有線イヤホンの Final E4000

有線のイヤホンである、Final の E4000 を入手しました。

final E4000 ハイレゾ・リケーブル対応カナル型イヤホン

ツイッターで Final のイヤホンを教えてもらったので、ビックカメラの店頭で試聴してみました。試聴するときには、アップル純正のLightning – 3.5mmアタブタを使いました。

試聴台に出ていたのはE4000ではなくてE2000の方でしたが、フラットで色つけはないけれど、解像度が高く残響音も綺麗に聞こえる感じがしました。低音域は十分なボリュームで聴こえますし、高音域はもうちょっとシャープでもいい気もしましたけれど、癖はあまり感じませんでした。「試聴する時は爆音で」とアドバイスされていた理由も鳴らしてみてわかったのですが、音はやや小さいですね。少しボリュームを上げ目にすればいいだけなので、特に問題ではありません。
筐体は小さくて耳にすっぽり入り、装着感も良いです。耳からはみ出るタイプのイヤホンだと引っ張られる感じがするのですが、Final のイヤホンではまったく感じませんでした。

気に入って入手することにしたのですが、あとでバランスケーブルに交換したり、他社のBlueToothケーブルに交換して遊んでみようと思っているので、リケーブル対応のE4000の方にしました。

ちょっと聴いたところでは高音域が伸びていない気もしますけれど、これはエージングで変わってくるでしょうね。

買った場所はビックカメラで8%のポイントがつきます。また、今日から割引サービスが始まった PayPay で支払ったので20%のポイントがつきますから、全部で28%のポイントがつきました。これは小さくはないですね。iPhone 用のヘッドホンアンプも入手しようかと思っちゃいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中