King Crimson / Live in Vienna の海外盤

DGM Live News で、キング・クリムゾンの『King Crimson / Live in Vienna』、海外盤が発表になりました。4月6日発売です。

King Crimson / Live in Vienna

2016年12月1日のウィーン公演を収録したライブです。日本盤は昨年の9月にリリースされて、CD3は「ライブ・イン・東京2015」と題して日本公演の演奏を収録しています。

海外盤は、CD1とCD2のウィーン公演はほぼ同じですが、CD3の内容が異なります。アンコール&エクスパンションとして、「Fracture」を収録しているのが目玉ですね。あと、なぜか日本盤ではCD2に収録されていた「Heroes」と「21st Century Schizoid Man」がCD3に入っています。アンコールは別CDにしたかったのでしょうか。アンコールに続いて、ロバート・フリップ、メル・コリンズ、トニー・レヴィンの3人によるサウンドスケープ曲を3曲収録しているそうです。

CDは日本盤を入手しちゃいましたし、海外盤はハイレゾ版を入手したいところですけれど、配信されるかな。CDを予約せずに様子をみようと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中