7月の鑑賞メーター

7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:11本
観た鑑賞時間:1049分

ダークナイト ライジング [DVD]ダークナイト ライジング [DVD]
3作目ですが、3作でストーリーとして完結しています。バットマンでは脇役のキャラクターも個性的ですが、ベインとキャット・ウーマンを選んだのもストーリーを見れば納得できます。JJエイブラムスの「スター・トレック」と同様に、これだけ大胆な脚本を書いても、もとのバットマンのテイストを失わずに、重みのある映画に仕上げているところは流石です。3時間の上映時間も、ずっと緊迫したシーンが続き、長さを全く感じさせません。

あと、ぽっちゃりと可愛い印象が強かったアン・ハサウェイですが、ずいぶん顔が細くなって美人になりま
鑑賞日:07月30日 監督:
トワノクオン 第六章 <最終巻> (初回限定生産) [Blu-ray]トワノクオン 第六章 <最終巻> (初回限定生産) [Blu-ray]
意外な真実が明らかになって、謎が解き明かされる最終巻。案外、呪縛に縛られていることってありがちで、その例えなのでしょうか。
鑑賞日:07月29日 監督:飯田馬之介
トワノクオン 第五章 (初回限定生産) [Blu-ray]トワノクオン 第五章 (初回限定生産) [Blu-ray]
一気にストーリーが展開。続けて最終話の6も見たくなります。
鑑賞日:07月29日 監督:飯田馬之介
鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星【通常版】 [DVD]鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星【通常版】 [DVD]
ハガレンの設定を上手くいかして作ったオリジナルストーリーですが、違和感無く上手くまとめてあって楽しめました。マスタング大佐の活躍も欲しかった気もしますけれど、役割の大きいキャラクターが他に目白押しだから、ちょっと無理かな。
鑑賞日:07月26日 監督:村田和也
おおかみこどもの雨と雪おおかみこどもの雨と雪
オオカミか人間か、というのを軸にして、子供のアイデンティティ探しと自立を上手くストーリーと絵にまとめています。子育てしている/終えた親だと涙腺が思いっきり緩みそう。
観る前に細田監督のインタビュー記事を読んだのもありますが、CGを使った表現は斬新です。
鑑賞日:07月22日 監督:細田守
ニュームーン/トワイライト・サーガ スタンダード・エディション [DVD]ニュームーン/トワイライト・サーガ スタンダード・エディション [DVD]
Hulu でみてみました。出だしは恋愛映画のようでしたが、中盤からは前作でも示唆されていた狼人族や吸血鬼が出てきて、ホラー映画っぽくなるかと思ったらやっぱり恋愛映画ですね。少女マンガっぽいノリで楽しめました。
鑑賞日:07月18日 監督:クリス・ワイツ
シャイニング 特別版 [DVD]シャイニング 特別版 [DVD]
「2001年:宇宙の旅」が印象に残っているスタンリー・キューブリック監督の恐怖映画、こわごわ初めて観てみました。1980年の映画ですが、いま見ても古さを感じさせないのは「2001年」と同じです。そんなに残虐なシーンが出てくるわけではないのですが、やはりコワさの演出は流石です。シーンの構成の組み方やトーンが、妙に「2001年」に似ているのも興味深いです。「2001年」も見方によってはかなり不気味な映画ですよね。
鑑賞日:07月14日 監督:スタンリー・キューブリック
エイリアン [DVD]エイリアン [DVD]
リドリー・スコット監督による前日談の映画「プロメテウス」の公開も近づいてきたので観てみました。テレビなどで断片的に観たことはあったのですが、通してみたのは初めて。1979年の映画とあって、セットや特撮はちょっと古さを感じさせるところもありますが、コワさの演出は流石です。プロメテウスとはどうつながるのか楽しみです。
鑑賞日:07月14日 監督:リドリー・スコット
黒い家 [DVD]黒い家 [DVD]
最初は、依頼者に苦労する保険会社の話が続いてギャグかと思うくらいだったのですが、中盤から話がどんどん異様になってきます。大竹しのぶさんの演技はスゴいですね。登場した最初から、表情が普通ではありません。後半も淡々とあのまま表情を変えずにいたらもっとコワかったかも。
鑑賞日:07月11日 監督:森田芳光
仄暗い水の底から [DVD]仄暗い水の底から [DVD]
以前に短編の原作を読んで怖さにブルっていました(コワいのに弱い)が、この作品について話したのをきっかけにして Hulu で観てみました。短編の設定を使って作ったオリジナルストーリーですが、やはり怖かったです。でも、単に怖いだけでなくて、この怖さが無いと最後の感動もやってこないですね。あとにハリウッドで「ブラックウォーター」としてリメイクされたのも納得の良いストーリー。「ブラックウォーター」の方も観てみたくなりました。
鑑賞日:07月08日 監督:中田秀夫
リアル・スティール DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]リアル・スティール DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
iTunes Store のを Apple TV で観ました。あくまでヒュー・ジャックマン演じるチャーリー・ケントンが主人公ですね。ロッキーをロボットで焼き直した現代版かな。トレーナーがロボット格闘マニアの息子、というところでひとヒネリ。たぶんCGで動かしているのでしょうけれど、ロボットの動きや映像は迫力がありますし、ストーリーも楽しめました。日本語もあちこちに出てきますね。
鑑賞日:07月01日 監督:ショーン・レヴィ
鑑賞メーター

7月の鑑賞メーター” への3件のフィードバック

  1. 怖い映画も見るんですね。シャイニング、エイリアン、黒い家、仄暗い水の底からを見ています。黒い家はある意味異様でで、奇抜でさえありました(;´Д`A 韓国版の方が原作の雰囲気に近いです。
    評判が良いダークナイトをまだ見ていないので、早く見なくちゃとは思っています。プロメテウスは今夜にでも見に行くつもりです(酔っ払ってなければ…)。

    いいね

  2. 友達に教えてもらって観たのですが、怖い映画はやはり怖かったです ^ ^ ;;

    でも、「仄暗い水の底から」は、怖さを経た上でないとわからない感動がありますね。黒い家は、大竹しのぶさんの怪演が印象に残りました。むしろ、小説の方が面白かったかな。この作品に刺激を受けて、同じ作者の「悪の教典」も読みましたよ。

    プロメテウスは24日から公開ですね。ネタバレにならないように、まだ中身には触れないことにしますが、大きいスクリーンか IMAX でもう一度観たいですよ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中