カーナビを Apple CarPlay 対応のモデルにしてみました

ホンダの車に乗っているのですが、この9月から発売になった CarPlay 対応のカーナビ「VXM-165VFi」に積み替えてみました。

Honda Car Play

ホンダ純正のカーナビなので、車のダッシュボードにぴったりはまります。iPhone との接続にはUSBを使うので、ジャックをつけるように指定する必要があります。USBはシガープラグ(今は充電ポートですね)の隣につきます。その横にはHDMIポートもつけてありましたが、対応していないのじゃないかな。

メインメニューから「Apple CarPlay」を選ぶと、iPhone を接続するように促されます。iPhone をつなぐと、上のようなHome画面が出てきます。

車のエンジンをいったん切って、次にエンジンをかけた時にも CarPlay 画面が出て、iPhone をつなぐように促されます。もう CarPlay 以外のことは忘れても良さそうです。

ミュージックを選ぶと、Apple Music の機能がそのまま使えます。iCloudミュージックライブラリや Apple Music のライブラリから曲やプレイリストを選んで再生できます。選曲は画面右下の Home ボタンを長押しして Siri 経由でもできます。

マップも、iPhone のマップの機能をそのままカーナビの画面に呼び出して使え、とても便利です。目的地の指示はカーナビでやってもできますし、Apple Watch で Siri を呼び出して指示することもできます。また、車を走らせていると曲がる位置をボイスで指示するだけでなく、Watch のタップ機能で教えてくれるのも便利です。

iPhone のOSは最新の9.1を使っていますが、バージョンアップの時にどういう対応になるのかは気になります。Car Play 側のアップデートは必要なのでしょうか。必要なら、どうやってアップデートするのでしょうね。Apple Watch のように、iPhone からアップデートするのかな。

昨日まで Car Play がなかったのが信じられないくらい、初日から馴染んで便利に使えます。一応カーナビなので、ナビ機能やCD再生、録音機能なども本体に備えてあるのですが、あまり使う必要はなさそうな。次の機種では、Apple Car Play 専用機を純正で用意してはしいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中