『iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏』 西田 宗千佳

Kindle で読みなおしてみました。2010年に出版された本なので、日本に Kindle が登場する前の時の話ということになります。

iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (ビジネスファミ通) [Kindle版]

タイトルに反して、 iPod とキンドルの対決を描いている本ではありません。むしろ、電子出版の失敗の歴史と、成功例である電子辞書、それから近い将来に成立するであろう電子出版市場形成に向けた状況の解説です。Kindle が登場して、電子書籍の普及が始まった今読むのに良い本と思いました。

電子ブックの形式はやはり ePub で決まりです。日本独自形式は消えてゆくものだと改めて思います。米国では、ソニーリーダーもそれなりなのかもしれませんが、日本ではソニーの影は薄いですね。

あと、この本で取り上げている電子書籍の成功例には、地図(カーナビGPS)が抜けていると思いました。尤も、iPhone とアンドロイドのおかげで、すっかり影が薄くなりましたけれど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中