような雰囲気もあります。ジャズの枠にはおさまらない感じで楽しめる演奏です。アマゾンのCDもありますが、 iTunes Store には1200円で出ています。Amazon MP3 には載っていないようですね。

iTunes Card の入力が写真でできるようになりましたね

ヨドバシカメラの Web サイトで、「iTunes Card 10,000円分×2枚 お買い得セット」を買いました。これも25%オフで、20000円分を15000円で入手することができました。もう売切れで販売終了になったようですね。

裏のシールをはがして、iTunes に番号を入力して登録するのですが、この入力が結構めんどうです。でも、iTunes 11 から、カメラで番号を認識してくれるようになりました。

実際やってみると、QRコードやバーコードがあるのではなく、コードの文字そのものをカメラで認識するのですね。スムーズに認識してくれて、手間要らずで楽でした。

デポジットも増えたので、さっそくアルバムを買ってみました。ちょっと前に記事にした、ディープ・パープルの1975年のパリのライブのリマスター盤「The Official Deep Purple (Overseas) Live Series: Paris 1975」、Amazon MP3 だけでなく iTunes Store にも載っていたので、結局こちらで買いました。聴く機械が iPhone や iPad だと、こちらの方が便利ですものね。

改めて聴いてみましたが、ギターやキーボードの音の輪郭がハッキリして明瞭になった気がします。この日はリッチー・ブラックモアが脱退する前の最後の演奏ということで、気合いが入っていたのですよね。良い演奏なので、気分も新たに聴いてみます。

11月の鑑賞メーター

11月の鑑賞メーター
観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:327分

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ポスターから予想できるように、今回は渚カヲルの話。映像はテレビ版の映画よりもスゴく進化しています。ストーリーの細部が変わっても、エヴァはエヴァですね。「巨神兵東京にあらわる」と併映は効果的でしたし、この夏に特撮博物館へ行っておいて良かったと思いました。
鑑賞日:11月17日 監督:庵野秀明

劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋【通常版】 [DVD]劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋【通常版】 [DVD]
第5話になって、設定がようやく見えてきた感じです。
鑑賞日:11月13日 監督:平尾隆之

悪の教典悪の教典
原作の長い小説から、印象的なシーンをつないで作った感じです。やはり、映画監督はイメージを思い浮かべるところからなんだろうと思わせます。話を切り詰めたためか、ちょっとハスミンが強すぎかな。知能犯で用意周到なところが薄れたような気も。でも原作の怖さはうまく表現できていたと思います。例の曲も、巧く使われていました。
鑑賞日:11月10日 監督:三池崇史

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 [DVD]GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 [DVD]
映画『サイボーグ009』を観たので、久しぶりにBlu-rayを取り出して観てみました。最初観た時は抵抗があった3D表現も、そんなに違和感を感じなくなりましたね。飛び降りるシーンも、003のものと見比べて表現の進歩を感じました。
鑑賞日:11月04日 監督:押井 守

鑑賞メーター

Kate Bush / Live at the Hammersmith Odeon 1979 の CD と DVD

ケイト・ブッシュの1979年のハマースミス・オデオンのライブを収録したCDとDVDです。

Kate Bush / Live at the Hammersmith Odeon 1979 (CD)

以前レーザーディスクで持っていたのですが、もう再生機器も壊れてみられなくなってしまいました。DVDを買おうかと思ったのですが、ユーザー評を見ると画質が悪いそうです。でも、音質はそこそこらしいので、CDだけを入手して聴いてみようと思います。しかし、このジャケットはヒドいですね。もっと良い画像を Google で探して iTunes に登録します。

DVDはPAL形式とあるので、パソコンでは再生できそうですが、日本のDVDプレイヤーでは再生できなさそうですね。

2012年11月の読書メーター

2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2482ページ
ナイス数:33ナイス

Kindle で本を読むようになって、ペースが上がったかな。

ハンガー・ゲーム3 下 マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム3 下 マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ)感想
独裁国家パネムにいても、反乱軍に加わっても、権力者とメディアに操られつつも抗う主人公。米国で圧倒的人気を集めたのもよくわかりますね。みんながテレビと新聞に洗脳されている、日本も大して変わらないことに気がつく人が増えるといいな。
読了日:11月18日 著者:スーザン・コリンズ

ストーリィ・テラー (ぶんか社コミックス)ストーリィ・テラー (ぶんか社コミックス)感想
近作は女性が魅力的に描いてありましたが、この作品はエロティック路線。表紙も(裏表紙はもっと)そんな感じですよね。
読了日:11月15日 著者:高橋 葉介

