映画「ハンガーゲーム2」を観てきました

昨日から日本で公開になった、映画「ハンガーゲーム2」を観てきました。

前作の「ハンガーゲーム」の時にはまず字幕版を観て、それから吹き替え版を観ました。そのときの吹き替え版の印象が良かったので、今回は吹き替え版の方を観てきました。

吹き替えのキャストは前作と基本的に同じ人が担当しているので、声のイメージが統一されていてよかったです。配役もピッタリでいい感じですし、次は前後編の二作に分かれるという「ハンガーゲーム3」もこの路線で進めてほしいです。

前作がヒットしたためか、今回は特撮やCGなどの演出もかなり派手になっていました。ゲームがストーリーの大きな部分を占めていて、原作のエピソードをかなり忠実に再現しています。前作の「ハンガーゲーム」はキャラクターを追加したり、エリア11の抵抗のエピソードが加わったり、ストーリーがいくつか変えてありましたが、今回はそうではなかったです。原作者のスーザン・コリンズも加わっているそうですし、1作目はストーリーを少し変更したいところがあったのかもしれません。

欲を言えば、主人公のカットニスのダメっぷりをもうちょっと描き込んでも良かった気もしますけれど、心理描写や主人公の内心の独白の少ない映画だと難しかったかもしれませんね。

次は「3」ですけれど、原作で読んだあのストーリーをどう映像にするのか、公開されるのが今から楽しみです。
その前に、字幕版の「2」を観てこよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中