YES featuring ARW (2017.4.24) 名古屋公演を観てきました

2017年4月24日(月)に名古屋市民会館で開催された、イエス featuring ARW (アンダーソン、ラビン、ウェイクマン)公演を観てきました。

Yes featuring ARW

来日直前に、バンド名が ARW からイエスに変わりましたけれど、ジョン・アンダーソンがメンバーに入っていますし、まあそんなものですよね。トレバー・ラビンがギターなので 90125 Yes を基本に、リック・ウェイクマンが加わっているという編成です。

Trevor Rabin

今回は日本のライブでは珍しく、ケータイでならば写真を撮っても良いということでしたので、ここにも写真をアップできます。この方がライブの宣伝にもなりますよね。オープニング曲の「Cinema」で撮ったトレバー・ラビンです。90125の曲でもあり、のびのびとギターを弾いています。

Cinema の終わりころにジョン・アンダーソンが登場して、「Perpetual Change」、続いて「Hold On」と演奏します。90125の曲ですが、ミニムーグでリックらしいフレーズを挟んできます。以前はちょっと荒れた声だった気がするジョン・アンダーソンですが、クリアーな美しい声を取り戻していました。

Jon Anderson

ジョンのMCで「いい人たち、いい人たち」と繰り返しながら「I’ve Seen All Good People」。それから「70年代の曲でこれは外せないんだ」のMCに続いて「And You and I」。リック・ウェイクマンの作り出すキーボードサウンドが素晴らしい。

そして、「Rhythm of Love」に続いて、「Heart of the Sunrise」。リックのミニムーグによるソロが冴えます。これでこそイエスですよね。この「燃える朝焼け」が、この日に演奏した中で最も素晴らしい曲、ライブのハイライトだと思いました。観客も立ち上がって拍手する人が多数いました。

リックのミニムーグ、やはりアナログでチューニングがずれるのか、時々音を消してヘッドホンで何か調整していました。

Rick Wakeman

それから「Changes」に続いて、大曲の「Awaken」。しかし、この曲だとトレバー・ラビンのギターも少し苦しそう。初期の曲に比べると、イエス後期のこの曲はギターフレーズも高度化しているのか、ちょっと追いついていない印象。その分、ジョン・アンダーソンがタンバリンを鳴らして張り切りますw 後半のキーボード主体の部分になると、リック・ウェイクマンの分厚いオルガンサウンドは素晴らしかったです。この辺りから観客も総立ちです。

そして最後は「Owner of a Lonely Heart」。リック・ウェイクマンもあのオーケストラ・ヒットを弾いていましたよ。舞台から降りてきて、会場を歩く場面もありました。(ちょっと席から遠かったので写真は撮れませんでしたが)

Yes / ARW

そして最後は Roundabout。ちょっと一部省略していた気もしますけれど、やはりリック・ウェイクマンのキーボードが堪能できました。

他の公演のセットリストと比べると、かなり曲が少なめですね。Union や ABWH の曲がありませんし、ドラムソロもありません。童謡もなかったです。名古屋の市民会館は9時に閉めると決まっていて、早めに終えることにしたのでしょうか。

しかし、ジョン・アンダーソンもリック・ウェイクマンもオーラがすごいですね。歌やキーボードサウンドも、自信に溢れたフレージングだったと思います。

ARWもイエスになったので、本家イエスと元祖イエスという感じになりましたけれど、どちらのライブも素晴らしいです。なぜか、アンダーソンもラビンもウェイクマンもライブで見たのは初めてでしたが、本家イエスと両方観たので、これでコンプリートした気分です。

1. Cinema
2. Perpetual Change
3. Hold On
4. I've Seen All Good People
5. And You and I
6. Rhythm of Love
7. Heart of the Sunrise
8. Changes
9. Awaken
10. Owner of a Lonely Heart
アンコール
11. Roundabout

YES featuring ARW (2017.4.24) 名古屋公演を観てきました” への4件のフィードバック

  1. 名古屋公演の詳細、ありがとうございます。
    私も後ろの席で観てました、初の追っかけです(^^ゞ
    東京公演最後の19日に観て感激し、急きょお休みをいただき名古屋へ行った次第です。4日前にチケットを購入したのですが、オーチャードホールよりも間近に見えて、リックが客席に降りたタイミングで通路を走りました。東京公演よりも曲、MCとドラムソロがカットされていましたが、Awakeのリックのソロ演奏が長かったです。総立ちの後半は東京公演よりも盛り上がったように感じましたよ! 90125以降からのロックファンが多いのかなと思いました…確かにノリは良いですね。
    地方の方がよく見えるし、観光もできるし、一石二鳥。思い切って行って良かったです。

    いいね: 1人

  2. hello nico さん、ブログの引越し先で読んでくださってありがとうございます。
    YES ARW の名古屋公演にいらっしゃっていたのですね!ブログで名古屋旅行なのは拝見していましたけれど、イエスの追っかけでしたか(^O^)v
    名古屋市民会館ビレッジホールは Wikipedia に2階層で1146席とありますが、ライブにはいい会場かもしれないですね。Awaken のリックのソロは長めでしたよね。他の会場よりもサービスして「いつもより長く弾いております」状態だったとはw ノリはよかったですよね。
    東京のオーチャードーホールも音が良いという話なので、一度行ってみたいと思っています。それぞれの地方ごとに、ライブも地域性があるかもしれないですね。

    いいね

  3. 写真きれいですね。私はAndroidにしたので失敗しました、次はiPhoneに戻ります。1Fの一番後ろで見ていたので、デジカメや動画をコマメに注意されているのを見てカメラを出せず、イマイチのスマホ写真しか撮る事ができず、残念です。
    ジョン・アンダーソンの来日はあきらめていたので、とても嬉しかったです。ぜひ、YESで再来日して欲しいものです。Bill Brufordも居たらもっと嬉しい、「Siberian Khatru」が聴きたい!
    東京公演の時、ABWHの曲の前にジョンが「many many … many years … friend」とリックの事を言ってました。「どんぐりころころ」はこの部分を何度か歌ってましたよ、この先を知らないようで。
    名古屋公演では、「Awaken」が終わってから総立ちでしたが、東京では「Owner of a Lonely Heart」の後だったように記憶しているので、名古屋の方が盛り上がったと感じた次第です。「Rhythm of Love」もノリノリでしたね。
    私はジョンの「Heart of the Sunrise」を2度も聴けて幸せ者です。入口でポスターと共に地元のご夫婦(?)に写真を撮ってもらったのですが、「Fragile」のTシャツを着ていたので「気合が入ってる」と言われましたよ(笑)

    いいね: 1人

  4. 席が前よりだったのと、iPhone 7 で撮ったからか、思ったより綺麗に写っていました。スマホで写真が撮れるのだから、iPhone 7 Plus を持って行ったほうがよかったと後から気がつきました ^ ^ ; 最近の iPhone のカメラ性能はすごく高いですよね。デジカメを持ち歩かなくなっちゃいました。

    最近、イエスの「ロックの殿堂」の記念演奏のプロショットが YouTube に載りましたね。このメンバーで来てくれたらいいのに。
    本家イエスは、カール・パーマーのELPレガシー、トッドラングレンとともに夏のUSツアーがありますけれど、この続きで日本に来てくれても嬉しいですよね。

    Fragile のTシャツですか!会場ではARWのTシャツを着た人を見かけましたけれど、きっとあの人もhello nico さんと同様に追っかけなのでしょうね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中