SONY の Ultra HD プレーヤー UBP-X800

ソニーの 4K Ultra HD 対応プレーヤー UBP-X800、6月24日発売です。

SONY の Ultra HD プレーヤー UBP-X800

4K Ultra HD プレーヤーとしてはソニー初ですが、値段が5万円弱なのにちょっとビックリ。初号機は10万円超えのマニアックな機種を出してくるかと思いましたが、違いましたね。まあ、「ディスクで映画を見る」ことそのものがシュリンクしていそうですし、もう高いのを出してもあまり売れないからでしょうね。

音楽好きとしての注目点は、4K Ultra HD だけでなく、SACD や DVD-Audio などのハイレゾ音源にも対応したことでしょうか。SACDはともかく、DVD-Audio にも対応する、いわゆるマルチディスクプレーヤーなのもビックリ。こちらもソニーとしては初ですよね。

LDACを使って Bluetooth で音声を送れるのも便利そうですね。これで、映画を見ている時にもワイヤレスヘッドホンが使えます。

Netflix と Amazon ビデオにも対応しているそうですが、これは操作感と動作スピードにもよるかな。この手の装置のCPUやメモリは貧弱で、動作が遅くてイライラさせられることが多いですよね。次世代で4KUHDに対応してきそうなApple TV に勝てるでしょうか。

あと、思い切ってアナログをすべて排除し、出力はHDMIと同軸だけなのもいい点ですね。もうアナログケーブルは使いませんし、そのぶんコストをカットするのは良いことだと思います。

というわけで、価格が安いこともあり、UHDプレーヤーはこれにしようと思っています。10%引きクーポンもありますし、予約ならソニーストアが安そうです。

あとは、バグが少ないと良いですよね…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中