スウィング・ガールズ

映画館の予告編から印象的だった、「スウィング・ガールズ」のDVDが来年3月25日に出るそうです。3種類出るそうですが、スタンダードは映画収録の1枚もの、スペシャルはメイキングの入ったディスクがついて2枚組、プレミアムはもっといろいろなデータが入って3枚組。真っ当な構成です(^^)。ディスク構成の詳しい解説が、Internet Watch に出ています。どれにしようかな…

スウィングガールズ スタンダード・エディション
スウィングガールズ スペシャル・エディション
スウィングガールズ プレミアム・エディション

Lush / Gala / Spooky / Split / Love Life / Chao!

You’s Blog のモコマキさんはブリーダーズに熱中ですね(^^)。ブリーダーズベリーとくれば、もうひとつ思い出すのはラッシュだと思います。

ラッシュと言っても、カナダのプログレバンドではありません。あちらは、Rush ですね。4ADからアルバムが出ていたこちらは、Lush です。日本語で書いてしまうと、どちらもラッシュですけれど。

どれもいいアルバムですが、いちばん印象深いのは「スプリット」です。これは、一聴の価値があると思います。解散直前になってしまった「ラブ・ライフ」はずいぶん雰囲気も変わっていました。

他の4ADのアーティスト同様、2001年にベストアルバムをリリースしていますね。

Gala

Spooky

Split

Lovelife

Ciao! Best of Lush

David Bowie / Live / Stage の DVD-Audio

ながらくCDが廃盤になっていたデビッド・ボウイのライブアルバム「デビッド・ライブ」と「ステージ」がCDとDVD-Audioで2005年2月21日に発売になります。どちらも、曲がいくつか追加されています。また、5.1chでリミックスされたDVD-Audioがリリースされるのは嬉しいですね。ただ、UK盤がちゃんと日本のプレイヤーでかかるのかどうかは気になりますけれど。

前者の「デビッド・ライブ」は、実はボウイのアルバムで最も印象深いものの一つです。アルバム「ダイアモンド・ドッグス」発売後のツアーで、妖気が漂っています。

もう1枚の「ステージ」はアルバム「ロウ」「ヒーローズ」発表後のツアーで、こちらもキング・クリムゾン参加前のエイドリアン・ブリューがロバート・フリップのフレーズをコピーしているなど、因縁の(^^)ライブです。NHKのヤング・ミュージック・ショーで放映されたのをよく憶えています。

  • David Live 輸入盤DVD-Audio、アマゾンから
  • David Live DVD-Audio、Amazon UKから
  • Stage 輸入盤DVD-Audio、アマゾンから
  • Stage DVD-Audio、Amazon UKから

こちらは2005年2月21日にリリース予定の2枚組CDです。未発表テイクが追加されています。

  • David Live 輸入盤CD、アマゾンから
  • David Live CD、Amazon UKから
  • Stage 輸入盤CD、アマゾンから
  • Stage CD、Amazon UKから

David Live
Stage

Deep Purple / Early Years

CD Journal 誌のサイトを見ていて、ディープパープル第1期の未発表曲集「アーリー・イヤーズ」が出ていたのを見つけました。

日本盤よりも、輸入盤の方がだいぶ安くて良さそう。紙ジャケットは嫌いなので、なおさらです(^^)。

  • Early Years [BEST OF] 輸入盤CD、アマゾンから
  • Early Years [BEST OF] Amazon USから
  • Early Years [BEST OF] Amazon UKから
  • Early Years [BEST OF]

    Donald Fagen / The Nightfly / Kamakiriad の DVD-Audio

    スティーリー・ダンの「トゥー・アゲンスト・ザ・ネイチャー」のDVD-Audioを買おうと思ったら品切れになっていました。がっかり。

    とりあえず見つけた、ドナルド・フェイゲンの「ナイトフライ」と「KAMAKIRIAD」の DVD-Audio 盤を注文することにしました。

    The Nightfly

    Kamakiriad

    John McLaughlin, Paco De Lucia, Al Di Meola / Friday Night in San Francisco

    ジョン・マクラフリン、パコ・デ・ルシア、アル・ディメオラのギタリストが共演した「フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ」のSACDです。

    ちょっと前に、カーキ・キングのアルバムで「超絶ギタリスト」という話が出ていましたが、「超絶」で思い浮かべるのはこの3人ではないかと思います。

    ロック系だと、やっぱりスティーブ・ヴァイかな…

    Friday Night in San Francisco

    (What’s the Story) Morning Glory?

