Lonely Robot / The Big Dream

ジョン・ミッチェルのソロプロジェクトであるロンリー・ロボットのセカンドアルバム「Lonely Robot / The Big Dream」、4月28日発売です。

Lonely Robot / The Big Dream

2015年のファーストアルバム以来のアルバム…って思っていたら、2016年にはシングル「The First Step EP – Lonely Robot」がリリースされていたのですね。こちらも聴いてみよう。

//tools.applemusic.com/embed/v1/album/1134676490?country=jp&at=11l64B

広告

Big Big Train / Grimsound

英国のプログレバンドであるビッグ・ビッグ・トレインの新作アルバム「Big Big Train / Grimsound」、5月5日発売です。

Big Big Train / Grimsound

昨年5月には「Folklore」、12月にはライブアルバムの「Stone’s Throw from the Line」と、安定してバンド活動を続けています。このアルバムも充実したプログレサウンドが聞けそうです。

Apple Music / iTunes Store にはまだ載っていませんが、Amazon デジタルでも予約できます。あと、Bandcamp では 96KHz/24bit のハイレゾ版も入手できます。

Bad Company / Run With The Pack / Burnin’ Sky のデラックス版

バッド・カンパニーの1976年のアルバム「Bad Company / Run With The Pack」と1977年のアルバム「Bad Company / Burnin’ Sky」のデラックス版、5月26日発売です。

Bad Company / Run With The Pack

Bad Company / Burnin’ Sky

どちらのアルバムもCD2枚組で、オリジナルアルバムのリマスター盤を収録したCD1と、オルタナトラックを収録したCD2からなっています。ファースト、セカンドのリマスター版から少し間が空きましたが、リリースされることになって嬉しいです。

そして、両アルバムとももう Apple Music に載っています。早速ライブラリに加えておきました。聞けるようになる日が楽しみです。

//tools.applemusic.com/embed/v1/album/1210195347?country=jp&at=11l64B

//tools.applemusic.com/embed/v1/album/1210195651?country=jp&at=11l64B

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の Blu-ray

ひょっとしたら本編よりもいい映画だったかもしれない外伝、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の Blu-ray、4月28日発売です。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

パッケージは何種類かあるようですけれど、上のは最もシンプルなものです。一応初回限定で、K-2のスリーブケースがつくようです。中身は、本編Blu-ray、ボーナスを収録したBlu-ray、そしてDVDの3枚組です。もうDVDっていらない気もしますけれど、まだつけてくるのですね。

そして、これももう流行遅れの気もする 3D の Blu-ray をセットにしたパッケージもあります。もう4Kテレビにした時に3Dは見られなくなったのですけれどね。

そしてガッカリしたのが、4K Ultra HD がないことです。ローグ・ワンは UHD で見たかったのに、発売されません。米国のアマゾンにもないようなので、ハリウッドでも作っていないようです。

そのうち出ることもありそうですから、とりあえず 4K UHD まちにしますかね。4月19日から先行配信される iTunes Store で良い気がしてきました。尤も、iTunes の方も iTunes Extras ではないのが残念な点なのですけれどね…

Security Project / Five

セキュリティ・プロジェクトの最新ライブ「Security Project / Five」です。

Security Project / Five

メンバー交代があって、ボーカルが女声の Happy Rhodes になりました。ピーター・ガブリエルの曲にあるケイト・ブッシュのバックコーラスも再現しやすくなったかな。

と思ったら、この「Five」には、「Hounds of Love」に収録されていた曲の「Mother Stands for Comfort」のカバーも収録されています。ケイトの曲ももっと取り上げてくれるといいな。

UKZ以来の気もしますけれど、トレイ・ガンのベースも堪能できます。

4月10日には来日して東京ビルボードでライブもあるのですね。仕事があるから行けそうにないけれど、見たかったな。

Stick Men / Prog Noir (Bonus Tracks)

スティック・メンの新作アルバム「Prog Noir」のボーナスCDの方が Bandcamp で3月1日にリリースされました。

Stick Men / Prog Noir (Bonus Tracks)

