SONYのイヤホン MDR-EX700SL を使ってみました

小寺信良の週刊「Electric Zooma!」で紹介されて高い評価を受けていた、ソニーのMDR-EX700SLを使ってみました。

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX700SL

入手して1ヶ月くらいになりますが、最初は詰まり気味に感じた高音域も伸びてきて、なかなか良い音だと思うようになりました。前には同じソニーのMDR-EX90SL を使っていました。中高音域はハリのある音なのですが、低音域の量感に欠けていました。iPod で Bass Boost にすると、ユニットが耐えきれないのか低音の音が歪みっぽくなるのがちょっと不満でした。あと、結構音漏れするので、電車で聴くにはちょっと気になります。

MDR-EX700SLは、大型ユニットを搭載して低音域を充実させているということなので期待して聴いたのですが、その期待を裏切らない音が出ます。低音域が充実したおかげか、中高音域もより良い音になった気がします。音楽もいい音で聞こえるようになったのですが、サインドエフェクトのベルの音(ピンクフロイドの「Time」や、クラフトワークの「The Telephone Call」)がリアルに聞こえるのに驚きました。音が外に漏れることも無くなったので、電車内で大音量で聴いても大丈夫です(^^; 音楽を聴く時間が一番長いのは通勤電車内のような気もするので、意外と重要なポイントかも知れません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中