    これもSACDリリースを見落としていて、ちょっと前に出ていたオアシスの「モーニング・グローリー」です。最初からちょっとこのタイトル…と思っていましたが、ロッキン・オンのインタビューで、リアムがそういう意味だとバラしていました(^^)。

    米国アマゾンの評を見ると散々ですが、音質はどうでしょうね??

    (What's the Story) Morning Glory?

    魔夜峰央の新刊

    パタリロ!シリーズの魔夜峰央ですが、新刊が一度に3冊出ています。

    いちばん上のは未読ですが、魔夜峰央とダリの組み合わせはおもしろそう。

    「家政夫パタリロ!」はシリーズにはならず、これ一巻だけのようです。

    光源氏は、やっぱりバンコランですね。パタリロは脇役?。

    家政夫パタリロ!
    パタリロ源氏物語! 1

    SENNHEISER HD25 届きました。

    サウンドハウスから、注文してあったゼンハイザーのヘッドフォン、HD25が届きました。注文して2日ですぐに届きました。支払いは代引きにして、2万4千円くらいでした。

    早速あけてみると、ちゃんとゼンハイザーのヘッドフォンです(当たり前か)。ヨーロッパ仕様らしく日本語の説明書はありませんが、ヘッドフォンに説明書は不要ですね(^^)。英語を含む、各国語のマニュアルが入っています。

    聞いてみて驚きました。音が左右逆です。日本製のヘッドフォンはワイヤーが出ている側が左ですが、このヘッドフォンは右側からケーブルが出ています。マニュアルにもそう書いてあります。以前アップルストアで試聴したときには、知らない曲ばかりだったので気がつきませんでした。

    音質は、試聴して気に入った通り、大音量にしても崩れず破綻の無い固めの音です。個々の楽器の音がクリアーに分かりますから、リンキンパークやクリムゾンを聞いても気持ちがいいです。ブルフォードのスネアの音や、エマーソンのオルガンのクリック音もばっちり。

    なぜか、固めの音はクラシックファンは好まない人が多いようですが、私はクラシックを聴くときでも固めの音が出る方が好きです。余分な音が出ず、楽器やホール本来の音が楽しめると思います。やはり、いいヘッドフォンで聞くと、聞き慣れた音楽も「こんな音が入っていたの?!」という驚きに満ちています。大満足。

    唯一気になるのが、ケーブルが短めだということです。1.5mのようですね。iPodにはいい長さでしょうが、自宅でアンプにつなぐにはちょっと不足。3mくらいはほしいんですけれどね。延長ケーブルが必要のようです。

    SENNHEISER HD25-1 Sennheiser HD25-1 サウンドハウス(楽天)から

    SENNHEISER HD25

    前に銀座のアップルストアに行ったときに、マックも見ましたが iPod 用のヘッドフォンをいろいろ試聴しました。その中で気に入ったのがゼンハイザーのHD25でした。

    そろそろ買おうかと思ってアップルストアを見てみたら3万2千円もします。ちょっと高いですね。

    米国アマゾンはどうかな〜と思って検索してみたら、ありました。180ドルなので、2万円くらいです。

    喜んで注文しようと思ったら、「日本には出荷できません」ということで残念。アマゾン・ドイチェランドでも結果は同じでした。日本向けには発送してくれないようです。輸入業者が独占を利用してぼろ儲けを企むのは音楽CDに限りませんね(;_;)。

    SENNHEISER HD25

    腹が立つので、意地でも日本の代理店からは買わないと思ってネットで探してみたら、楽天で「サウンドハウス」という店でHD25−1を扱っているのを見つけました。並行輸入品なのか、2万4千円くらいです。米国アマゾンに比べると2割くらい高めですが、まあいいかということで注文してみました。

    どんなのが届くでしょうか…

    SENNHEISER HD25-1 Sennheiser HD25-1 サウンドハウス(楽天)から