King Crimson 来日公演

11月27日の東京公演から、12月21日の名古屋公演まで、ひと月のキング・クリムゾン日本公演が始まります。

Setlist.fm にも東京公演のエントリーができています。どんな曲を演奏するのでしょうか。

最近のセットリストを見ていると、大きく3つの組曲(スイート) を軸に組み立てられているようです。
最近のヌーヴォメタル路線を総括しているような新曲の組曲である「メルトダウン・スイート」で、Radical Action, Raical Action III(新曲ですかね), Meltdown, Radical Action II そして太陽と戦慄パートV(Level Five)の5曲からなっています。

もう一つはリザード・スイートで、Dawn Song, The Last Skirmish, Prince Rupert’s Lament の3曲です。これに、Circus が加わる日もあるようです。2016年の Live in Vienna では Dawn Song だけでしたが、2017年の Live in Chicago ではスイートが聴けます。

それから「宮殿」スイートです。Moonchild, カデンツァを挟んで The Court of the Crimson King の構成です。なぜか、Epitaph はこの流れに入らないようです。このスイートはまだライブとしては公表されていないです。

最近のライブはこの3スイートが柱になっていて、これらをどの順で並べてくるか、また他にどんな曲を取り混ぜてくるかが注目点になりそうです。

この様子なので、「リザード」を聞き込んでいく方がより楽しめそうです。あと、宮殿ももう一度聴いてみますかね。

メキシコのライブを聴きながら、またツイッターで皆さんのライブレポートを読んで楽しみます。

King Crimson / Meltdown In Mexico - Live In Mexico City 2017

King Crimson 来日公演” への2件のフィードバック

  1. ムーディーブルースとスティブン・ウイルソンの投稿時のレス、ありがとうございます。
    11/28(水)、参戦しました。1階6列17番、ど真ん中良席で堪能して参りました。
    一昨年の来日時は、席を確保していたにも拘わらず、仕事の都合で泣く泣く溶かしていたKing Crimson公演。
    今回は幸運な事に良席で、会場に着き席に着くなり、各演者の楽器セットを見渡し悦に浸り、定刻通りにスタート、
    Larks1からの予想通りの開始に気分は最高潮、まさかのLarks4披露に歓声を上げてしまいました(笑)。
    Shoganaiに収録されていた今となっては“海苔音源”CD、発売当時は音圧をここまで高められるのかと思って愛聴していたLarks4。
    まさか生で聴ける日が来るとは思っていなかったので、鳥肌モノで聴き入りました。
    自分が体感したセットリストは、MoonChildを聴けたという事で、宮殿Suiteなのかと。I Talk To The Windはなかったけれども、
    In The Court Of The Crimson Kingは、あるべき曲、本来の姿で披露してくれて、観客の度肝を抜いていました。
    StarlessでFripp卿の超絶技巧神技ギターに酔いしれ、21st Century Schizoid Manで大満足のオーラスを迎えさせてくれるという魂を撃ち抜かれる構成。
    軽食を摂って行ったとはいえ、空きっ腹に容赦ないトリプルドラムの躍動&振動、レビンの職人技のリズム供給。コリンズの管楽器が色彩を帯びさせ、
    ジャッコがFripp卿をサポートし、屋台骨を支える凄技手段のライブ。もう一度、参戦したくなる凄まじい体験ができたLiveでした。
    King Crimson歴若干35年の若輩者が、本当に若造に思えるくらいの先輩方が多く来場されていたLiveでした。
    SW氏の六本木Liveよりも年齢層は、高め(笑)。人生経験の深さが、オーディエンスの反応に如実に現れていて、
    Liveの楽しみ方を知っている観客層で、こちらも落ち着いて楽しめました。
    若干のネタバレを、演奏前、休憩時の“ベルの音”、自分としては心地よく聴けていましたが。あれは公演開始に至る合図の役目も果たしているのでしょうか!?
    それでは、参戦時、お楽しみ下さい。レポートも楽しみにしております。
    コメ欄汚し、失礼しましたm(__)m。

    いいね: 1人

  2. 敘恩檸檬さん、いらっしゃい

    11月28日ということは、東京4連続公演の2日目にいらっしゃったのですね。

    King Crimson Concert Setlist at Orchard Hall, Tokyo on November 28, 2018 | setlist.fm
    https://www.setlist.fm/setlist/king-crimson/2018/orchard-hall-tokyo-japan-739722ad.html

    ヨーロッパツアーでは定番の3スイートを演奏したのは初日だけで、次の日からはずっとパターンを変えてきているようです。28日はパートIVやニューロティカ、そしてディシプリンとインディシプリンのセットが聴ける日だったですね。

    前回のライブも圧倒されましたが、今回のライブは更にパワーアップしているそうですね。私は行けるとしても最後の方になりそうですが、東京だとまたチャンスがありそうですね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中