映画『レディ・プレイヤー1』を観ました

iTunes Store で、スティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』を観ました。

レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション (4K ULTRA HD&3D&2D&特典ブルーレイセット)

カタカナで「レディ・プレイヤー1」と書いてもよく伝わらない気がしますけれど、英語で「Ready Player One」と書けば、ゲーム世代ならばすぐに雰囲気のわかるタイトルになります。ストーリーは、ハリウッドではよくあるような、大企業の悪人の不正を普通の人たちが暴いて倒す話ですが、題材がゲームなこともあり、ゲームに関する知識がパワーとなるところがちょっと面白いです。

物理媒体は4K UHDがボックスセットのみの販売なのが悪評を買っていますけれど、それは改められていないですね。iTunes Store の4K UHD版の圧勝でしょうか、映画で叩きのめされる大企業の姿と重なったりして。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中