Led Zeppelin / オリジナルアルバムが Mastered for iTunes としてリリース

レッド・ツェッペリンのスタジオアルバム9作が “Mastered For iTunes” として再リリースされるというのを、amass さんの記事「レッド・ツェッペリン オリジナル・アルバム9作品の“Mastered For iTunes”配信がスタート」で読みました。

iPhone や iTunes で音楽を聴くのを前提にすれば、マスターテープ -> CD -> リッピングでiTunes と2回変換するより、マスターテープ -> iTunes と1回で済ませた方が音質の劣化も小さそうです。特に、CD-Audio はデータ訂正が十分でなく、デジタルデーターの劣化を伴います。CDを経ずに、オンライン配信してくれた方が(iTunesで聴くならば)音質が良くなるのは当然ですね。

さっそく、最も気になるアルバムの「Houses of the Holy」と「Presence」を買って聴いてみました。「The Song Remains The Same」の多重録音ギターも、「Achiles Last Stand」で残響の響きにこだわっているところも良く聞き取れます。SHM-CDからリッピングしたものと比べても、音の粒立ちが良くなっていると思いました。
結局、全部買っちゃいそうかな…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中