Emerson, Lake & Palmer / Fanfare 1970-2010

買わないつもりでいたELP、エマーソン、レイク&パーマーのボックスセット「Fanfare 1970-2010: Emerson, Lake & Palmer Box」ですが、アマゾンで在庫が入ったのを見てついポチっちゃいました。


Fanfare 1970-2010: Emerson Lake & Palmer Box

スタジオアルバムのCDはもちろん持っていますし、ハイレゾ音源も入手しましたし、それにスティーブン・ウィルソンのリミックスもジャッコのリミックスもあまり好きな仕上がりではなかったので、ボックスセットは買わないつもりでした。

でも、Super Deluxe Edition の記事「Emerson, Lake & Palmer / Fanfare 1970-1997: career-spanning 24-disc box set」に曲目リストが載っているのを見つけました。

この曲目リストを眺めると、目玉のCD14の1972年のライブが、「ホウダウン」にはじまり、「タルカス」や「展覧会の絵」、「ロンド」まで入っているいいセットリストであることや、CD18の1997年のライブが、「Part 2」に始まり、「タルカス〜展覧会の絵」のメドレーが入っていて、「庶民のファンファーレ」は入っていないものの「スキゾイドマン〜アメリカ」も収録しているので聴きたくなりました。

また、アナログ盤の1973年のイタリアのライブはブートを思わせる曲順の収録ですが(ブートの復刻なのかな?)、聴いてみたくなりますね。

プレオーダーに乗り遅れたので、今頃ほしくなってももう手に入らなかかな..と思っていたところ、昨日に突然アマゾンの在庫が復活しました。値段も1万9千円くらいなので、まあいいかなと思ってオーダーしました。最初のロットは年の表記が1970-1997だったようなので、セカンドロットなのでしょうか。在庫数も増えたり減ったりしつつ、まだ5点残っています。明日には届くかな。

アナログLPが聴けるように、機器を揃えなくては。

広告

Emerson, Lake & Palmer / Fanfare 1970-2010” への2件のフィードバック

  1. 1970-1977は、ボックスの裏に3,000セット限定の中のシリアルナンバーが表記されていました。

    1970-2010に関しては、果たして、この品物がセカンドロットかどうかは、私も受け取ってみてから観察しようと思っています。

    今年になってからのEL&Pのリイシューのアナログ盤に関しては、ヨーロッパで制作したものを米国で輸入してシュリンク上に別のバーコードを付けて米国盤と表示して売っている事を販売者が調べてくれました。

    このボックスは、タイトルの年号が違うので、その部分が写真の通りにボックスの蓋に本当に反映されていれば、手がこんでいる仕事だと思われますが、
    内容物が、1970-1977より、割愛されていない事を祈ります。

    いいね

  2. torioden さん、いらっしゃい。

    今日アマゾンからボックスセットが届きました。

    ドキドキしながらパッケージを開けたところ、表記はなんと「1970-1997」でした。裏にはシリアルナンバーもあり、2129/3000でしたよ。

    アマゾンのあの2010の表記の画像はなんなのでしょうね?謎です。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中