2012年9月の読書メーター

2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1635ページ
ナイス数:14ナイス

nn

鉄腕バーディー EVOLUTION 13 (ビッグ コミックス)鉄腕バーディー EVOLUTION 13 (ビッグ コミックス)感想
コミックの感想もこちらに書くことにしました。ゆうきまさみ氏のライフワークとも思える「鉄腕バーディー」、とうとう完結しましたね。最後まで面白かったです。
読了日:9月29日 著者:ゆうき まさみ

nn

ハンガー・ゲーム2 下 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム2 下 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)感想
Kinoppy の電子書籍で読んでいます。劇的な展開で、ページを繰るのが楽しみなくらい、あっという間に読んでしまいました。これも「つづく」という終わり方なので、ハンガーゲーム3が早く読みたくなります。しかし、まだ「2」の翻訳が出版されたばかりですから、「3」の翻訳が出るのはだいぶ先なのでしょうね。英語版に挑戦してみるかな?
読了日:9月18日 著者:スーザン・コリンズ

nn

ハンガー・ゲーム2 上 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム2 上 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)感想
Kinoppy の電子書籍で読んでいます。本格的に政府に目を付けられ、また反乱の雰囲気もだんだん高まってきています。スター・ウォーズの35年前には「悪の帝国」は自分たちとは別世界のものでしたが、ハンガーゲームでは「悪の政府」はまさに自分たちの政府そのものです。この設定の小説が受け入れられるくらいに、米国の社会状況は悪化していると思うと、ゾッとします。
読了日:9月17日 著者:スーザン・コリンズ

nn

ハンガー・ゲーム(下) (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム(下) (文庫ダ・ヴィンチ)感想
Kinoppy の電子書籍で読んでいるので、iPhone を使って通勤時間に読みました。ハンガーゲームは3部作なのですね。というわけで、「続く」という感じの終わり方ではあります。最後の方で政府の悪意が前面に出てきますが、これがリアリティを持って読まれるのが米国なのですね。ちょうど続編の「2」もKinoppyに出たので、続けて読んでみます。
読了日:9月15日 著者:スーザン・コリンズ

nn

ハンガー・ゲーム(上) (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム(上) (文庫ダ・ヴィンチ)感想
電子書籍をKinoppy+iPadで読みました。ハンガー=飢え、というわけで、冒頭部分は食べ物に不自由する話がたくさん。米国では、食べ物に不自由したことのある人が2割もいるという話ですが、こんな飢餓の話がリアリティを持って読まれるような状況なのですね。中盤からは戦いの話になって一気に読めました。このまま、下巻も読みます。いまみたら、ハンガーゲーム2上下もKinoppyに載っていますね。一気に読みそうです。
読了日:9月12日 著者:スーザン・コリンズ

Gene Mapper感想
公式サイトから、横書きの ePub ファイルをダウンロードして、iPad の iBooks で読みました。Kindle 用の mobi ファイルもダウンロードして Kindle touch で開くことは確かめたのですが、結局 iPad で一気に読み切ってしまいました。 仮想現実が実用化され、遺伝子操作があたりまえになった社会を舞台に、いかにも現実にありそうな話が展開するSFです。とても面白いです。
読了日:9月3日 著者:藤井 太洋

読書メーター

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中