Anker のワイヤレスイヤホン ZOLO Liberty+ を使ってみました

アンカーのワイヤレスイヤホン、ZOLO Liberty+ を入手して、iPhone と組み合わせて使ってみました。

Anker のワイヤレスイヤホン ZOLO Liberty+

すまほん!!の評価基準「完全ワイヤレスイヤホン「Anker Zolo Liberty+」レビュー」はかなり詳しいです。

装着感は良くて、首を振っても落ちる感じは全くありません。やや大きめなので耳からはみ出しているように見えますけれど、他社のイヤホンもだいたいこんな感じなので大差はないです。

IT系のメーカだけあり、Bluetooth 接続も全く問題ありません。最初の接続の時も、2回目以降の接続の時もスムーズに素早く接続できます。接続不良でイライラすることもありません。左右ユニットのスイッチを押すとちゃんと接続されますし、リモコン動作もスムーズです。電車に乗っていても、途切れることもありませんでした。まあたまに瞬断はありましたが、これはどのワイヤレスでも起こります。遅延も特に気になりませんでした(とはいえ、音ゲーはやらないので、この点はちゃんとした評価ではないかも)。このあたり、IT技術力の高さを感じます。

肝心の音質ですけれど、新素材のグラフェンを使っているためなのか、エージングには他のイヤホンよりも長くかかったような印象があります。低音域は厚めでボリュームがあって元気よく、高音域もよく聴こえるメリハリのある個性的なサウンドです。どちらかというとポップス向きなのかな。厳しく言えば、高音域にピークがあり、それよりも高い周波数の音は鳴っていない印象です。だから、シンバルの細やかな音などは表現されておらず分解能不足にも聴こえます。低音域も同じ傾向かもしれないですね。

まあ、EarinやBeoplayと比べてはいけないのでしょうね。楽器もそうですけれど、オーディオもきっちり値段相当の音質になるようにチューニングされている気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中