King Crimson 50周年記念のレアトラック公開と50周年記念リリース

キング・クリムゾンは1969年の今日、1月13日に結成されたそうです。キング・クリムゾンの50周年を記念する企画の一つとして、1週間にひとつ、全部で50のレア・トラックが公開されるそうです。その一つ目が YouTube で公開されました。

King Crimson 50周年記念のレアトラック公開

マネージャーであるデビッド・シングルトンによる解説つきです。最初に公開されたのは「21世紀のスキゾイドマン」のラジオ・エディットバージョンです。

DGM Live! に記事がのっています。

今年は50周年記念で、ライブが50公演開かれるそうです。また、5月には1990年から2008年までを収録したボックスセット「Heaven & Earth」がリリースされるそうです。ジャケット画像が出たのは初かな。これで、スタジオアルバムの40周年記念盤のリリースが完成します。
2008年をわざわざ含めたのは、ドラムがパット・マステロットとギャヴィン・ハリソンの2人体制で数回ライブを行った編成の演奏も収録するということなのでしょうね。「Thrak」の2015mixと同様に、今のセンスでリミックスされると楽しそうです。

King Crimson / Heaven & Earth

CLUB47までリリースされているコレクターズ・クラブも、今年に48,49,50をリリースして終了となるそうです。CLUB48は1972年12月8日のジェイミー・ミューア在籍時代のニューキャッスルのボード音源のライブだそうです。これは楽しみですね。

1969年10月12日に発売されたファーストアルバムの「クリムゾン・キングの宮殿」を記念して、10月12日に宮殿のボックスセットがリリースされるそうです。これは記念する日付まで指定されているので、遅れることはないのでしょうね。これには、アルバムの新しいリミックス、ライブに加えて、レコーディングセッションが入るそうです。昨年の1月13日の記事にあったリハーサル音源が入るのでしょうか。クリムゾン版の「ラッキー・マン」や「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウイズ・ダイヤモンズ」などが入っていたらすごいですね。それから、ロバート・フリップとデビッド・シングルトンによる「DGM Companion Vol 1」が入るそうです。

それから、2019 King Crimson Tour Box に加えて、「Complete 1969 Recordings」というのがリリースされるそうです。説明を読んでも何がリリースされるのかよくわからないのですが、40周年記念版の「宮殿」には Blu-ray が含まれていなかったので、ボックスセットからスタジオ盤の「宮殿」のみがCD/DVD-Audio/Blu-rayのセットでリリースされるのかもしれないですね。

あと、50周年記念版の「宮殿」はリマスタリングされると思うのですが、今回は誰が担当するのかが気になるところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中