ハンガー・ゲーム3 上 マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム3 上 マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ)感想
iPad の Kindle アプリで読みました。パネムの圧政から逃れて13地区の反乱軍に加わっても、安住の地とはならない。他人の思惑が絡み、自分の思うように生きられないカットニス。
読了日:11月15日 著者:スーザン・コリンズ

ハンガー・ゲーム2 下 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム2 下 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)感想
ハンガーゲーム3を読む前に、増えた人物を整理するためにもう一度読みなおしました。今度は Kindle で読んだのですが、Kinoppy よりも読みやすく感じました。次はいよいよ「3」。
読了日:11月13日 著者:スーザン・コリンズ

ハンガー・ゲーム2 上 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム2 上 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)感想
「ハンガーゲーム3マネシカケスの少女」を読む前に、もう一度読みなおしています。前はKinoppyで読んだのですが、今度はKindleで買いなおして読みました。縦書きで読んだのですが、Kindleの方が快適に読めた気がします。
読了日:11月11日 著者:スーザン・コリンズ

新世界より(下) (講談社文庫)新世界より(下) (講談社文庫)感想
iPad の Kindle アプリで読みました。エマーソン、レイク&パーマーの曲「悪の教典」をタイトルにした貴志さんの小説もそうでしたが、この「新世界より」もドヴォルザークの曲を効果的に織り込んでいます。ストーリーを追うだけでも楽しいですが、その背景にあるものは深いと思います。Kindle 版にはおまけがついているのですが、正直蛇足。邪魔で要らないと思いました。
読了日:11月4日 著者:貴志 祐介

新世界より(中) (講談社文庫)新世界より(中) (講談社文庫)感想
iPad の Kindle アプリで読んでいます。縦書きの本は、iPad を横にすると自然な感じで読めます。(上)に続いて、世界の様相がどんどん明らかになってくる(中)。「黒い家」「悪の教典」と読み進んできた貴志さんですが、やはりコワい話が身上のようですね。
読了日:11月1日 著者:貴志 祐介

読書メーター

<

Deep Purple / The Official Deep Purple (Overseas) Live Series: Paris 1975

ディープ・パープルのライブ「Paris 1975」が、新たにオフィシャル・ライブ・シリーズの最初のリリースになるそうです。12月7日発売予定。

The Official Deep Purple (Overseas) Live Series: Paris 1975

既に公式盤として発売されているものではありますけれど、2012リマスタリングだと言うことなので入手してみようと思います。Amazon MP3 は12月7日発売、CDは来年の2月5日発売だそうです。Amazon MP3 で買ってみます。

タッチの不具合で、iPhone 5 を修理に出すことにしました

薄く軽くて操作しやすいので気に入っていた iPhone 5 ですが、最近不調が続いていました。

OSを 6.0.1 にアップデートした頃からなのですが、タッチスクリーンが操作しても反応しないことがときどき起きるようになりました。電話が着信したときに反応しないと、電話がとれないので困ります。

そして、最近はタッチしたところとは違う場所(1cm くらい離れた位置)をタッチしていると誤認することが増えてきました。また、何も触れていないのにタッチしていると認識して、勝手に動作するようにもなってきました。

タッチを認識しない、位置の誤認、触れていないのに反応のこの3つの不具合は、出たり出なかったりがランダムに起こります。再現性は特に感じられませんでした。

iPhoneをリセットしてデータや設定を初期化しても症状が全く改善されないので、追加したアプリが原因というわけでもありません。というわけで、アップルに修理を依頼することにしました。

修理の間は予備機が必要になります、これは手持ちの先代 iPhone 4S を使うこととし、ソフトバンクショップでナノSIMをマイクロSIMスロットに入れる変換アタブターを貸してもらいました。これで、普段はWifi経由で予備機として使っていた iPhone 4S がメイン機に復活。設定も使っていたのがそのままなので困りません。

修理はソフトバンクでは受け付けないので、アップルのページから申し込みます。

あとは、荷物をとりにくるのを待つだけです。都会なら、アップルストアに持ち込むと交換も速いのでしょうね。

買ってすぐの機種ですし、初期故障のようなものですから、無料で修理/交換されるものと期待しています。

久しぶりにメイン機に復帰したiPhone 4Sですが、画面が小さく感じてしまいます。iPhone 5 をケース無しで持ち歩いているので、iPhone 4S を裸で使うのも平気になりました。