ワイヤレスイヤホン B&O Play Beoplay E8 を使ってみました

B&O社の、左右独立型ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 をしばらく使ってみました。

ワイヤレスイヤホン B&O Play Beoplay E8

左右独立型のイヤホンを一度使うと、ケーブルから解放される要素はとても大きいと思います。しかし、AirPods では全く感じなかった音切れが大きな問題ともなっているようです。そこで、NFMIを使用していて音切れを抑えているという評判を見て、Beoplay E8 を試してみました。

まず最も心配な音切れですが、これは全く気にならないレベルで、AirPods と同じくらい優秀です。この点は素晴らしいです。

次に、遮音性ですが、これもかなり高いです。NCではないので外音が聞こえないわけではありませんが、遮音性は高めです。ここは、外の音も聞きつつ使うことが前提になっていると思しき AirPods とはかなり異なります。電車の使用にも向いていそうです。

AirPods はケースから取り出すと自動的に iPhone に接続してすぐに音が鳴りますが、E8 は右側のユニットを押して電源を入れる必要があります。まず右側から「ポコッ」と音が聞こえ、続いて両側から「ポコッ」と音が鳴るので、左右のユニットの準備ができたことがわかります。明快ではありますが、音楽を聴くまでにひと手間かかりますね。

リモコンは、右側のタッチで再生/停止、左側のタッチで外音とりこみです。さらに、右の長押しで音量アップ、左の長押しで音量ダウンできるのはとても便利です。AirPods を含め、音量調整機能のないイヤホンが多いですよね。

コーデックも気になりますが、Phile Web の記事「B&O PLAY初の完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」レビュー。操作感からサウンドまで全てが高品位」によると、SBCだけなくAACにも対応しているそうです。

そして肝心の音質ですが、この手のいわゆるカナル型のイヤホンは、イヤーチップと自分の耳の相性でかなり音質が変わる気がします。そして、このタイプのイヤホンの共通点として、最初は思ったよりも押し込まないと本来の音が聴こえない気がします。このイヤホンも、最初に聞いた時には「全然低音が聞こえない」と思ったのですが、それは押し込み不足でした。ギュッと押し込んでみると低音の量感もちゃんとあります。

このイヤホンは、低音域から高音域までの全域に渡ってシャープでクリアな、硬い音が鳴ると思います。全音域で柔らかめの音が鳴るBOSEのイヤホンとは対照的ですね。低音域ソリッドにしつつ、高音域はシャープさを失わない程度にやや柔らかくして厚みを感じさせるJBLの音作りが好きなのですが、B&O E8 はギターやシンバルの音もソリッドに鳴らしてくれるモニター的な音の気がします。

各楽器の細かい音まで聴こえて、「おっ」と思わせるサウンドではあるのですが、それでこの音が好きかと言うとそうでもないのがイヤホン選びの面白いところです。音切れさえなければ、JBLの方がサウンドとしては好きかな。でも、当面は E8 を使ってみようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中