watchOS 4.1 で音楽のストリームが可能に

今朝配信された watchOS 4.1 から、Apple Watch 単体で Apple Music のストリームが可能になりました。

Apple Watch Series 3 Apple 日本

Apple(日本)さん、サイトから「まもなく登場」の文字を消し忘れてますよw

アップデートしたあと、AirPods を装着して試してみました。Apple Watch の画面から Music アプリを呼び出すと、iTunes の「For You」タブで見慣れた「Favorites Mix」「Chill Mix」「New Music Mix」と並んで、最近再生したと思しきアルバムが順にWatchの画面に現れます。アルバムの選択は、側面のリューズを回して行います。タップしてみると、接続するイヤホンを選ぶ画面が出て、タップすると再生が始まります。

これまで、外で音楽を聴くにはウォークマンのカセットから始まって、iPod 内のストレージに同期、そして iPhone でクラウドの音楽を聴くと、スタイルを変えつつだんだん便利になってきましたが、とうとうワイヤレスで時計とイヤホンだけでクラウドの音楽を聴くことができるようになりました。

これまで持ち歩いていたiPodが、腕時計のサイズになったかと思うと画期的ですね。クラウドの曲を自由に選んで聴けるので、同期に煩わされることもありません。音楽ファンにとっては、革命的とも思えるすごい出来事だと思います。これを可能にした Apple 社は凄いですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中