ソニーのレコードプレーヤー PS-HX500 その後

以前、ソニーのレコードプレーヤー PS-HX500 を買うという記事を書きました。その後です。

ソニーをdisっていますので、SONYファンの人は以下は読まないでください。

ソニーのレコードプレーヤー PS-HX500

目的はレコードを聴くことでなく、ロスレスで録音してファイルを作ることです。ソニーのサイトからPC/Macの録音アプリをダウンロードできるので、Mac版をダウンロードしてセットアップし、録音しようとしました。

ところが、Hi-Res Audio Recorder の Mac 版ですが、録音してタグ付けまではできるものの、「書き出し」のボタンをクリックしても何も起きません。本来は書き出し画面が出て書き出す部分を指定できるはずなのですが、全く動作しません。

ソニーのサポートとチャットしてみたところ、対応OSは10.12までとのこと。だいたい、macOSが10.13にアップグレードされたのはだいぶ前ですし、セキュリティホールも多数報告されているというのに、未だに10.13.1以前のmacOSを使い続けるなど考えられないでしょう。ベータ版もかなり前から一般公開されていますし、10.13.2 に対応しているのはメーカとして当然です。そんなことも怠っているソニーというのは、どれだけ消費者を軽視している会社なのでしょうか。おまけに、10.12から10.13に上がっただけでダイアログが出ないとか、どれだけ稚拙な作りのアプリなのでしょうか。

思い起こしてみれば、「石鹸箱」と揶揄された不恰好なソニーのデジタルウォークマンにトドメを刺したのは、同期ソフトのできの悪さでした。ソニーのアンドロイドTV KJ-43X8300D は、組み込まれているアンドロイドの反応が鈍すぎて使う気になれません。だから単なるモニタになっていて、映し出されるのは Apple TV の画面です。テレビ番組など全く見ないですし、モニター機能があれば十分で「テレビ」は不要ですね。イヤホンのWF-1000Xは音質は良いものの音切ればかりです。そして、アナログプレーヤーは、これ。ソニーはアナログ部分の技術は高いと思いますが、弱点は情報技術のレベルと意識の低さですね。これだけ情報技術が日常化している時代に、ITに弱いのは致命的です。

アンドロイドTVがトロいのを前から懸念していたのですが、これではソニーの有機ELテレビを買う気にはちょっとならないですね。SONYファンはそろそろ卒業することにしてソニーは候補から外し、ついでにITオンチそうな日本のメーカーも外して、IT技術の高そうなLGあたりを検討することにしましょうか。4K UHD 対応の有機ELモニタがあれば、テレビも要らないのですけれどね。

しかし、久しぶりにアナログレコードの音を聞いてみましたが、アナログは手間がかかりますね。レコードをクリーニングして、針をクリーニングして、相当気を使います。音が出ても、針がビニールをこする音は聞こえますし、ホコリのノイズも聞こえますし、サ行の強い音は歪みますし、音質はデジタルやハイレゾに比べてかなり落ちますね。まあ、昔聞いていた「あの音」が聞こえるというのはありますし、音の好みは様々とは思いますが、デジタル音源があればアナログレコードは不要と改めて思いました。

ELPのファンファーレボックスのLPレコードの音源が録音できればそれで十分なので、どこかでPCでも借りてきますかねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中