FiiO X7 MarkⅡ を入手しました

FiiO のデジタル・オーディオ・プレーヤー X7 Mark II を使っています。

FiiO X7 MarkⅡ

入手したのはちょっと前の2月下旬です。SDカードの音源だけでなく、Apple Music をインストールして聴くのを目的として、Google Play の使える Android 搭載プレーヤーを選びました。

ディスク領域が 2GB とちょっと小さめだったので、FiiO のサイトからツールをダウンロードしてファームウェアアップデートをかけ、ディスク領域を4GBにしました。

Google Play は問題なく使えて、Apple Music も普通に使えています。やはり、Bluetooth 経由ではなく、直接有線イヤホンで聴くと Apple Music もなかなかいい音です。iPhone にイヤホンジャックがついている時からアンプの貧弱さを感じていましたが、DAPだとその難点もありません。2.5mm バランス接続で良い音が聴けます。

純正の FiiO Music アプリですが、最初のバージョンは確か 1.0.7 だったかと思うのですが、SDカードの曲スキャンが途中で止まってしまい、全ての曲が認識はされませんでした。これは困ったと思ったのですが、1.0.8 にアップデートしたら治りました。

FiiO Music アプリには DLNA アクセス機能もあるのですが、1.0.7 や 1.0.8 では動きませんでした。これも、2月末に配信された 1.0.9 からちゃんと動作するようになりました。

SDカードのハイレゾ音源、DLNA 経由の NAS のハイレゾ音源、そして Apple Music の音源と、全てを良い音で聴くことができて満足しています。

難点といえば、やはり最新の iPhone に比べると操作がちょっと遅めに感じるところでしょうか。まあ、アンドロイドは iPhone に比べてしまうとどれも反応が鈍く感じますけれど、Android のバージョンも5と古いですし、しょうがないかな。

ただ、もう【在庫限り】の表示が出ているように、来週の3月16日には新機種が発表されるようですね。買ったばかりなのにもう旧機種になるのはショックですけれど、Android 8.1 で Apple Music が使えて高速に動作するなら買い替えを考えてもいいかな。ただ、アンプを接続するコネクタの規格も変わるという話ですね。先日発表された AM3D もちょっと微妙になるかも。あと、やっと 1.0.9 でちゃんと動作するようになったところなので、新機種が安定動作するかどうかはちょっと気になります。新機種は Qi に対応して欲しいところですけれど、どうでしょうね。

iPhone 接続だと機能が上がっても生きなさそうですし、Q5 の方は買い替えずに持っておこうかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中