Pink Floyd / The Early Years 1965-1972 届きました

ピンク・フロイドの27枚組ボックスセット「Pink Floyd / The Early Years 1965-1972」結局は国内アセンブル版を入手しました。

Pink Floyd / The Early Years 1965-1972

UKボックスセットとは異なり、数は十分出回っているようなので、Burning Shed で買ってもよかったかもしれません。

実物が届いて、びっくりしたのはボックスの大きさです。写真で見ても大きそうな気はしていたのですが、よくあるボックスセットがアナログLP10枚分くらいの大きさなのに対し、このフロイドのボックスセットは文字通り「箱」です。小型のみかん箱くらいの大きさがあります。早速置き場所に困ることになりそうです。

まだ Blu-ray の方は見ていなくて、CDを数枚リッピングして iTunes に取り込んで聴いてみています。

最初に取り込んだのは、「エコーズ」のデモ音源の一つである「Nothing Part 14」と、1971年のBBC音源を収録した「Reverber/ation」です。これまでブートで散々聴いてきた音源ですが、リマスタリングで音質が大幅に改善されているのにびっくり。これまでは聴き取れなかったような楽器の音が聞こえてきたりします。楽器のバランスも、これまで聴いていたラジオ音源のブートとはだいぶ変えてある気がします。

「Live at Pompeii」の2016ミックスも、DVDの音と比べれるとかなり差があります。これにも「Echoes」が収録されていますし、この時期の演奏が聴けるのは嬉しいです。「雲の影」の2016ミックスを収録した「Obfusc/ation」もいい音です。

この3枚の音源だけでも、ボックスセットを入手した価値が感じられました。祝日に、他のディスクも取り込んで聴いてみようと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中