MQA CD 版の マイク・オールドフィールド / チューブラー・ベルズ を入手しました

Mike Oldfield「Tubular Bells」のMQA形式のCD、好奇心に勝てず買ってみました。

マイク・オールドフィールド / チューブラー・ベルズ

入手したのはアマゾンです。残り1点となっていますけれど、追加プレスもありそうです。

チューブラ・ベルズにはオリジナル1973年オリジナル版と2009年リミックス版があります。Apple Music は2009年版を配信していますし、MQA版もてっきりこちらかと思っていたら、オリジナル1973年版の方でした。これについてはライナーノートにも記述がありますし、音を聴いても1973年版だと思います。

FLACでリッピングしてMQA非対応のウォークマンで聴いてみたのですが、予想外に良い音で驚きました。2009年リリースのデラックス版のCDからリッピングした1973年版とは別物と思えるくらいクリアーで分離の良いサウンドです。

MQA形式については今だによくわかっていないので、何故CDフォーマットなのに良い音がするのでしょうね。アナログテープ -> DSD -> MQA-CD とフォーマット変換したそうですが、そのプロセスが良かったのでしょうか。

Appleロスレスでも圧縮して iTunes に入れてみましたが、Music Match / Apple Music にもアップロードできて、iCloud経由でiPhoneでも聴けました。MQA-CDでもそんなに異常なデータとはみなされなかったようです。2009年版CDのリッピングは iTunes Match / Apple Music では「マッチ」と判定されて iTunes Store の音源に置き換えられました。MQA-CDは「アップロード」となっているので、iTunes Store の音源とは別物と判断されたようです。そして、不思議なことにやはり良い音に聴こえます。とても不思議です。

これだけ良い音で聴けるのならば、既にエディ・ジョブソンの制作したリマスター版のハイレゾ音源を持ってはいるのですが、UKのアルバムも聴いてみたくなります。そして、MQAを聴ける装置も考えてみますかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中