もともと Prog Noir のボックスセットに収録されていたそうです。インストバージョンや未発表曲、オルタネートミックスを収録しています。

iTunes Store には載っていないので、Bandcamp で入手しました。7ポンドで900円弱でした。

Aimer / daydream

エメが昨年9月に発表したアルバム「Aimer / daydream」です。

Aimer / daydream

「甲鉄城のカバネリ」のエンディング・テーマ「ninelie」も入っています。様々な人たちが提供した曲を歌っているアルバムですが、どの曲もエメの曲になっています。

あと、Apple Music では提供していない曲もあるようですが、CDの時代もダウンロードの時代も終わり、1回再生されて幾らで収入になるようにルールが変わったことを理解できていないようですね。再生されないと、お金が入りませんよ。いいのですか?

//tools.applemusic.com/embed/v1/album/1143992407?country=jp&at=11l64B

iPhone 用ワイヤレスイヤホンの Beats X

Beats の新しいワイヤレスイヤホン Beats X です。

Beats BeatsX イヤフォン Bluetooth Lightning Siri対応 (ブラック)

Appleの新しいワイヤレスチップ W1 を搭載したワイヤレス イヤホン・ヘッドホンも、Beats Solo 3PowerBeats 3AirPods に続いて4機種目です。

待望の AirPods なのですが、遮音性が低くて外の音がよく聞こえます。使用状況によって利点・欠点の両方となりうると思うのですが、私が使った感想では電車だとノイズに負けてしまいます。結局、AirPods は歩く時と室内にいる時に使うようになりました。路上だと、あまり音が聞こえないのもかえって危ないですものね。

最初に出た Solo 3 と PowerBeats 3 は充電にUSBを使います。Android でよく使うタイプではあるのですが、iPhone で充電に使う Lightning とは異なるケーブルなので、結局ケーブルを複数用意することになります。

電車だともっぱら PowerBeats 3 Wireless を使っているのですが、ケーブル以外にも、耳にかけるハンガーはちょっと気になります。

Beats X は充電は Lightning なので、iPhone と同じケーブルで充電できるのはいいですね。ハンガーがないのも良さそうです。

ケーブル無しで先進的な AirPods も便利ですが、やはりリモコンはついていると便利ですよね。

評価記事を読んで見ると、音質は PowerBeats 3 よりも落ちるという記事と、むしろ低音を強調した Beats サウンドではなく、AirPods 寄りのナチュラルなサウンドで Beats X を評価するという記事と、2パターンあるようですね。

買って使ってみようかな…

高橋洋子 / Welcome to the stage!

高橋洋子のシングル「高橋洋子 / Welcome to the stage!」、3月22日発売です。

高橋洋子 / Welcome to the stage!

エヴァンゲリオンとシン・ゴジラで使われている曲をアレンジしたボーカル曲だそうです。リリースされたら聴いてみよう。

シン・ゴジラもエヴァと並んで庵野監督の代表作扱いになりましたね。

King Crimson / Ladies of the Road

キング・クリムゾンのアイランド期のライブコンピレーション「King Crimson / Ladies of the Road」です。

King Crimson / Ladies of the Road

1972年にリリースされた「アースバウンド」と異なり、2002年になってからリリースされた編集版です。このころは、P. J. クルックの絵をジャケットに使っていましたね。

CD1は、アースバウンドのようなど肝を抜く演奏ではなく、当時の代表的な曲を端正な演奏で音質よく収録しています。CD1の演奏は、いかにもキング・クリムゾンのサウンドで期待を裏切らない出来です。アースバウンドを聴いた後では、物足りなく感じるくらいかもしれません。

一方、CD2は「スキゾイド・マン」の間奏部分のインプロヴァイズっぽい部分を、いろいろな日の演奏から継いでCDいっぱいに収録したものです。こちらは、「アースバウンド」を思わせるような荒々しい演奏が入っています。アースバウンドの雰囲気を、より洗練された形で抽出していると思います。